ヘルニア・坐骨神経痛

ヘルニア坐骨神経

■ヘルニアと坐骨神経痛■

腰やおしり、下半身に痛みやしびれなどの症状を感じるようになったらどんな病気があるのだろうと考えたときに、ヘルニアや坐骨神経痛といった言葉が思い浮かぶでしょう。

でも、自己判断で簡単にこの区別をつけることはできません。症状も少しずつ違っていたり、特徴が異なってくるので順に解説していきます。

■坐骨神経痛からヘルニアへ進む場合がある■

 坐骨神経痛というのは加齢も関係しておしりから下半身にかけての神経に痛みやしびれが出てくるものです。そして、注意しておきたいのが坐骨神経痛は決して病名ではないことです。腰痛などと同じように症状の1つとなっているんですね。この坐骨神経痛という症状が起きた後に、ヘルニアや関節炎、すべり症などといった病気に進展していく可能性も出てきます。
つまりは、坐骨神経痛を自分で感じるようになった時点で適切な対応をしていくことが肝心となってきます。

ここできちんと症状を食い止めることができたら、ヘルニアにもならずに収まる場合があります。そして、坐骨神経痛からくる病気で定番なのが、このヘルニアでもあるんです。ヘルニアになったという人は以前から坐骨神経痛で苦しんでいたり、そのまま放置していた関係で悪化してしまっていると考えられます。

■ヘルニアの痛みとは■

 坐骨神経痛では下半身が痛む、しびれたようになると言いますが、これがヘルニアに進んでいると具体的にどんな症状が出てくるのでしょうか?ここでは、ヘルニアの痛みについて見ていきましょう。
 ヘルニアのときはただ神経が圧迫されているだけでなく、その部分に炎症が起きているというサインでもあります。ここの炎症を抑えていくことができたら、痛みもスーっと引いていき、ちょっとしびれやだるさが残るなという程度で治まっていきます。

ただ、ヘルニアで痛みが出ているときには急に痛みが走ったり、ずっとピリピリとしびれたような痛みを感じていたりと坐骨神経痛の時よりは痛みを自分でもはっきりと感じるようになるでしょう。それでも、手を加えることでヘルニアの痛みを改善していくことは可能なので、無理をせずに早めに対処することが大事です。

■ヘルニアは放置しておくとどうなるの?■

 ヘルニアは辛いと感じるようになったら毎日生活も苦しくなってきます。そうすると一体この症状はいつになったら収まるんだろうと日々悩まされるようになります。病院に行くと検査をして痛み止めなどをもらい、ひどい場合は手術をしましょうという流れになることもあります。
 でも、このヘルニアについては手術をしてもしなくても特に変わりがないと言われているんです。そして、多くの人が数年後には自然に治まっているという結果も出ています。

発症したときはいつ治るんだろうと心配になってきますが、いずれ治る症状であるということになりますね。

ただ、痛みがひどいときには自分なりにできるケアをしておくとその場しのぎにはなるでしょう。

■ヘルニアの施術とは■

 坐骨神経痛からヘルニアになってしまった、病院でいろんな検査を受けた中でヘルニアという診断がされたということであれば、一応は施術を進めていくことになります。ヘルニアについてはまずは炎症を抑えるというのが第一の目的となってきます。
 よって、炎症を抑えるために痛いと感じたらまずはゆっくり休むこと、安静が大事なんです。横になって寝るのもいいですし、コルセットなどの器具をつけて休むのでもいいです。

あとは、病院に行くと炎症を抑える薬を処方してくれます。炎症を起こして痛みが出ているときには薬を処方することで楽になります。

この薬を飲んでも意味がなかった、まだ痛みが続くというようであれば注射で直接痛みを和らげるという方向に進んでいきます。

■病院に行く前に整体にも行ってみよう■

 整体ではただ坐骨神経痛やヘルニアの症状を緩和してくれるだけでなく、体全体の状態も見てくれます。ということで、すぐに病院に行くのは嫌だなという場合には整体にまず行ってみるといいでしょう。

整体では基本的に痛いことはあまりしません。もしも痛みを感じるようであれば痛いと言ってもらうことで施術を調整していきます。
坐骨神経痛の場合で整体に訪れる人も多いですし、実際に施術前と施術後では症状が全然違うという場合も多いです。

できればヘルニアになる前の坐骨神経痛の段階で整体を利用してみるといいでしょう。ヘルニアになってしまっていると炎症を起こしていることになるので、無理な施術が逆効果となってしまうことがあるからです。こうしてみると、何事も早めにということがわかりますね。

坐骨神経痛もヘルニアもどちらにしても一度なると厄介に感じてしまいます。歩いたり座ったりといった日常生活を妨げられるので、毎日快適に過ごすためにも悪化させないようにしましょう。そして、日頃から適度な運動もしておくとよりいいでしょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22