貧血

貧血

■「貧血」について考えてみませんか?■

「貧血」を深刻に考えないことも…

大勢の方が経験しているのに深刻に考えないで、
「この程度だったら大丈夫です。」
という方が多いですよね。小さな症状でも注意をしなかったらいけない危険な症状は、日常生活の中に隠されています。

その中の1つは、「貧血」の症状です。
「貧血」は簡単な症状のように考えていて、特に対策をしていない方もいるかもしれませんが、あなたの健康や美容や長生きを考えていくと貧血は危険な症状といえます。

軽く考えないで、貧血について詳しく知って、その対策を始めていかなかったらいけないのです。

■「貧血」とは、どんな症状のことを言うのですか?■

貧血とは、どんな症状のことを言うのでしょうか?
人間の体に1番重要なものの1つは血液で、血液は白血球や赤血球や血小板や水分…などからできています。
健康な人の体は白血球や赤血球や血小板も健康で、十分な働きを担っているのです。
血液は、赤血球中のヘモグロビンが酸素と結びついて 体のすみずみに酸素をいきわたらせていきます。身体中の臓器に必要な酸素を運ぶ役が血液でその中でも重要なのが赤血球です。

赤血球の中のヘモグロビンは鉄でできている「ヘム」と、たんぱく質でできている「グロビン」から構成されています。
赤血球の中のヘモグロビンの鉄でできている「ヘム」は、特に酸素の運搬役や酵素と結びつくときにはたくさん必要になるのです。

あなたの体の中に「鉄分」が足らなくなったら、赤血球の中のヘモグロビンの鉄でできている「ヘム」が作られなくなってしまいます。
体中に酸素を運ぶことができなくなってしまうので、身体の臓器の健康状態や美容状態には悪影響で、それが「貧血」といわれている症状になります。

簡単に貧血を考えていることは危険なことで、体中の臓器の酸欠状態が「貧血」という症状になるのです。

■どうして「貧血」になってしまうのですか?■

どうして、自分が「貧血」になったのか考えてみましょう!

どうして、身体が酸欠状態になってしまう貧血にかかってしまうのでしょうか?

貧血にかかる原因は1つではなくて、いくつかの原因が考えられますし、1人で複数の原因から貧血になってしまう方もいますので、自分が貧血になった時には、なんで自分が貧血になったのか原因も考えてみたらいいですね

■大きな病気になっても「貧血」に!■

貧血になってしまう原因で1番気をつけなくてはならないのは、あなたが大きな病気にかかったことから貧血になってしまうことです。
例えば、身体中のガンや白血病や血友病…などの大きな病気になった時には、貧血症状になります。
大きな病気が原因になって貧血になった時には、まずは大きな病気の施術をやっていくことが大事で、大きな病気の施術を行って体の健康状態が回復してきたら、貧血の症状も改善していくからです。

■女性は「貧血」にかかりやすいです。■

男性以上に女性は「貧血」になりやすいです。
貧血はお子様から中高年、また主婦や働いている方…すべての方がかかる危険性のある症状ですけれども、男性と女性とで比べて考えてみたら、女性の方が3倍ほど貧血にかかる患者さんが多くいます。
どうして、女性は男性以上に貧血にかかってしまうのでしょうか?
女性が貧血にかかってしまう要因は、女性の体の様々なメカニズムや生活習慣や特徴とも関係してきますので、1つではなくて複数の原因から、女性は貧血にかかりやすくなっているのです。

■女性は月経があります。■

女性が貧血になってしまう原因で見逃せないことで考えられるのは、女性には月経があるからです。
女性は10代から40代まではすべての方が毎月1回月経がきますが、女性は1回の月経で、30~60ccの出血をします。

血液の中には、約15~30mgの鉄分が配合されていますから、体の中の鉄分が月経になるたびに体の外に出てしまうために、女性は貧血になって、鉄分が体には足らない状況になっていきます。

■ハードなダイエットにも要注意!■

女性が男性以上に貧血になってしまう別の原因で考えられるのは、女性はハードなダイエットを行う方がたくさんいるからです。
ハードなダイエットを行ったら、赤血球や血液の構成に欠かすことができない鉄分やミネラルやビタミンやカルシウムやたんぱく質が食べ物から入ってこなくなってしまうのです。
そのせいで、女性は貧血になりやすいです。

