肩こりで息苦しい

肩こりからくる息苦しい

■肩こりが原因で息苦しい時の対策法とは■

肩こりと一言にいってもただ肩がパンパンに張って痛いというだけではありません。肩こりから頭痛は吐き気、しびれ、めまいといったさまざまな症状が出てくることもあり、中には息苦しいと感じることもあるんです。

今回は、肩こりからくる息苦しさについて対策法などを紹介していきたいと思います。

■なぜ肩こりから息苦しいという症状が出てくる?■

肩こりがひどいという時はただ肩が痛い、固まって動かしにくいというだけではなく息苦しいという症状も出てくるということですが、なぜそのような症状が出てくるのでしょうか?肩こりで体が緊張している状態になっているときは、交感神経が興奮したようになります。

私たちは息を吸う時に交感神経を、息を吐く時に副交感神経を働かせています。それが、息を吸う交感神経がメインに働くようになることで、息を吸う方が多くなってきます。
息をたくさん吸ってもその後しっかり吐くことができたら問題はありません。

でも、肩こりで体が固まって緊張している時には息を吐くという行為がうまくできずについつい吸うばかりになってしまうんです。その結果、呼吸が浅くなり、息苦しいと感じるようになるんです。

肩こりから体の他の部分にも支障が出てきているために、呼吸が浅くなり息苦しくなってしまうんですね。

■こんな人は息苦しさを感じることが多い■

肩こりから息苦しいという状態に陥ることもあるという話ですが、特に以下の項目に1つでも当てはまるという人はいつの間にか呼吸が浅くなってしまっている可能性があります。

・デスクワークしている時に息苦しいと感じることがある
・人ごみの中を歩くと疲れやすい
・階段の上り下りですぐに息が切れてしまう
・眠っている最中にも息苦しさを感じて目が覚めることがある
・寝ていても次の日に疲れが取りきれていない

この5つの中でどれか当てはまるものはありませんか?あまり気にしていなかったことでも、肩こりから来る息苦しさを感じているのかもしれません。

この項目を見てもわかりますが、日頃の疲れを溜めたまま仕事をしているという人は肩こりが悪化していることも考えられます。自分では意識していなくても息苦しくなっていることもあるので、ぜひ項目をチェックしてみてください。

■息苦しい状態を脱するには?■

肩こりからまさか息苦しいと感じるようになるなんて・・・・と思ってしまいますが、実際に症状としてはあります。そこで、息苦しさから脱するにはどんなふうにしていけばいいのかということについても知っておきましょう。

意識していくことで、息苦しい辛い状態を改善できるかもしれません。

そこで、まず息を吐くという動作を意識してやってみることです。深呼吸では深く息を吸い込んでゆっくり吐くというのが基本ですが、息苦しいのを改善するためには息を吐くという方に重点を置いていきます。

息をしっかり吐こうとすることで副交感神経が働いてくれるので、リラックスできて息苦しいという症状を改善できます。息をしっかり吐く、それを意識してやってみるだけでも息苦しいと感じることは少なくなるでしょう。

■肩こりじゃなく病気が隠れている可能性もある■

肩こりから来る息苦しさについて見ていますが、実は肩こりから来ているものではない可能性もあります。もしかしたら病気が隠れているかもしれないので、過信はしないようにしましょう。
 息苦しいという状態から心臓や頚椎、肩甲骨に病気が潜んでいる可能性があります。

特に肩は心臓にも近い部分になるのであまりに息苦しいと感じたり、肩こりから来るだけではないようなきがすると感じるようになったら、早めに病院に行ってみるようにしましょう。

肩こりから来る息苦しいだったけれど肩こりが解消しても変わらない、ずっと続いているという状態が起きていたら別の病気を疑ってみましょう。

■整体ではどんな施術をしていくの?■

肩こりが辛いとなったらマッサージよりも整体かなと思う人は多いでしょう。実際に整体では肩こりが辛いと悩んでいる方はたくさん訪れます。

でも、一人ひとり肩こりのレベルやその他の症状が異なっているので、肩こりにはこの施術をと決まったものはありません。
肩こりからその周りの部位に異常がないか、順番に施術をしていきながら確認をしていきます。原因がわかればそれを改善することで肩こりや息苦しさもよくなっていきます。

息苦しいのは生活をしていく中でも辛いので、肩こりからそういった症状が出てこないように早めにケアしていくことが大切と言えるでしょう。肩こりが慢性化してしまう前の対策はとても大事なんです。

肩こりは本当にいろんな症状を引き起こすんですね。いくつも症状が出てきたら仕事や家事にも支障が出てくるので、早めに改善できるといいでしょう。肩こりが解消されることで毎日健康的に過ごすことができるようになります。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22