椎間板ヘルニア・足のしびれ

椎間板ヘルニア足のしびれ

■ヘルニアの症状 足のしびれ■

ヘルニアは全身にいろんな症状を引き起こすものなので、一度発症するとしばらくは辛い日々が続きます。それを1つずつ改善していくことが重要となってくるんですが、ヘルニアの症状の一つである足のしびれについて見ていきたいと思います。

■腰椎椎間板ヘルニアの際に足のしびれを感じやすい■

 ヘルニアの中でも多くの人が悩みがちなのが、腰椎椎間板ヘルニアです。腰の部分で損傷が起きることから下半身にも症状が出てくるようになります。

背骨と背骨の間に挟まっているいわばクッション的な存在になる椎間板に亀裂が入ったり、髄核が飛び出してくるために神経が圧迫されてしまうために痛みも感じるようになってきます。

腰椎椎間板ヘルニアと聞くと腰痛がメインで感じるようになるのではと思いますが、腰痛よりも足のしびれを感じる人の方が多くなっています。そして、しびれにも種類があります。

ビリビリとまさしくしびれたような感じであったり、灼熱感、電流が走るようなしびれであったりもします。どんなしびれを感じるようになるかは人それぞれとなっているので、どんな足のしびれが出ているか確認しておかないといけません。

■どんな時に足のしびれを感じやすい?■

 腰痛椎間板ヘルニアの際に足のしびれを感じやすいということですが、どんな動作をした時にしびれを感じるケースが多いのでしょうか?多くなっているのが、腰を曲げて屈むような体勢をした時に足にしびれが出てくることがあります。

また、せきやくしゃみをした時にビリっとしびれたようになる場合もあります。
また、朝起きてからしばらくの時間足にしびれを感じやすいという人も多いようです。寝起きの体で動かそうとした時に起きやすいと言えるでしょう。

また、立っているとしびれを感じないのに、座っていると感じるということもあります。

こうしてみると、生活のいたるところでしびれは起きると考えられます。さりげない動作をした時に足にしびれを感じると体もびっくりしますし、しばらく次の行動に移せないので困りますよね。でも、ヘルニアで足のしびれの症状が出てきたらこのように日常生活の中で時折不快を感じるようになるわけです。

■なぜ椎間板ヘルニアが起きるの?■

 ヘルニアの中でも足のしびれを感じる症状が出やすいのが、椎間板ヘルニアだという説明をしてきましたが、なぜ発症してしまうのでしょうか?
 原因としては、大きく3つあります。背骨の歪み、疲労の蓄積、遺伝と言われています。

特に疲労が溜まったままになっていたり、背骨の歪みで椎間板ヘルニアを発症する人は多いです。歪みがなくきれいな体という人はなかなかいません。みんなどこかしら歪みは出ているものです。その中でも背骨に歪みが出てくると背骨と関係の深い椎間板にまでトラブルが起きてきます。

よって、日頃の姿勢も注意しておくべきだということがわかるでしょう。姿勢というのは習慣化してしまっているものなので、その都度意識するようにしないと改善していくのは難しいです。椎間板ヘルニアにならないためにも、日頃の姿勢には気をつけていきたいですね。

その他にも遺伝が関係していると言われる場合もあります。遺伝についてはどうしようもありませんが、なんとか悪化させないようにしていきたいところです。

■ヘルニアからの足のしびれ、どんなふうに対策をしていけばいいの?■

ヘルニアから来る足のしびれ、発症すると動きにくくもなりずっとしびれているような感じが嫌になります。そこで、足のしびれについてはどんな対策をしていけばいいのでしょうか?

椎間板ヘルニアの場合は腰に痛みが出ているときにはおすすめできませんが、痛みがないときには基本体を温めるようにしていきましょう。そうすると足のしびれもよくなることが多いです。湯船にしっかりと浸かって血流を良くしていきましょう。

下半身が冷えがちな人も多いと思うので、じっくりと浸かることをおすすめします。
また、先ほどの延長で日頃の姿勢にも注意してみましょう。背中を丸くするいわゆる猫背の状態になると、はみ出してきている椎間板がますます飛び出てくるようになります。

これではヘルニアの症状も悪化させることになってしまうので姿勢には特に気をつけていきたいです。あぐらをかいたり、横すわり、椅子やソファに浅く座るといったことは控えて正しく座るようにしましょう。

座り方を意識するだけでも足のしびれがましになっていきます。
足のしびれが取れてきてあまり感じなくなったなということであれば、適度なウォーキングなども始めてみるといいでしょう。

足のしびれが出ているときは体が緊張して椎間板が神経を圧迫しているときでもあるので無理は禁物です。

ヘルニアは多くの人が発症しやすい病気です。症状も1つにとどまりませんが、足のしびれは歩くなどの動作にも支障をきたすので感じた時点で早めに対策をしていくようにしましょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22