腰痛が激痛になる原因

アキレス腱周囲炎

■腰 激痛 原因■

激しい腰痛の中でもいくつか分類が出来ます。
・動くと痛い
動けなくなるほどの激痛がある場合⇒ぎっくり腰・圧迫骨折
前かがみになると痛み・シビレが走る⇒腰椎椎間板ヘルニア

・安静にしていて痛い
動けなくなるほどの激痛⇒尿路結石や胆石症
患部を押したり叩いても痛む⇒脊髄腫瘍・骨粗しょう症などによる骨折(圧迫骨折)
特に生理中に痛む(女性)⇒子宮内膜症 子宮筋腫 子宮頸管炎

■ぎっくり腰■

ぎっくり腰はよく「腰の捻挫」と呼ばれますが、腰に疲労がたまりそれが限界にきて急に痛めてしまう肉離れにイメージとしては近いと思います。捻挫の場合は強くひねり過ぎて靭帯などが伸びてしまった状態です。
腰の位置にある背骨(腰椎-ようつい)の周囲の筋肉などが腰椎を支えるという構造になっています。
痛みの原因として最も多く見られるのが、腰の筋肉の肉ばなれ、椎間関節のズレ・捻挫、関節包(関節を包む薄い膜)の損傷、靭帯の障害や損傷などです。
そのほか、腰椎椎間板ヘルニアや骨粗しょう症による圧迫骨折、脊髄の腫瘍などでも、突発的な激しい痛みが起こることがあります。ストレスを強くうけることによって筋肉は硬くなり動きにくくなり、こうした要因が複雑に絡み合った結果痛むこともあります。ぎっくり腰は激痛があっても腰の骨や椎間板などに異常が見当たらないことがよくあります。そのため、原因がはっきりと特定できない「非特異的腰痛(腰痛症)」に分類されています。
もし起きてしまった場合は、まずは安静にすることが一番です。動けるようになってから整形外科へ行き、腰痛症だった場合は過緊張を起こしている筋肉を整える必要があります。癖になるなど言われる方がいますが、ぎっくり腰を起こす前の生活のままですと可能性はありますが、そこで負担のかからない姿勢などを注意して頂ければ再びぎっくり腰になることは少なくなります。

■腰椎椎間板ヘルニア■

ヘルニアが重症化した場合、足や腰の激しい痛みで歩けなくなったり、歩いていると痛みが出始めて休憩すると治って歩けるようになると繰り返すという症状が現れます。また、ヘルニアの場所によっても症状が出る場所などが若干異なります。下肢のシビレは主症状ですが、出る場所がお尻周り、太ももの裏、足先、すね等々変わってきます。

■尿路結石・胆石■

結石ができると、左右どちらかのわき腹から腰、背中にかけて、冷や汗や吐き気をともなう「突然の耐え難い激痛」が出てきます。鈍い痛みだけのこともあります、大抵は激しい痛みのために病院へ行くか救急車で運ばれることになります。
その他の症状として、血尿が出る、トイレの回数が増える(頻尿)、尿が出にくい、残尿感がある、尿をする時に痛みが出る(排尿痛)等の症状があったら泌尿器科へ行きましょう。

■化膿性脊椎炎■

患部をたたくと非常に痛み、背中から腰にかけて"突然の激痛が起こり、ときに発熱も起こります。時間の経過とともに次第に痛みが激しくなることもあります。
動かなくても痛みがおさまらず、ひどい時は痛みで夜に目が覚めたり、身体を前後に曲げられなくなったりします。
背骨に細菌が侵入して炎症を起こし、化膿したものが化膿性脊椎炎です。骨髄が侵されている場合は、化膿性骨髄炎と呼ぶこともあります。通常、細菌は免疫機能により排除されますが大きなストレスや疲労、手術後等の免疫機能が落ちている時になりやすいです。
脊椎が細菌感染する経路にはいくつかあります。なんらかの病気によって化膿した体内の組織から、細菌が血液の流れに乗って脊椎に進入する場合。脊椎や椎間板の手術後。ブロック注射など体に針を刺したり切開して行う検査をした時。膀胱炎などの泌尿器や生殖器系の病気で起きた炎症が、静脈を介して脊椎に広がることなどが考えられます。極端に免疫が落ちていなければ化膿することも少ないので、心配し過ぎないようにしましょう。

■圧迫骨折■

骨粗しょう症によって圧迫骨折になる事が多いです。骨折してしまう原因として、もろくなった骨に尻もちをつくなどして衝撃が加わることにあります。骨がスカスカになってしまっているので簡単に潰れてしまいます。尻もちをついたからといって必ずなるわけではありませんが、尻もちをついた後ひどい腰痛が出てきたり、いつもの腰痛が悪化した場合は考えられます。稀に徐々に潰れていき腰痛が出始めたので整形外科に行ったら、すでに骨がくっ付いていたと言う事もあります。

■子宮内膜症(子宮系疾患)■

特徴的な症状は、「強い生理痛、腹痛、腰痛」です。普段より月経時の痛みが激しく、腰痛、頭痛、吐き気、月経量が増えるため貧血などを伴い、薬では抑えられないほど痛くなり、寝こむこともあります。
そのほか病気の発生箇所によって、性交時や排尿・排便時の痛み、尿が出にくい、便秘症状、不妊症の原因になることもあります。子宮内膜症は大変多く見られる婦人科疾患で、30~40歳代に発症しやすいです。月経が終わる閉経後は組織の増殖が治まるため症状は弱まります。子宮内膜症はそれほど怖い病気ではありませんが、完治しにくい病気です。 20~30歳代の若い女性や、妊娠を希望する人の場合は薬物療法を優先して行い、中・高年者や、子どもが何人かいる場合は、手術療法が多く行われます子宮内膜症は年齢を重ねるほど発症しやすくなるので、妊娠を希望する場合はなるべく早くこどもを作ることをお勧めします。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22