2016/9/13 0:00

小中高生の側弯症方、部活などで忙しいと言って指導をした側弯症体操の回数が少ない方がいます。施術だけでは足りないので体操で補助しなくてはいけないので頑張っていきましょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/09/13