背中の痛みとストレス

背中の痛みとストレス

■ストレス・筋肉疲労・筋肉痛による痛み■

急な背中の痛みが出る原因として、筋肉痛、骨折、むち打ち、寝違えや内臓疾患によるものがあげられます。

筋肉の疲労に伴う症状は、疲労の程度によって痛みの幅は違います。基本的には疲労した背中の筋肉に力を入れると痛いことが多いです。痛みが出ないようにするには、筋肉を疲労させて痛みを引き起こす原因の動作を減らす。休息をとる。筋肉をリラックスさせる。背中への負担が少ない動作の仕方を理解する。等があると思います。また、痛みが長続きしている場合は、痛みがある時に姿勢やバランスが崩れてしまっている可能性があるので全身を整えて行く必要があると考えられます。

■歪みよる背中の痛み■

姿勢の悪さや側弯症のような病気によって背骨が大きく曲がり、部分的なズレや変形によっても痛みが起きます。こうした場合は病院の施術だけで完治させるのが難しい場合が多く、歪みを発生させる根本的な原因を取り除くか、生活習慣の改善や全身の筋肉を整えていくことが必要になります。

■骨折による背中の痛み■

骨粗しょう症の方に多い圧迫骨折でも強い背中の痛みがでます。圧迫骨折は尻もちをついたりすることで起こることが多いです。骨粗しょう症が進んでいる方は尻もちをつかなくても、ドスンと椅子に座るだけでも起こってしまうことがあります。

また、肋骨が骨折したりひびが入ったりする事で、患部の他に背中へ痛みがでる事もあります。

■寝違えよる背中の痛み■

背中以外に首周辺の痛みを感じる場合は、寝違えの可能性があります。寝違えは寝ているときに寝返りをうち、首や肩が無理な体勢で長時間たってしまうと、特定の筋肉に長時間負担がかかり、筋肉痛のような状態が起こってしまうことにあります。寝違いは首や肩の筋肉疲労や炎症おこしたものなので、筋肉痛や捻挫と同じような施術法が取られます。

■背中の痛みに効く運動法■

背中の痛みの解消や予防に役立つ運動として。腹筋、背筋、肩の筋肉を鍛えるための筋力トレーニング法、背中の筋肉を伸ばし柔軟性を高めるためのストレッチ法、骨の歪みを矯正する運動などがあります。体に痛みを感じるほど強めに行うのは逆効果なので、不快な痛みを感じず、心地良いと感じる範囲で行なってください。

■内臓疾患などからくる関連痛による背中の痛み■

背中の筋肉や骨が正常であっても背中に痛みを感じることがあります。これらの痛みの原因は、内臓の疲れや病気によるもが考えられます。このような痛みは、「関連痛」や「放散痛」と呼ばれます。痛みの元となる病気の種類も幅広く、軽度のものから命に関わるような重篤なものまで様々です。
関連痛や放散痛とは、背骨から内臓に向けて神経がでており、内臓から来ているその痛みの信号を、神経が集まってくる背骨周りからの信号であると脳が勘違いして痛みがでていると考えられています。
いくつ背中に痛みの出る疾患を紹介したいと思います。

〇脊柱管狭窄症
神経の通り道である背骨の脊柱管が狭くなり、神経を圧迫するために起こります。安静時には症状が軽い場合が多いのですが、歩き続けると下肢のしびれや腰、背中に痛みが生じて動けなくなることもあります。休憩をとると症状が緩和し、また歩き出してしばらくすると、痛みが生じてくると言う状態を繰り返すのが特徴的です。

〇急性腎盂腎炎
腎盂(じんう)や腎臓の組織が、細菌に感染して起こります。尿の白血球が増えるために尿のにごりが生じる他、悪寒をともなう高熱、血尿、背中から腰にかけての痛みや吐き気、嘔吐などがあらわれます。さらに、排尿時の痛みや排尿の回数が増えることもあります。女性に多く、妊娠中に多いのも特徴です。

〇帯状疱疹(帯状ヘルペス)
帯状疱疹は、体の中に潜伏していた水疱瘡のウイルスが、ストレスなどにより免疫が落ちてきた時に再び活性化して起こります。ウイルスは神経にそって増殖するので症状は神経に沿って現れます。症状としてかゆみや痛みをともなう小さな水ぶくれが現れます。水ぶくれはお腹や背中、顔にできることもあります。放置してしまうと背中、胸、顔などに神経痛が残ることがありますので注意しましょう。

〇腎臓結石・尿管結石
シュウ酸や尿酸などの塩類が結晶化して石のように固まり、腎臓や尿管に留まる疾患です。腎臓結石では背中、わき腹や下腹部に鈍痛があらわれます。尿管結石では冷や汗や吐き気をともなうほどの激しい痛みが、背中や腹部にあらわれます。その他、血尿や尿のにごり、残尿感などを引き起こします。
〇狭心症・心筋梗塞

狭心症は、心臓の筋肉に血液を送り込む血管が動脈硬化によって狭くなり、血流が不足して心臓が一時的に酸素欠乏状態に陥る疾患です。呼吸困難、動悸といった発作が起こります。また、血管に血の塊が詰まって血管が完全に閉塞し、血流が途絶える心筋梗塞でも、不整脈による動悸や息切れが起こることが多くあります。どちらの疾患も、胸に痛みが起こり、左肩や背中にまで痛みが広がることもあります。胸には痛みが無く左肩や背中だけに痛みが出ることもあります。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22