赤血球や血液に欠かすことができない鉄分やミネラルやビタミンやカルシウムやたんぱく質は貯めておくことができないので、毎日十分な量の鉄分やミネラルやビタミンやカルシウムやたんぱく質を体の中に補給しなくてはなりません。
ハードなダイエットは貧血には大敵で、絶対にやってはいけないのです。
ハードなダイエットをすることは、自分で自分を貧血状態・病気状態にしているようなものですから、やらないように気をつけていきたいですね。

簡単に考えてしまいがちですが、実は恐ろしい貧血ですが、ならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

もしも、あなたが大きな病気にかかったことから貧血になってしまった時には、まずは病気の施術を最優先でやっていきましょう。

■毎日の食生活から、鉄分をとりましょう。■

日々の食生活に気をつけて、貧血にならないように体質・体の中から変えていくことも大事になってきます。
貧血にならないようにするのには、ハードなダイエットをするのはやめましょう。
3食、栄養成分がたっぷり入った食事をすることも欠かせません。

貧血にならないようにするためには、鉄分がたっぷり入った食事をしていくといいですね。
厚生労働省は、貧血にならないためには、鉄分の成人の1日の推奨量を女性は10.5mgと発表をしています。

「自分が貧血気味だな。」
と自覚症状があるときには、鉄分は15~20ミリグラムは必要といわれていますが、平成16年度国民健康・栄養調査の結果では、20歳から39歳までの女性は6.9mg~8mgしか鉄分をとっていません。

この少ない鉄分摂取量では、あなたの体が心配になってしまいますので、これからは、鉄分がたくさん入った食事をしていきたいですね。

■レバーやホウレンソウや海藻類・大豆製品にも、鉄分はたくさん入っています。■

レバーやホウレンソウ、ひじきやわかめの海藻類…、また豆腐や納豆などの大豆製品にも鉄分はたくさん入っています。

つまり、貧血の予防や改善に効果が高いのは、日本人が昔から食べていた和食!です。

■ジャンクフードには、「リン」という危険な物質が入っています。■

洋食や中華料理やジャンクフードやお菓子などばかりを食べていたら、鉄分不足になってしまい、貧血の改善もできなくなってしまいます。
脂っこい食事やジャンクフードばかりを食べないで、体にいいものを積極的にいただいて、貧血の予防や改善を行っていきたいですね。

さらに、最近の研究から、お菓子やハンバーガーやピザなどのジャンクフードの中には、「リン」という物質が入っています。

この「リン」という物質は、人間の体に鉄分が吸収されるのを妨げてしまう働きがあるので、お菓子やハンバーガーやピザなどのジャンクフードばかりを食べていたら、鉄分不足になって、体にはよくないので食べないように気をつけていきたいですね。

■「貧血」にならないように、上手に気分転換しましょう!■

精神的な面からも「貧血」に…

今までは、肉体的な働きの貧血のことばかりを考えてきましたが、実は貧血には肉体的な面ばかりではなくて、精神的な面も大きく関係をしています。
その1つは、「ストレス」や自律神経の働きです。
自律神経の働きが弱くなってしまいストレスを感じた時には、貧血になってしまうことが最近の医学界では分かってきました。
貧血の予防や改善を考えた時には、自律神経やストレスのことも考えていかなくてはならないのです。

日常生活でストレスを感じないように、気分転換を上手にしていくことも貧血改善には効果的です。

■整体施術をうけてみませんか?■

「上手に気分転換ができないから、困った!」
という時には、整体に行って、上手に気分転換を行って、気分がリラックスできるように考えてみたらいいですね。
整体に行ったら、身体にいい整体施術をやってくれます。

さらにうれしいのは、整体施術は自律神経の働きを高められますので、交感神経と副交感神経がスムースに働くようにできますから、ストレスや自律神経の乱れから、貧血になってしまった方にも高い貧血の改善効果があるのです。

食生活から、ヒジキやわかめやレバーやお豆腐などの鉄分が入った食べ物を積極的にいただいて、また整体に行って、乱れた自律神経の働きを高めていったら、お悩みの種だった貧血の症状も改善していかれます。

■身体にいい!「サクシタ療法院」に行ってみましょう!■

「整体施術には興味があるけれども、どこの整体に行ったらいいのかな?」

と悩んだ時には、無痛整体サクシタ療法院をおすすめします。

「サクシタ療法院」にいったら、自律神経の働きを高めながら、あなたのつらい貧血の症状を改善していくことができますから、体の中からストレスを解消して、元気になるパワーがわいてくることができます。

「サクシタ療法院」は身体の歪みを整えながら自律神経を調整できます。
貧血にお困りの方は、「サクシタ療法院」で元気になってみませんか?

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22