腰痛や臀部の痛みしびれ

 

腰痛臀部の痛み・しびれ

■腰痛から臀部に痛みやしびれ■

腰痛はただ腰の部分が痛いというだけでは終わらないこともあります。腰痛が長期化してくると腰だけでなく臀部にまで痛みやしびれが出てくるようになってきます。そこで、腰痛と臀部の関係について考えていきましょう。

■なぜ臀部に痛みが?■

まずは、なぜ腰痛から臀部に痛みが出てくるのか解説していきましょう。腰とお尻、割と近い位置にあり、腰痛から症状が臀部にまで進展してくることもなんとなく想像はできるかもしれません。
臀部に痛みが出てきたら坐骨神経痛の可能性も出てきます。神経痛の中でもよく知られている坐骨神経痛ですが、発症すると生活を送る中でも不便に感じることが増えてきます。足が思うように動かなかったり、腰が痛くてものを持ち上げたり、重いものを持つのが困難になってくるなどの支障が出てきます。そして、坐骨神経痛は一度なるとしばらく付き合っていかないといけない症状でもあります。
坐骨神経痛の可能性が出てきたらこんなことに注意してみましょう。

・冷えを予防する
冷えは本当に体によくありません。冷えを取り去るだけでも体の不調は改善される場合が多いです。臀部の痛みが出てきたら腰や下半身が冷えているということになるので、この部分を中心に冷えを取っていくようにしましょう。靴下を履くようにしたり、湯船に浸かる習慣を心がけてみましょう。

・正しい姿勢を心がける
姿勢はとても大事ですが、臀部が痛む時にも正しい姿勢を保つようにしないといけません。特に坐骨神経痛の可能性が出てくると正しい姿勢をしたおかないと腰に負担がかかってくるので悪化させてしまいます。

正座が一番いいとされていますが長時間おこなうのも辛いという人はいると思うので、あぐらをかくなどもおすすめです。

■臀部にしびれが出るのはなぜ?■

臀部に痛みがあるのは坐骨神経痛の可能性が出てきているということでしたが、臀部にしびれが出るのは一体なぜなのでしょうか?ビリビリとずっとしびれたようになるのも立ったり座ったりするときに辛いですよね。実は腰痛としびれ、よく一緒に感じやすい症状となっているんです。
この臀部のしびれについても坐骨神経痛が関係していることが多いです。臀部にしびれが出てくることで坐骨神経痛だとわかることもあるぐらいです。今まではただの腰痛だったのにそこから臀部も痺れるようになってきたということであれば、坐骨神経痛かもしれません。坐骨神経痛になると今までは腰痛がメインだったのが徐々にしびれや痛みが臀部や下半身に移っていくケースが多いです。
この時に、臀部がこっているということも考えられます。臀部がこっているというのは肩こりとは違って想像がつきにくいですが、しびれが出てくると感じるようであればコリも関係していると言えるでしょう。しびれがひどくなると夜も眠れなくなることがあるので、早めに感じた時点で対処するようにしていかないといけません。

今回は坐骨神経痛をメインに紹介してきましたが、この他にも腰痛や臀部のしびれという点から考えられる病気としては、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)や腰椎椎間板ヘルニアといったものも考えられます。自分がどの症状に当てはまっているのかというのを自己チェックしてから、病院へ行って診断をしてもらいましょう。その後どのように改善させていくかという時に整体を利用してみると負担も軽く通うことができるでしょう。

■無痛療法では臀部の筋肉を整える■

しびれや痛みが出てくるようになると、どうにか楽にしてほしいという気持ちも出てきます。
最初に骨盤や腰椎の状態を確認していきます。つぎに臀部周りの筋肉を整えます。それで、その歪みの具合を調整します。腰痛も臀部の痛みやしびれが改善されると毎日快適に過ごせるようになります。ですから、できるだけ続けて施術を受けて、調子がいい状態が続くように心がけましょう。

それと同時に、日常生活にも注意しながら過ごしていきたいところです。生活の中でも今まで特に気にしていなかった点を意識するようにしてみましょう。テレビを見たり本を読んでいる時にどんな姿勢になっているか、パソコンと向き合っている時についつい悪い姿勢になってしまっていないかなどに気をつけてみましょう。

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/30