背骨のゆがみを整形外科で


背骨のゆがみはどこに行ったらいいの

背骨のゆがみを改善するには、何処に行ったらいいのだろう?

最初にすべきことは、今、自分がどういう状態なのかを確認すること=現状把握です。まずは、歪みの状態をしっかりと把握することから始めましょう。

方法としては、整形外科を受診して、検査(レントゲン)で自分の歪みがどうなっているのかを見てみるのが良いかもしれません。そこからゆがみの原因を探って、何処に行けば一番良いのか考えてみましょう。

側湾症の場合

背骨がS字、または逆S字のカーブになっている状態なら「側湾症」が考えられます。この場合は、引き続き「整形外科」に通うことが大事です。「側湾外来」を専門に扱う病院もありますので、そちらに行くのも良いかもしれません。

角度が20度を超えてしまうと、コルセット、更に悪化すれば、手術をすることもあります。

運動不足の場合

家の中でゲームをしたり、デスクワークが主な業務だったり、運動不足になる要因が現代にはいっぱいあります。使わなければ、腹筋・背筋は衰え、背骨を支える筋肉が弱くなり、ゆがんでしまうことがあります。

整体などに行ってゆがみを改善してもらうことも良いですが、運動をしなければ結局元通りになってしまいます。運動不足の解消の為に近くを散歩したり、バスの一駅分を歩いてみたり、小さなことから初めてみるのも良いかもしれません。

だからといって、運動のし過ぎで身体を壊しても意味がありません。やり過ぎは禁物です。

「背骨のゆがみが気になるのに、何処に言っても一向に良くならない」そんな時は、無痛整体サクシタ療法院に一度ご相談ください。当院独自の検査を行い、何処がゆがんでいるのかをしっかりと確認し、改善する方法を探すお手伝いをさせていただきます。

*背骨の歪みを整形外科で

*背骨のゆがみチェックをしよう

最終更新日:2016/12/22