魚の目

魚の目の痛み

■足の健康を気にしていますか?■

足の健康は大事です!

足に異常があったら、元気に歩くことができないのですから、あなたの体の健康を考えたら最悪の状況になってしまいます。
高齢化社会を考えても、
「いくつになっても自分の足で元気に歩いて生きていく!ということは非常に重要なことです。」
と、医者も言っています。
「いくつになっても元気でいたいな!」

と思う時には、足の健康を考えて自分の足で元気に歩いていくことをやっていきましょう。

■足の異常の1つは魚の目です。■

足は歩くとき、立つとき、走るとき、必ず使う部分ですから、様々な異常がおこりやすい部分で、その中の1つには魚の目が考えられます。
魚の目は足の裏の皮膚が固く角質化してきて、奥の皮膚の中までどんどん浸透してしまう症状です。
魚の目のような硬い部分ができてしまうので、「魚の目」と言われていますが、医学的には魚の目ではなくて、別名の「鶏眼」と言われています。

魚の目になったら、症状が軽症だったら気がつかないものですが、その理由は、足の裏を毎日チェックしている方は少ないから、自分が魚の目になっていることには気がつきにくいのです。

軽症で魚の目を発見できる患者さんは少なくて、多くの方が重症になってから魚の目には気がつきます。

■魚の目は、早期発見が大事!■

魚の目でも他の病気でも皮膚症状でも、軽症の段階で早期に発見早期に施術をできたら、施術方法もたくさんありますし、重症にはならないでしょう。
魚の目も重症になったら、いい施術法ができなくなってしまうので、症状も一段とひどくなっていきます。
魚の目が重症になったら、角質化して硬くなった層が皮膚の奥にまで入り込んでしまいますから、魚の目の大きさも大きくなって深さも深くなります。
痛みも大きくなって、足が腫れたり、むくんだり、ひどくなったら出血してしまうこともあるのです。

「長い期間、魚の目ができていることには気がつかないで、足が痛くなったり異常がでてきてから、足を詳しく見たら魚の目になっていた!」
という患者さんも少なくありません。

あなたも魚の目は早期発見・早期施術をできるように、痛みがでてから困るのではなくて、早めに魚の目のできるケアーをやっていくことが肝心です。

■どうして、魚の目になってしまうのでしょうか?■

同じ部分に、同じ刺激がかかったら魚の目に!

では、どうして魚の目になってしまうのでしょうか?
魚の目は短い期間でできるのではなくて、何か月も何年間もの経過を経てできてしまうのです。
魚の目になってしまう原因は1人1人患者さんによって違っていますし、体質から角質層ができやすい方もいますし、1番よく考えられる魚の目の原因は、足の同じ部分に長時間同じ強い刺激がかかったことから、魚の目になってしまうことです。

人間の皮膚は同じ部分に長時間、同じ刺激や圧力がかかった時には異常をおこしやすいのです。

例えば、手にできるペンだこなども同じ仕組みで、足の魚の目も同じ足の部分に長い時間決まった刺激がかかった時にはできてきます。

■足に合った靴選びが大事です。■

靴やサンダルやブーツなどを履いていて、足に合わない履き物だったら、魚の目になってきます。
女性は履き物を機能性ではなくて、見た目のかわいさで選ぶ傾向が大きいので、魚の目になってしまう危険が高くなります
かわいい靴や華奢な靴、足に合わない靴はあなたの魚の目の発症の主要因になるので女性の方は気をつけたいですね。

履き物は見た目で選ぶのではなくて、足に合っているのか履きやすいのか、そういった観点から選ぶと魚の目の予防もできます。

■あなたの歩き方や立ち方も重要です。■

履き物にこだわるだけではなくて、あなたの歩き方や立ち方も重要なものになっていきます。

歩き方や立ち方に異常があった時には、足の同じ部分にいつも不自然な体重がかかってしまうので、魚の目になってしまう危険度が高まってしまいます。

■スポーツをやっている方も魚の目には要注意!■

また、2つ目の足に同じ大きな刺激がかかったことから、魚の目になってしまう原因であるのは、スポーツをやっている方です。
スポーツをやっていると、どんなスポーツをやっていても足を酷使しますし、同じ場所に、同じ刺激や負担がかかってきますから、スポーツをやったことで、「スポーツ障害」から魚の目になってしまう方もよくいるのです。

