顎関節矯正

 

顎関節矯正

■顎関節症は矯正で改善できるの?■

顎関節症は毎日使う部位でもあるので発症すると厄介なものです。痛みだけでなく、あごを動かすことですら難しくなってくると食事をするのも一苦労です。

顎関節症の人は少しでも早く良くなりたいと思っているでしょう。そこで、歯並びをきれいにしてくれる矯正で顎関節症って改善できたりするのでしょうか?

■まずは顎関節症であるかをチェック!■

顎関節症だと自分で判断するのは難しいですが、こんなことが当てはまったら可能性が高くなります。あごで気になる症状があるときは、以下の症状が起きていないかチェックしてみてください。

・口を大きく開けると顔が曲がる
・口を大きく開くことができない
・朝だけ限定で口を開くことができない
・口を開けるとあごがカックンと音がする
・あごを左右に動かす動作をすると痛い

これらの項目にいくつか当てはまるというようであれば、顎関節症の可能性が高いです。まずはセルフチェックをしてみて、それから病院で検査いてもらうといいでしょう。

■顎関節症は矯正で良くなるの?■

顎関節症だとわかったらこれは治していかないと悪化してしまったら大変です。そこで、顎関節症について調べていると出てくるのが矯正で良くなるというもの。

矯正といえば歯並びをきれいにしてくれる歯科ならではの施術となっていますが、この矯正で顎関節症が改善されるというんです。歯とあごに関係があるのもわかりますよね。

あごが正常に機能していないと歯をバランスよく使って噛むことができません。ここから、歯並びも悪くなっていきという悪循環に陥ってしまうわけです。そのため、顎関節症だとわかったら矯正がいいと言われています。

ついでに歯並びも正しい位置に戻していくことができるので効率もいいですよね。

■顎関節症の矯正の場合はどんなことをするの?■

顎関節症を矯正で改善していくという話ですが、実際には歯並びを矯正する場合と流れや内容は異なってくるのでしょうか?まずは、顎関節症のレベルなどを調べるために、検査をしていきます。ここで詳しく検査をしておくと正しい矯正ができます。

そして、検査を終えたらさっそく矯正に移るわけですが、正しいあごの位置とそれを安定させるように進めていきます。
これと同時に歯並びも正しい位置に来るように矯正します。顎関節症の場合はあごと歯並びを同時にケアしていくという流れになりますね。これを続けていきながら、定期的にメンテナンスもおこなっていきます。

よって、矯正をすることになったら、しばらくは歯科に通うことになります。
顎関節症は放置しておくとさらなる症状をもたらすようになります。気が付くと治っていたと感じていても実は筋肉が伸びてしまっているがために症状が出なくなっているだけということも考えられます。

一度筋肉が伸びてしまうとそれを改善していくのは難しいです。そこから、肩こりやめまい、脳への影響も出てきて、体に疲労を感じるようになります。

一度症状が治まったから良くなったのかなと思いがちですが油断はできません。悪化させてしまう前に検査をして正しい処置をしていかないといけません。

■同時に無痛整体で歪みのケアも■

あごの関節が一つずれると、骨格もずれていく、からだの歪みが大きくなる。そうです。私たちの体は細かく関係して成り立っています。

その骨格全体のズレ、つまりは体のゆがみ全体を整えることで、体に起こるさまざまな症状を緩和させるというのが無痛整体の目的であります。そのため、顎関節症のようにあごの関節がうまくかみ合っていない場合にも無痛整体を受ける意味があります。施術に行くのと行かないのとでは実際に差が現れています。

■生活習慣に気を付けよう■

顎関節症はもともとのあごの使い方や歯並び、噛み合わせも影響していると言われていますが、普段の自分の生活の中でも顎関節症になるような動作をしてしまっているかもしれません。

その動作を気をつけるだけでも、顎関節症は悪化させないで済むでしょう。
歯ぎしりがクセだ、気が付くと歯を食いしばったように力を入れていることがある、食事をするときはつい片側だけで噛んでたべている、ストレスを抱えがちで、細いことがすごく気になる、睡眠がしっかり取れない・・・といったように、あごを使うシーンだけでなく、精神的な面も関係していることがわかるでしょう。まずは、改善できそうな点からおこなっていくと、少しずつでも症状を緩和させられるでしょう。

顎関節症は矯正で改善していくことは可能ですが、生活にも大きく関わっていることがわかりますね。小さな点を意識するだけでも、顎関節症を変えていくことができるでしょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/20