肩こりからくる吐き気

 

肩こりからくる吐き気

 

■肩こり 頭痛 吐き気 3つ揃うととても辛い■

肩こりだけだとマッサージしたり、体を伸ばしたりして、なんとかその場しのぎすることもあります。しかし、これに頭痛と吐き気が加わってくると、そんなことだけでは解決しません。吐き気と頭痛がダブルでやってくると、自宅でじっとしているしか他にしようがありませんよね。

頭痛は頭に響くだけでなく、立ち上がったりといった他の動作をおこなうときにも支障が出てきます。

そして、吐き気についてもいつやってくるかと思うと、外出もままならなくなってしまいます。 こうしてみると、肩こりは本当に過信できないということがわかるでしょう。仕事で肩こりが悪化している人も多いと思いますが、そのまま放置している危険です。

頭痛と吐き気までやってきたら、仕事にだっていつもどおり行くことができなくなってしまいます。

■体の不調を示しているサインかも?■

肩こり、頭痛、吐き気と3つ揃ったらただ不快なだけではありません。もしかしたら何かの病気が隠れているサインかもしれません。そこで、どんな病気の可能性があるので紹介しましょう。

・肩関節疾患
肩関節疾患と聞くと肩こりのこと?と思いがちですが、肩こりとはちょっと違います。ただ、症状としては肩こりとそっくりなので勘違いはしやすくなっています。通常の肩こりであれば肩の筋肉をほぐしてあげると少し楽になります。

しかし、この肩関節疾患の場合は、筋肉をほぐしてもあまり意味がありません。
筋肉ではなく関節に異常が出てきている病気なので、筋肉をほぐしたところで効果は出ないんです。もし、肩こりだと思っていたけれどだんだん肩全体が硬くなって動かしにくくなってきたという症状が出てきたら、この肩関節疾患を疑ってみるといいでしょう。

肩関節疾患になるとじっとして休んでいる時さえも痛みが出てくるようになります。いわゆる五十肩もこの肩関節疾患の1つだと言われています。

・頚椎疾患
続いて、頚椎疾患について。頚椎といえば首の骨のことを指していますが、頚椎疾患では肩ではなく首に問題があるという病気になっています。ただ、首と肩はつながっているので、頚椎疾患であっても肩こりの症状は出てきます。

また、頚椎疾患の場合は肩こり以外にも手や足がしびれて日常での動作が難しくなる場合もあります。肩こりだけでなくしびれも気になるようだったら、自分で判断するのではなく病院で見てもらうようにしましょう。

・脳の病気
肩こり、頭痛、吐き気と3つの症状が同時にやってくる時に可能性として高くなってくるのが、この脳の病気です。どんな病気があるのかというと、くも膜下出血や脳出血、脳梗塞です。どれも怖い病気ですよね。
肩こりからくるいつもの頭痛かと思ってそのままに放置していると手遅れになってしまうことがあるので、いつも肩こりは抱えていても頭痛と吐き気も常に一緒にやってくるのなら、ただの肩こりではないと思い病院に行ってみるようにしましょう。

脳は私たちの体の中でもとても重要な部位になるので、手遅れになると後から障害が残る場合もあります。

・目の疲れ
最後に目の疲れも紹介しておきましょう。特に、今はスマホやタブレット、パソコンと電子画面を見る機会が非常に多いです。

目を使う場面が一日の中でも結構な時間あるという人は多いでしょう。あまり目を使いすぎると、目の疲れだけではなく頭痛と吐き気、肩こりといった症状も感じるようになります。
目が疲れていることからこのような症状が出てくると、しばらく電子機器の画面は見ないように目を休めてみましょう

。目を温めたり、ゆっくりとお風呂に入る、目を閉じて休むなど合間に休憩を挟むだけでも目の疲れは解消できるでしょう。あとは、しっかり睡眠も取ることが大事ですね。

肩こり、頭痛、吐き気と3つ揃ってくるといろんな病気の可能性があるんですね。肩こりがひどいという人は、日頃から様子を見ておかないといけません。

■肩こり、頭痛、吐き気の対策は?■

一時しのぎではなく、おおもとから治したい方は、やはりからだ全体のゆがみを整えることです。結局は、ゆがみを直さなければ、いつまでたっても同じことの繰り返しです。

サクシタ療法院の無痛整体は、からだに優しい刺激で、全身のゆがみを整えます。そうすると、肩首、健康骨、頭蓋骨などのバランスがよくなります。それによって、自然と肩こり、頭痛、吐き気の症状が軽くなります。それらの症状でお悩みの方は、まずはサクシタ療法院でゆがみの検査を受けてください。そして、いかにからだがゆがんでいるかに気づきましょう。そこがあなたのからだの悩みを解決する第一歩になります。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/21