冷房病

冷房病

■冷房病に気をつけたいですね。■

冷房病にかかっていませんか?

最近は、夏になったらどこに行っても寒い!と感じるほどに、強くキンキンに冷房がかかっていますから、冷房病にかかってしまう方がいて、日本人の3割以上の方が夏になったら冷房病になってしまうという研究データーもあるのです。
特に、体が小さな女性は冷房にかかってしまう方が多いですし、女性以外にもお子様や高齢者、病人さん…などの体が健康ではなかったり、幼い方が冷房病になります。
もちろん、男性でも冷房病はありますが、他の国では、「冷房病」という病気や症状は少ないから、日本人独特のものかもしれません。

本当なら、節電なども考えて、冷房は高い温度設定にしたらいいのでしょうが、やはり、過剰なサービスになっていて設定温度が低すぎるのです。
28度以下になったら、冷房病にかかってしまう方が急激に増えていきますから危険です。

■デスクワークは、冷房病にかかりやすいです。■

体を動かしていたり、1か所にいなかったら冷房病にはなりにくいのですが、オフィッスや学校などで1日中冷房がきつくかかった部屋で、動かないで仕事や勉強をしていたら冷房病にかかりやすくなります。

事務職で1日中デスクワークだと、冷房病になる危険度が高まりますから、余計に事務職がたくさんいる女性が男性以上に冷房病にかかってしまう方がいます。
事務職では他の職種以上に冷房病に悩む方も増えていますし、今はまだ冷房病にはかかっていなくても、これから、冷房病になってしまうこともあるでしょう。

■冷房病には、どんな症状があるのですか?■

では、冷房病にかかったら、どんな症状になってしまうのでしょうか?
冷房病は、体中の様々な不快な症状になってしまうのです。
不眠症、肩こり、頭痛、むくみ、冷え、腰痛、吐き気、腹痛、下痢、便秘、食欲不振、頻尿などの体の症状を訴えます。
女性だったら生理痛や生理不順などになる方もいますし、さらに冷房病がひどくなったら、発熱やだるさ倦怠感などになってしまうこともおこります。

冷房病は肉体的な症状だけではなくて、精神的な症状にもなってきます。

例えば、イライラ、不安感、落ち着かない、あせりなどの不安愁訴に冷房病からなってしまうことも分かっていますから、人間の体だけではなくて心にも悪影響が大きなものが冷房病です。

■どうして、冷房病になってしまうのですか?■

人間の体にも心にも悪影響が大きくある冷房病には、どうしてなってしまうのでしょうか?
冷房の冷気の中に長時間いたら体が冷えてきますが、体が冷えてしまうことはすべての悪の根源で、「体の冷えは、万病の元」なのです。
体の冷えの症状から、各部分の異常や病気や不快な症状になってしまうのです。

体が冷えたら、血液が流れにくくなります。
体の健康や美容を維持していくためには、体中に血液が流れて行かなくてはならないのに、体が冷えていたら血液が滞ってしまい血液が正常に流れなくなってきます。
血行が悪化したことから、各種の病気や異常になってしまうのです。

また、冷房病で冷房にさらされていたら、自律神経の働きもどんどん悪化してきます。
自律神経はあなたの体や心の健康を司っているものですから、自律神経の働きが悪くなったら、体にも心にも悪影響が広がっていき、病気になってしまうので、冷房病で体が冷えたら、様々な面からあなたの体には悪影響でよくありません。

■冷房病には、かかりたくありません!■

冷房病に、かかってしまったら…。

冷房病になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
今はまだなっていなくても、これから冷房病になってしまいそうな方はどんなふうにして予防をしたらいいのでしょうか?

本当なら、強く冷房がかかっている場所にいないことが1番効果が高い冷房病の改善策ですが、仕事や学校で冷房がかかっていたら、そこから逃げ出せないこともあるでしょう。
また、デパートや鉄道や各種の施設でもきつく冷房がかかっていますから、あなたが日本で生活をしていたら冷房から逃げられないです。

■冷房病にならないように、自分でも予防をしましょう!■

冷房病にはならないように、自分で自分の身は守っていかなくてはならないでしょう。
例えば、カーディガンやストールのように、少しでも冷房がきついな!とか寒いな!と思った時には、着ることができるものを持ち歩くと安心ですし、下着を工夫するのもいい方法です。
下着を厚いものにしたら、他の人からは見えないのに、あなたの冷房対策をできますから、気になるおしゃれにも響かないでしょう。

短パンやミニスカートやノースリーブの薄着の服装は、体の冷えにつながってしまうので、長いものや袖のあるものを着ましょう。
ワキや太モモや脚を隠すだけでも、体の保温効果は高められますし、ストッキングやタイツや靴下やサポーターなどを身に着けて、自分の体が冷房病で冷えないように、ケアーをやっていくことも大事です。

■冷房病対策にも限界があります。■

整体施術に行ってみませんか?

しかしながら、このように自分でも冷房病対策をやっていても、冷房をなくすことはできません。
学校や会社に行かないこともできないので、
「夏になったら、冷房病になってしまうので憂鬱です。」
という方はたくさんいます。

そんなお悩みがあった時には、どうしたらいいのでしょうか?
冷房病のお悩みがあった時には、身近にできるいい方法があるのでやってみませんか?
冷房病対策に悩んだ方にやっていただきたいのは、整体に行くことです。
「整体?」
今までは、考えたことがなかったかもしれませんけれども、あなたが整体に行ったら、冷房病対策を始められます。

■整体では、自律神経の働きを高めてくれる効果が!■

整体では、人間の体のコンディション、特に自律神経の働きを高めてくれる効果があるのです。
冷房病になったら、自律神経の働きが乱れてきますから、整体施術に行って、乱れた自律神経を元のように正したらいいでしょう。
そうしたら、あなたのお悩みの冷房病の改善もできますから、体が楽になっていくのです。

さらには、整体に行って体中のマッサージをやってもらったら、体がポカポカと温かくなって、冷房で体が冷えてしまって、血液の流れが悪化してしまった方も、整体で体のマッサージをやったら改善効果が得られます。
整体を受けた後には、体がポカポカ温まってきて、つらさも軽減して体も心も軽くなったのを感じられます。

整体施術を受けたらいいのは体に効果が高いだけではなくて、心のリラックス効果も高いことですから、ただ単に体の不快な症状がよくなるだけではなくて、心もリラックスしながら、整体施術を受けることができ、快適な整体施術の効果が得られます。

■「サクシタ療法院」に行ってみましょう!■

でも…。
自分が今まで整体施術をうけたことがなかったら、どこのお店に行ったらいいのですか?
と悩んでしまうこともあるでしょう。
どこの整体施術に行ったらいいのか悩んだ時には、「サクシタ療法院」に行くことをおすすめします。
「サクシタ療法院」は今まででも、冷房病やそのほかの体の症状に悩む方の施術をやってきたので、あなたが冷房病に悩んだ時にも、効果がある整体施術をやってくれるでしょう。 /p>

「サクシタ療法院」に行くと、冷房病の不快な症状もよくなっていきますし、さらには、身体中の気になる症状の改善効果も高められます。
「サクシタ療法院」では優しい先生やスタッフが、冷房病改善を願った時には役に立つ整体施術をやってくれます。

「冷房病がつらい…。」
と1人で悩んでいないで、さっそく「サクシタ療法院」に行って、整体施術をうけて、体の気になる症状の改善をやっていきましょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22