肩甲骨の痛み

肩甲骨の痛み

■背中の痛み 肩甲骨のあたりは要注意?!■

 日々生活している中で背中が痛いなと感じるときってありませんか?前の日に何かいつもと違う体の動かし方をしたことによる筋肉痛かなと思うこともありますが、それがずっと続くようであれば何か違う原因があるのかもしれません。

■背中の痛みは何を示している?■

 背中の痛みといっても背中の面積はとても広いです。部位別にくる痛みがどんなことを表しているのか少し紹介しましょう。

・背中上部が痛むとき
背中の中でも上部が痛むなというときはただの筋肉痛というときもあれば、違うときもあります。筋肉痛の他に、胸郭出口症候群や尿路結石、腎結石・尿管結石といった病気の可能性もあります。胸郭出口症候群はあまり聞きなれない言葉ですが、鎖骨と一番上の肋骨の隙間である胸郭出口の神経や血管が骨の変形などによって圧迫されているというものになります。ただ背中上部が痛いだけでなく疲れやすくなったりしびれ、指に違和感もでる場合があります。
また、尿路結石は左右どちらかの脇腹から背中にかけて痛みが出るのが特徴的です。その他には血尿が出たり頻尿といった尿の症状に悩まされるようになります。最後の腎結石・尿管結石は尿路結石と似たような症状が出てくるようになり、腰や下腹部に痛みを感じることもあります。
背中上部にはたった1つだけでなく、いくつかびょうきが潜んでいるということが言えるんです。

・背中の左側が痛むとき
続いて背中の左側が痛いという場合にはどんな病気が隠れているのでしょうか?みぞおちや左脇腹にかけても痛いなとかんじるときには、膵炎やすい臓がんの可能性があります。つまりは、膵臓に何らかのトラブルが起きているということになりますね。背中が痛いだけでなく黄疸がでる、下痢や吐き気などの症状も出てくるようになったら危険です。
また腹部に近い左側であれば、胃に何か問題が起きている場合があります。胃炎や胃潰瘍といった病気かもしれません。また、胃がんになっている確率もゼロではないので、過信せずに背中の痛みを意識しておかないといけません。

・背中の右側が痛むとき

左側の次は右側が痛むというときは、肝炎や急性肝炎、肝臓がん、胆石症などと肝臓に関わる病気の可能性が出てきます。背中が痛いだけでなく、黄疸や吐き気、下痢、倦怠感といったその他の症状も出てくるということであればしっかりと医療機関で検査を受けることをおすすめします。大きな病気が進行してしまう前に食い止めるようにしないといけませんね。

■肩甲骨の痛みについて■

 背中全体を部位ごとに分けて症状を見てきましたが、肩甲骨がピンポイントで痛いという場合には何が原因となっているのでしょうか?肩甲骨が痛いという時には、多くが疲労からくると言われています。日頃から重労働をしている人については肩甲骨を消耗してしまっているでしょうし、姿勢の悪さが定着してしまうことで肩甲骨に痛みが出てくることもあります。姿勢の悪さは骨盤の歪みにも影響してきて、骨盤の歪みは全身に関係してくるので肩甲骨にも支障が出てくるんですね。
 また、肩甲骨の痛みはただ疲労や姿勢の悪さからくるとは限りません。急に痛みが来たという場合には、椎間板ヘルニアや神経痛、椎間部すべり症などといった病気の可能性も出てくるんです。これは、病院で詳しい検査をおこなうとすぐに発見することができるでしょう。

どの病気についてもすぐに改善されるものではなく、しばらく痛みと向き合っていかないといけないので早めに対策を取るようにしないと辛くなってしまいます。

■肩甲骨の痛み、整体に行ってもいいの?■

 肩甲骨が痛いなと思うと病院というよりは整体やマッサージかなというイメージもあるでしょう。確かに、整体に行くことも可能です。ただ、整体では体の中の病気のことまで詳しく説明することは難しいです。
 できることは、体の歪みのケアやコリをほぐしていくことです。疲労から来ている肩甲骨の痛みであればコリをほぐしていくことで改善されるケースが多いです。また、体全体の歪みを元の正しい位置に戻していくことで、肩甲骨の痛みが和らぐという場合もあります。病院でおこなうようなことはできませんが、肩甲骨の痛みを少しでも和らげることはできるでしょう。
 ただ、整体にかかってもあまり肩甲骨の痛みが改善されない、その他の症状も出てくるということであればこれは専門医に見てもらわないといけません。何か重大な病気が隠れているかもしれません。

肩甲骨は肩こりや日頃の疲れが溜まっているのかなと思うことが多いでしょう。確かにそのケースが多いんですが、中には大きな病気の可能性もあるということを覚えておきましょう。そして、肩甲骨の痛みを放置しないことが大切です。整体に定期的に通うとコリや歪みをケアしていけるので、快適に過ごせる日が多くなりますよ。まずは、お気軽に整体を利用してみてください。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22