ダンス

 

ダンスで痛めたら整体へ

■ダンスで身体にトラブル■

最近ダンスをしている人って多いですよね。小学校の体育の授業にもダンスが入るようになり、これからますます若い人たちがダンスと接することは多くなると思います。そんな人気のダンスですが、体にトラブルが起きることもあります。そこで、どんな症状があるのか具体的に見ていきましょう。

■まずはダンスで起きる症状の原因は何?■

疲労は気づかないうちにも溜まっているものです。そして、ダンスをしている上では筋肉や臓器、関節といった部位も疲労が溜まりやすくなっています。あとは、日頃の生活習慣も大きく関係しています。ちょっと睡眠不足だ、あまり食事が取れていないという時にダンスをしてはうっかり別のトラブルを引き起こしてしまうことにもなります。

また、テクニックミスによる症状も多くなっています。ダンスというのは基本の動きが決まっていたり、ここはこんな動きといったようにある程度決められています。それに沿って少しでも上手くできるように練習を重ねるものです。しかし、慣れない動きをしていたりすると、うっかり足首をひねってしまったなどという事故も起きてしまいます。

 

■ダンスでよく起きる症状とは■

では、実際にダンスでよく起きる症状について紹介していきましょう。

・膝が痛む
ダンスをしている人で多いのが、この膝の痛みです。ダンスって手も使いますが、見ていると多くは下半身を中心に素早く動かしているものが多いと思います。そうすると、膝にはかなりの負担がかかっています。面積の狭い膝ですが、足を支えるために、さらに激しい動きに耐えるために頑張っています。

しかし、この膝も限界はあります。この限界がやってきた時に痛みとなって現れます。膝に痛みが出てきたらちょっとダンスを控える、安静にするタイミングでもあるんです。あまりに激しく毎日のようにダンスをしていると、楽しみのダンスが継続できなくなってしまうので、膝の様子を意識しながらするようにしましょう。

・骨盤や肩や首に歪みが出てくる
また、骨盤や肩、首に歪みが出てくるという症状もあります。歪みというのは体の軸がずれていってしまうことなので、そのまま放置していては大変です。正しい位置に戻すことで、体の不調を改善できます。ダンスをしていると、特別な動きなどが加わるので、これらの部位に歪みが生じることがあるんです。

特に、女性はこの歪みに注意しないといけません。自分ではあまり歪んでいると実感できなくても、体の調子で出てくるようになります。生理がすっきり終わってくれないのも骨盤の歪みが関係していると言われる場合があります。

女性の場合は体に変化が出てくるケースも多く見られます。

■体の症状が気になる時は無痛整体へ■

ダンスは独自の動きで、普段使わない部位をつかうことがあります。そのため体に不調を感じても自分だけでのケアは難しくなってきます。それはからだのバランスが狂ってきているからです。

バランスが狂うとなかなか自分で修正がききません。そこで、サクシタ療法院の無痛整体でからだの歪みをとり、バランスを修正しませんか?

何かトラブルが起きた時にも、無痛整体でからだのバランスがとれることを知っておくと安心です。そうすれば、好きなダンスも長く続けられると思います。

自分の体のケアをしっかりした上で、ダンスを続けられるという環境がベストですね。ダンスの世界を深く楽しむために、からだのバランスを歪みを整えていきましょう!

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/27