あなたがスポーツをやるときには、足の裏の皮の状況もチェックして、魚の目にはならないようにしましょう。
陸上競技のマラソンや短距離・長距離走、走り幅跳び、サッカー、野球、テニス、バドミントン、また柔道や剣道などの武術をやっていても、魚の目になってしまうことはおこりやすいです。

ダイエットや趣味を考えて、ジムに通って運動をしたり、ジョギングを楽しむ方にも魚の目になってしまう方は増えています。

■魚の目にかかったら、どんな施術をやったらいいのでしょうか?■

早めに、皮膚科の医者にかかりましょう!

魚の目になった時には、どんな施術をやったらいいのでしょうか?
1番よくないのは、自分で魚の目をいじってしまう方で、たまに変なうわさ話を信じていて、自分で魚の目をいじって取ろうとする方がいますが、これは、1番やってはいけないことです。
魚の目を自分でいじって施術をできることはできないですから、自分で魚の目を取ろうとする方法はやらないで下さい。

魚の目の施術で1番いい方法は早めに専門の医者にかかることで、専門の皮膚科にかかる方法がいいでしょう。

■レーザー施術や電気施術、液体窒素の施術などが受けられます。■

皮膚科にかかったら、レーザーで魚の目を焼いて施術を行ったり、電気をかけたりしますし、液体窒素を使った施術方法も人気の方法です。
いくつかの選択肢の中から、皮膚科では施術をできますから、あなたもお近くの皮膚科に行って、魚の目の症状の改善をやっていきましょう。

魚の目がひどかったら、皮膚科では手術をする施術法もあるのです。

■整体施術が、魚の目の施術には効果あり!■

整体施術では、身体の歪みを取ってくれます。

らには、皮膚科とは全く違った観点から魚の目の施術もできますが、それは、整体施術に行く方法です。
魚の目は体や骨盤が歪んでいることから、体重の重心が正しい位置にはかからなくて、おこってしまうことがよくあるのです。

整体施術に行き、体や骨盤の歪みの矯正をやったら、あなたの体の同じ部分に体重や体の圧力がかからなくできますので、足の魚の目の改善や予防の効果が高い方法と言われています。

実際、身体が歪んでいる方が多くなっていて、そのせいで様々な悪影響が体中に出ていますし、体の歪みや骨盤の歪みの矯正をやったら、あなたの健康度もさらに高めていかれるのです。

整体に行くと、魚の目の施術効果だけではなくて、肩こりや腰痛、頭痛などにも、体の歪みや骨盤矯正をやる方法は効果が高いといわれています。

■「サクシタ療法院」に行ってみませんか?■

「整体施術が気になるので、自分も行ってみたいです!」
と思った時には、どこに行ったらいいのでしょうか?
あなたが整体施術で、魚の目の施術をやってみたい!と思う時には、「サクシタ療法院」に行くことをおすすめします。
「サクシタ療法院」は身体の歪みや骨盤矯正をやって、体の歪みをとってくれますので、同じ部分に負担がかからなくなるので、足の魚の目の症状も改善していく効果が得られます。

「整体施術に行って、魚の目の施術をやっていく!」
という考え方は、今まではなかったかもしれません。
これからは、「サクシタ療法院」での整体施術で魚の目の改善施術をうけて、体重が同じ部分にかからないように、気をつけていきたいものです。

「サクシタ療法院」では、経験豊かな先生や明るいスタッフがあなたの足のお悩みの魚の目のケアーにもあたってくれます。
「何かいい方法で、痛い魚の目のケアーをやっていきたいです!」

と悩んだ時には、「サクシタ療法院」に行ってみることをおすすめします。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22