便秘

便秘

■便秘■

・みんな、便秘のお悩みを抱えています。

・便秘を軽く考えないで!

日本人でも多くの方が抱えているのは、便秘のお悩みです。
自分が便秘なのに、そのことが大変なことという認識が少ない方が目立ちます。
便秘をしていても、特に重大とは感じないのです。
だから、ひどい便秘をそのままに放置しています。
便秘はあなたの健康面でもまた美容面でも、様々な悪影響が体にはあるものです。
「便秘だったら身体にはよくないから、しっかりと便秘解消をしなくてはならない!」
という考え方を持ちましょう。

■便秘をしていたら、健康にも美容にも悪影響が!■

では、あなたが便秘になっていたら、どんな悪影響があるのでしょうか?
健康面で1番大きな悪影響は、腸の病気にかかりやすくなることです。
腸の病気にかかった方の大半は、便秘や下痢などの便の異常が起こっています。
あなたが便秘をしていたら、もしかしたら腸の病気にかかってしまうことも考えられます。

■便秘をしていたら、大腸がんに!■

便秘になっていてかかってしまう方が多い腸の病気は、1番重症なものだったら大腸がんです。
他の胃ガンや肺ガンにかかってしまう方は年々少なくなっている傾向なのに、大腸がんにかかってしまう方は年々多くなっています。
以前だったら、大腸がんにかかってしまうのは男性が多かったのですが、今は男性と同じように、女性も大腸がんにかかる方が急激に増えています。
このままだったら、やがてはがん患者さんの中でも、最も多くの方がかかってしまうのが大腸がんではないかと専門家も警告を発しています。
あなたも便秘や下痢から、恐ろしい大腸ガンにかかってしまう危険性が大きくなっているのです。

■便秘解消には、食生活には気をつけましょう■

お肉を食べていたら、便秘の元です。

便秘から大腸がんにかかってしまう方が多くなっている大きな原因では、食生活の変化が考えられます。
以前は、日本人は和食を食べていました。
今は和食を食べないで、欧米化された肉食に変化しています。
お肉を毎日食べる食生活になったら、腸には消化・分解・吸収していく過程で大きな負担がかかってしまいます。
日本人の腸は昔から、ご飯やお魚や野菜などを消化・分解・吸収してきました。
だから、ほかの民族に比べても、お肉を消化分解していくのには腸が適していないと考えられています。
日本人が毎日お肉を食べていたら、腸が働きすぎてしまうのです。
そして、腸内で異常なガスや物質が発生してきます。

その悪影響から、便秘になってしまうという体のメカニズムです

あなたは、毎日お肉を食べていませんか?
おいしいから好きなようにお肉をたくさん食べていたら、腸に大きな負担がかかってしまうから、便秘になってしまうかもしれません。
便秘をしたことからさらに進んで、やがては大腸がんやそのほかの腸の大きな病気につながってしまう危険性が高いのです。
あまり偏った肉食にならないようにして、和食などの腸に大きな負担がかからない食事に切り替えたらいいですね

食べ過ぎも便秘には要注意!

毎日お肉を食べていたら、便秘になって大腸がんなどにつながってしまうのですが、その他にもさまざまな便秘になってしまう生活習慣があるのです。
それは、食べ過ぎです。
みんなが好きなように、たくさんの食べ物を食べています。
しかしながら、あまりにもたくさんの食べ物が腸の中に入ってきたら、腸が正常な働きができなくなってしまいます。

腸が便秘や下痢をしない正常な動きをするときには、休息時間も必要となります。
それなのに、食べ過ぎていたら、年中腸はフル活動をしなくてはならないから、休息時間が取れなくなってしまうでしょう。
それが、大きな便秘の原因へとつながってしまいます。
「便秘をしたくないな!」
と思うときには、常に食べ過ぎないようにしなくてはいけないです。
いつも「腹八分目」にして、腸が休憩できる時間を作って、便秘をしない腸内環境を作っていきましょう!

■たっぷりの水分補給で、便秘をなくしましょう■

便秘の効果的な解消法は、水分補給

「便秘をしたくないから、何かいい解消方法はないのですか?」
と思った時には、どうしたらいいのでしょうか?
便秘解消を真剣に考えた時には、有効な方法になるのは水分を十分に補給することです。
毎日、十分な水分補給をしていますか?
ほとんどの方が、水分が足らない状況になっています。
摂取する水分が足らなかったら、腸が水分不足から干からびた状態になってしまうのです。
そうなったら、腸の動きが悪くなりますから、便秘がおこりやすいです。

1日に、2リットルから3リットルの水分補給を!

「健康のためにも美容のためにも便秘をしたくなくて、毎日快適な便をしたい!」
と思う時には、1日に2リットルから3リットルの水分を補給する習慣が重要なポイントになっていきます。
1年中、のどの渇きにくい冬場でも、腸の健康を守っていくために、1日に2リットルから3リットルの水分を補給してくださいね。
「のどが渇いた!」
と感じた時には、体の中では水分不足がどんどん進行した状態です。
のどが渇いたと感じた時に、あわてて水分を補給しても遅いのです。
のどが渇かなくても意識して、水分を補給していくことをおすすめします。

1年中水分補給ができていたら、あなたの体にも腸にも十分な水分が満ちていきます。

そうなったら、水分不足から、腸の動きが悪くなったり干からびてしまう心配も少なくなります。
体や腸の中に水分が足りてきたら、便秘をして体の調子が悪化する危険もなくせるでしょう。
このように、「たかが便秘」と簡単に考えてしまいがちですが、身体のためを考えて、しっかりとした便秘解消対策をすすめていくことが肝心となります。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22