バレエ

 

バレエスポーツ障害

■バレエは、優雅で素敵です。■

バレエを踊ることにあこがれてしまいます。

優雅な素敵なイメージのあるバレエですから、多くの人が憧れていて、自分でもやってみたいと思うようです。
日本人でも、引退してしまいましたが草刈民代さんや吉田都さんが世界的にも大活躍をしていましたし、男性でも続々と有名なバレエダンサーが登場をしています。
男性だったら1番有名なのは熊川哲也さんですが、そのほかのバレエダンサーも活躍をしています。

女性だけではなくて男性でもバレエを楽しむ方が増えています。
あなたも「バレエをやってみたいな!」と思うかもしれませんし、もしかしたらもうすでにやっているかもしれません。

■バレエはハードです。■

バレエは見ていたら、優雅で素敵で自分でもやってみたくなってしまうものですが、実際に自分がやったら、見た目のイメージとは大きく異なっています。

バレエは自分がやったら分かるものですが、ハードなものです。そのため、バレエで故障がでることがあります。

バレエをやったことから、体に負担がかかって出た故障は「バレエ障害」と呼ばれています。

そのほとんど足首や足、股関節など、下肢に起こるといわれています。

ときに足先はジャンプの衝撃で疲労骨折がおこります。また膝は、バレエを踊っている時には、今まで以上に体重がかかる部分です。両方の膝をバレエ障害で痛めてしまう方はよくいます。

バレエから股関節痛になってしまう方もたくさんいますが、それは、開脚などで、股関節にかなりの負担をかけるからです。

■背中や腰も痛みが!■

さらには、バレエではそのほかの部分を痛めてしまう方もいますが、それは背中や腰です。
背中や腰はバレエではなくても、どんなスポーツをしていても1番大きく負担がかかる部分です。

バレエでももちろん、背中や腰には今まではかかったこともない大きな圧力がかかる部分です。そのせいで、バレエをやったことから腰や背中を痛めてしまう方はたくさんいます。

■いつでも…。けがとの戦いです。■

実際に、バレリーナは年中、自分のけがとの戦いです。プロのバレリーナも当然のように、バレエ障害と戦っています。逆にバレエ障害がなくて、体のどこにも痛みや異常がない人はいない!といわれています。

有名なバレリーナの草刈民代さんも言っていましたが、
「バレリーナはみんな、年中けがやバレエ障害の痛みと戦っていますから、私はバレエを始めてから、体に痛みがなかったことは1日もないのです。」
という話です。

■無痛整体でからだのバランスを!■

からだに過度な負担のかかるバレエですが、それを緩和する方法があります。

それはサクシタ療法院の無痛整体でからだの歪みを整え、全身のバランスをとることです。

さらに痛みのある部分を調整します。ぜひバレエ障害でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/27