便秘

 

便秘

■便秘■

便秘を軽く考えないで!

日本人でも多くの方が抱えているのは、便秘のお悩みです。
自分が便秘なのに、そのことが大変なことという認識が少ない方が目立ちます。
便秘をしていても、特に重大とは感じないのです。
だから、ひどい便秘をそのままに放置しています。
便秘はあなたの健康面でもまた美容面でも、様々な悪影響が体にはあるものです。
「便秘だったら身体にはよくないから、しっかりと便秘解消をしなくてはならない!」
という考え方を持ちましょう。

■便秘をしていたら、健康にも美容にも悪影響が!■

では、あなたが便秘になっていたら、どんな悪影響があるのでしょうか?
健康面で1番大きな悪影響は、腸の病気にかかりやすくなることです。
腸の病気にかかった方の大半は、便秘や下痢などの便の異常が起こっています。
あなたが便秘をしていたら、もしかしたら腸の病気にかかってしまうことも考えられます。

■便秘をしていたら、大腸がんに!■

便秘になっていてかかってしまう方が多い腸の病気は、1番重症なものだったら大腸がんです。
他の胃ガンや肺ガンにかかってしまう方は年々少なくなっている傾向なのに、大腸がんにかかってしまう方は年々多くなっています。
以前だったら、大腸がんにかかってしまうのは男性が多かったのですが、今は男性と同じように、女性も大腸がんにかかる方が急激に増えています。

■便秘解消には、食生活には気をつけましょう■

お肉を食べていたら、便秘の元です。

便秘から大腸がんにかかってしまう方が多くなっている大きな原因では、食生活の変化が考えられます。
以前は、日本人は和食を食べていました。
今は和食を食べないで、欧米化された肉食に変化しています。
お肉を毎日食べる食生活になったら、腸には消化・分解・吸収していく過程で大きな負担がかかってしまいます。
日本人の腸は昔から、ご飯やお魚や野菜などを消化・分解・吸収してきました。
だから、ほかの民族に比べても、お肉を消化分解していくのには腸が適していないと考えられています。
日本人が毎日お肉を食べていたら、腸が働きすぎてしまうのです。
そして、腸内で異常なガスや物質が発生してきます。

その悪影響から、便秘になってしまうという体のメカニズムです

あなたは、毎日お肉を食べていませんか?
おいしいから好きなようにお肉をたくさん食べすぎて、便秘になってしまうかもしれません。

あまり偏った肉食にならないようにして、野菜などの繊維質を多くとり、また和食などの腸に大きな負担がかからない食事に切り替えたらいいですね。

■たっぷりの水分補給で、便秘をなくしましょう■

便秘の効果的な解消法は、水分補給

「便秘をしたくないから、何かいい解消方法はないのですか?」
と思った時には、どうしたらいいのでしょうか?
便秘解消を真剣に考えた時には、有効な方法になるのは水分を十分に補給することです。
毎日、十分な水分補給をしていますか?
ほとんどの方が、水分が足らない状況になっています。
摂取する水分が足らなかったら、腸が水分不足から干からびた状態になってしまうのです。
そうなったら、腸の動きが悪くなりますから、便秘がおこりやすいです。

■「サクシタ療法院」でからだのバランスを!■

サクシタ療法院の無痛整体は、筋肉のバランスを調整することで、からだ全体のゆがみを整えます。これにより骨盤内臓である大腸が整い、自律神経の働きや血流が良くなります。その結果として便秘性が良い方向に変化することが期待できます。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/21