野球肩・野球肘

スポーツ障害

■野球肩・野球肘■

スポーツ障害の野球肩・野球肘には気をつけて

みんな大好き!野球

「スポーツは、体にもいい!」
ということから、多くの方がスポーツを楽しんでいます。
特に、日本人男性には人気になっているのは野球です。
野球は見るのも好きな方がたくさんいますが、実際に自分でもプレーする方も少なくないです。
お子様から、中高生、大学生、社会人まで様々な人が野球をやっています。
プロを目指さなくても、「草野球」という言葉があるくらいに、みんなの楽しみになっています。

また、最近では高齢化社会になっています。
若い方だけではなくて、高齢者の方も野球を楽しむ方が増えているのです。
サッカーやテニスやジョギングなども人気のスポーツです。
けれども、サッカーやテニスやジョギング以上に、日本人男性では野球が好きな方がたくさんいます。

野球は、体には大きな負担が…

野球をすることは、あなたの体には大きな負担がかかってしまうものです。
野球をした方が、体にトラブルがおこってしまうことはよくあります。
これは、「スポーツ障害」といわれているものです。
どんなスポーツをしていても、いい面ばかりではありません。
スポーツをしたら、身体には負担がかかってしまうこともよく出てくるのです
野球をやっていても、スポーツ障害がおこってきます。
それが、「野球肩や野球肘」です。

有名プロ野球選手も野球肩・野球肘に!

有名なプロ野球選手でも、スポーツ障害の野球肩・野球肘にかかってしまい、選手生命が断たれてしまった選手は無数にいます。
あなたが好きだった名プロ野球選手も、野球肩・野球肘で引退したかもしれません。
野球肩・野球肘のスポーツ障害は、簡単な症状ではないのです。
有名なプロ野球選手でも引退してしまうくらいに、恐ろしいものになっています。
もちろん、プロ野球選手ではなくて、一般人が野球を楽しむ時にも、野球肩・野球肘はよくおこる症状です。

■スポーツ障害の野球肩・野球肘になってしまったら…■

野球肩・野球肘は、肩や肘が痛くてたまらない!

スポーツ障害の野球肩・野球肘になったら、まずは肩や肘が痛くてたまりません。
自分が野球をしていて、もしも肩や肘に痛みを感じたら、すぐに中止をすることが大事です。
ほとんどの方が肩や肘に痛みを感じていても、そのままに続行してしまうでしょう。
それだったら、余計に、スポーツ障害の野球肩・野球肘の痛みがひどくなっていきます。

野球をしていて、少しでも「痛いな。」とか「おかしいな。」と違和感があった時には、プレーはやめなくてはならないのです。
やがては、本格的なスポーツ障害の野球肩・野球肘にかかってしまいます。
「痛いな!」とか違和感があった時には、スポーツ障害の野球肩・野球肘にかかる一歩手前まできている危険な状況です。

野球肩・野球肘は根性論では治らない

日本人はスポーツをするときには、どうしても、
「気合い!」
「根性!」
とか、精神論を持ち出したくなるのです。
自分の肩や肘が痛くても、
「我慢しろ!」
と、言いがちです。
これは、スポーツ障害の野球肩・野球肘を考えた時には、非常に危険なことです。
だから、気をつけなくてはならないでしょう。

お子様のスポーツ障害の野球肩・野球肘にも気をつけましょう

スポーツ障害の野球肩・野球肘で問題になってしまうのは、お子様の肩や肘の状態です。
子供の時から、野球をやっている子はたくさんいます。
幼かったら、5,6歳から野球を始めます。
お子様の体はまだ筋肉も骨も腱も成長段階ですから、お子様の体の筋肉も骨も腱も弱いのです。
それなのに、ハードな野球を続けていたら、大人以上にスポーツ障害の野球肩・野球肘になってしまう危険性は高くなってしまいます。
お子様がスポーツ障害の野球肩・野球肘にはならないように、親や先生や指導者などの周りの大人は注意をしなかったらいけないですね。

小さなお子様がスポーツ障害の野球肩・野球肘になったら、大人以上に体には深刻なダメージがかかってきます。
ひどい子になったら、手や肩や肘が動かなくなることもあります。
また、骨が変形してしまう子もいます。
その他にも、筋肉がずっと痛かったり、物がつかめなくなるのです。

スポーツ障害の野球肩・野球肘からは、日常生活にも悪影響が大きく広がっていきます。

■スポーツ障害の野球肩・野球肘では、どんな注意をしたらいいのでしょう?■

野球肩・野球肘は予防が大事!

スポーツ障害の野球肩・野球肘を考えた時には、どのような意識を持つことが重要なのでしょうか?
それは、スポーツ障害の野球肩・野球肘にかかってしまってから、あわてるのではなくて、スポーツ障害の野球肩・野球肘にかかる前から、自分がかからないように予防や注意を考えていくことです。

スポーツ障害の野球肩・野球肘に1度かかったら、できる施術方法や改善策は多くはないです。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22