坐骨神経痛とヘルニア

 

ヘルニア坐骨神経

 

■坐骨神経痛■

坐骨神経痛というのは加齢も関係して、おしりから下半身にかけての神経に痛みやしびれが出てくるものです。それは、坐骨神経は人の体のなかでもっとも太く、長い末梢神経であり、腰のあたりから爪先にまで伸びているからです。そして、注意しておきたいのが坐骨神経痛は病名ではなく症状をさします。坐骨神経痛はよく中高年の方に見られます。お尻や太もも、ふくらはぎ、足さきにかけて(前記の坐骨神経の走行に症状がでる)、鋭い痛み・鋭く、電気が走ったような痛みやしびれ・ふくらはぎの張り・冷感・灼熱感・締めつけ感など様々な症状があらわれます。
こうした症状は、足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もあります。この坐骨神経痛という症状が起きたときには、その原因にヘルニアや関節炎、すべり症などといった病気がある可能性も出てきます。
つまりは、坐骨神経痛を自分で感じるようになった時点で、適切な対応をしていくことが肝心となってきます。

そして、坐骨神経痛の症状をおこす病気で定番なのが、腰椎椎間板ヘルニアです。

 

■ヘルニアは放置しておくとどうなるの?■

ヘルニアは辛いと感じるようになったら毎日生活も苦しくなってきます。そうすると一体この症状はいつになったら収まるんだろうと日々悩まされるようになります。病院に行くと検査をして痛み止めなどをもらい、ひどい場合は手術をしましょうという流れになることもあります。
でも、このヘルニアについては手術をしてもしなくても特に変わりがないと言われているんです。そして、多くの人が数年後には自然に治まっているという結果も出ています。それは加齢のために、みずみずしい髄核が縮むからだと言われています。

発症したときはいつ治るんだろうと心配になってきますが、いずれ治る症状であるということになりますね。

■ヘルニアの治療とは■

病院でいろんな検査を受けた中で、腰椎椎間板ヘルニアという診断がされたということであれば、治療を進めていくことになります。まずは保存療法から始まります。保存療法は、ヘルニアによる神経の圧迫を取り除くのではありません。いまある痛みなどの症状に対する対処療法となります。保存療法には、神経ブロックと言い、激しい痛みを抑えるために、局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげる方法があります。また薬物療法があります。非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを使って痛みを鎮めます。理学療法では、痛みが落ちついたあと、筋力を強くするための体操や、専用の器具での「牽引」などが行われます。これらが効果ない場合は手術療法になります。

 

■無痛療法でからだを整える■

まず無痛療法では、腰椎などの幹部はさわりません。そして、施術は基本的に痛いことはあまりしませんので安心です。そのうえで、体のゆがみからこのような症状が現れると考えます。実際に施術前と施術後では症状が軽くなったという場合も多いです。

最近では椎間板ヘルニアを持っている人でも、腰痛を起こしている人はごく一部と言われています。つまり、椎間板ヘルニアがあるだけでは症状は起こらずに、そこににほかの要因が加わった場合です。それはは、実生活での満足度の低さやストレスです。じつはそれらが、からだのゆがみを強くするものなのです。からだのゆがみが強いと、より神経への圧迫も強まります。ですからゆがみが修正されて、自律神経のバランスがよくなれば、ヘルニアがそのままでも、痛みがとれることも納得できるのです。

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/29