キーボードフィンガー

キーボードフィンガー

■キーボードフィンガーを知っていますか?■

キーボードフィンガーになってしまう方が増えています。

時代の流れとともに、昔はなかった様々な病気や症状がおこるようになってきます。
その中の1つには、「キーボードフィンガー」といわれている症状があるのですが、この症状は、20年ほど前にはなってしまう方はごく1部分の限られた方でした。
近年患者さんが増えていまして、男性でも女性でも同じようにかかってしまう方がいます。

どうして、近年、キーボードフィンガーにかかってしまう方が増えているのでしょうか?

■パソコンや携帯電話やスマートフォンなどの使いすぎには要注意!■

1番大きな原因は、パソコンや携帯電話やスマートフォンなどを使いすぎるからです。
ほとんどの方が、パソコンやスマートフォンや携帯電話を毎日1日中離さないで使っています。
「1時間でもなかったら、まともな生活ができない!」
と思う方も多いでしょう。
しかも、ただ使うだけではなくて、1日に何時間も片時も離さないで使っている方が増えていて、ひどい方になったら1日に10時間以上は使っています。

仕事など、自分ではやりたくなくても、パソコンや携帯電話やスマートフォンなどを使わなくてはならない方もいます。
今後も、キーボードフィンガーになってしまう方の数はどんどん多くなっていくと考えられているのです。

以前は、キーボードフィンガーになってしまうのは、ピアニストや1部の特殊な専門家の症状だったのですが、現在では、特殊な職業の方ではなくても一般的な症状として広がっています。

■各・有名メディアでも大注目!キーボードフィンガー■

キーボードフィンガーの危険性は、様々なメディアでも注目されていて警告されていまして、有名なYahoo ニュースや日経ウーマンなどの雑誌やサイトなどでも特集されています。

働く方は男性でも女性でも、パソコンや携帯電話やスマートフォンなどの過度な使いすぎにはくれぐれも注意をしてくださいね。

■お子様の小さな体には特に危険です!■

キーボードフィンガーになってしまう年代は、若い子にも広がっていますので、まだ5,6歳から、パソコンや携帯電話やスマートフォンなどを使う子もいます。
子供はゲームなどをやることもあるので、そうなったら余計に激しくキーボードやパソコンや携帯電話やスマートフォンなどを打ちます。
その悪影響から、キーボードフィンガーになってしまうのです。

お子様は成人した大人に比べても、手や肩や腕や様々な部分が小さくて、骨も腱も筋肉も十分に発達していません。
十分に発達していない体の小さな機能に過度な負担がかかったら、お子様のキーボードフィンガーの症状は大人以上にひどくなります。
ひどい症例になったら、
「キーボードフィンガーだと思っていたら、実は疲労骨折していた!」
というようなケースもあるのです。

大人以上にお子様が長時間熱中しながら、パソコンや携帯電話やスマートフォンやゲームをやることは危険なことです。

■キーボードフィンガーは、どんな症状なのですか?■

キーボードフィンガーの医学的な定義は…

医学的には、
「キーボードフィンガーは、長い時間同じ姿勢になって楽器やパソコンや携帯電話やスマートフォンを使うことによって、同じ筋肉、特に手や指や腕や肩を酷使したことが原因になっておこる反復運動過多損傷(RSI)。
その反復運動過多損傷(RSI)のせいで、手や指や肩や腕の筋肉や骨や腱や筋膜の癒着や腱鞘炎が生じている状態。」
と定義されています。

体の機能は同じ部分を繰り返し酷使したら、過度な負担がかかってしまい、筋肉や筋膜や骨や腱が傷んでしまうのです。

いわば、使いすぎ・オーバーワークの状況になってしまうので、これが、キーボードフィンガーになる大きな要因です。

■「キーボードフィンガーには、なりたくない!」と思ったら?■

「あなたが、キーボードフィンガーにはなりたくない!」
と思う時には、どのようなことに気を配ったらいいのでしょうか?
筋肉や骨や腱の異常はなってからでは、効果的に簡単によくならないことが多い厄介なものです。
だから、キーボードフィンガーにならないように、あらかじめ反復運動過多損傷(RSI)をおこさないように、パソコンや携帯電話やスマートフォンを使う時には用心したいです。

■パソコンや携帯電話やスマートフォンを使う時には、長時間使わない!■

パソコンや携帯電話やスマートフォンを使う時には、長時間使わないように心がけましょう。
途中で休憩をしたり、手や腕や指をマッサージしたり、ストレッチしたり動かして、固まった筋肉のコリをほぐす動きもキーボードフィンガーの改善には意味があります。

パソコンや携帯電話やスマートフォンを使う時の姿勢も重要になります。
力が入りすぎて、前かがみにならないようにしましょう。
上半身が力んで、肘が下がったり肩が上がったりしている不自然な姿勢も、キーボードフィンガーになってしまう危険度の高い姿勢です。

リラックスして、背筋を伸ばしながら、肘を90度から100度に曲げた姿勢が、手首や腕や指や肩や背中や体中には負担がかかりにくい良い姿勢になっています

■冷水で冷やす方法も効果的です。■

過度にパソコンや携帯電話やスマートフォンを使う日常の生活は体や筋肉や骨や腱にはよくないから、キーボードフィンガーの原因になってしまうと分かっていても、毎日の生活や仕事や趣味や楽しみで、パソコンや携帯電話やスマートフォンを使わない生活はできません。
そんな時には、どうしたらいいのでしょうか?
もしも、あなたが痛みを感じたら、痛い部分をすぐに水で冷やしてください。
そしてしばらくは、手や指や腕や肩を休めて、パソコンや携帯電話やスマートフォンを使うことを控えたいですね。

大きく体を伸ばしたり、軽いストレッチを行うことも、効果が高いキーボードフィンガーの予防方法です。

また、軽い運動のジョギングやお散歩、スイミング、サイクリングなどを行うことも、体のリフレッシュには効果があります。

■キーボードフィンガーの整体施術を受けてみませんか?■

自分での予防や対策を行っても、効果がなかったり、キーボードフィンガーになってしまう方はいます。
自分では効果的に処置ができないとお悩みになったら、整体施術を受けることをおすすめします。
整体施術を受けたら、たまった体のコリをほぐすことができるのです。
整体施術はリフレッシュ効果も高いので、あなたの体のことを考えても、効果が高いキーボードフィンガーの改善方法といえます。

整体施術を受けるのなら、体のことを思った優しい施術を行ってくれる、「サクシタ療法院」に行ってみませんか?
「サクシタ療法院」はスタッフも先生もみんな親切で優しいから、キーボードフィンガーの施術を受けるのにはおすすめの整体施術院です。

その他の体の不快な痛みやこりに悩んだ時にも、整体施術院のサクシタ療法院をお試しを!

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22