膝の痛み、過伸展の場合

寝つきが悪い、睡眠障害

■高齢化社会になってきましたね‥。■

世界中が高齢化社会になってきましたから、体のケアーに気を配っていたら、いくつになっても長く元気で生きられる時代になったのです。
いくら長く生きられても、元気でいられなかったら、長寿の意味もなくなってしまいます。
「元気に、長生きしたいのです!」
と思う時には、どうしたらいいのでしょうか?

元気で長生きしたい時には、足の健康に気を配っていくことが重要で、
「人間は、足から老いる!」
と言われていますから、足の健康が損なわれてしまったら、長生きもできないのです。
今後の高齢化社会には、足を鍛えて健康でいなかったらいけません。

■ひざ周辺にも気をつけて。■

足が元気でいるのには様々なことが大事になるのですが、「ひざ周辺」の健康にも気を配らなくてはならないでしょう。

人間が健康に生活をしていくのには、「1日に1万歩=約6キロ」を歩いたらいいというので、1日に1万歩歩くためには、やはり足の健康・ひざ周辺の健康が大事なことです。

■「膝の過伸展」になっていませんか?■

「膝の過伸展」だと、全身に不快な症状が出てきます。

ひざも各種の痛みや異常になってしまう部分ですが、よくあるのは「膝の過伸展」です。
「膝の過伸展」は正常なひざが反り返っていて、毎日歩くのにクッションの働きができない状態ですから、ひざ周辺の痛みや違和感がおこってきます。
「膝の過伸展」になっていたら、ひざ周辺だけではなくて、腰や背中お尻また関係ないのに、頭や肩の痛みになってしまうこともあります。
ひざのクッションの働きができていないので、その異常は全身にわたってしまうのです。

あなたも、ひざや腰や背中や肩やお尻や頭などの原因不明の痛みや違和感になっていませんか?
「何で、痛くなるのかが分からないけれども痛い!」
という時には、「膝の過伸展」になっている危険性も考えられるのです。

■ひざの裏に、ゴリゴリができていませんか?■

「膝の過伸展」になっていたら、どんな痛みや症状が出てくるのでしょうか?
1番多く感じるのは、ひざの裏側(膝窩部)が痛いことで、ひざの裏側の膝窩部に脂肪の固まり(ベーカー嚢腫)ができてきて、何かができている・ゴリゴリを感じることもあります。
痛みと同時にひざの裏に脂肪の塊ができた時には、「膝の過伸展」を疑ってみたらいいですね。

■「膝の過伸展」は、どんな方がなってしまうのですか?■

「膝の過伸展」は、どんな方がなってしまうのでしょうか?
以前は、中高年に多くて加齢現象から「膝の過伸展」になってしまうと考えられていました。
今は、お子様から働き盛り・主婦・サラリーマン・OLさん・もちろん中高年世代の方もなってしまいます。
男性も女性も関係なく、またお子様から中高年世代の方までなってしまうことが「膝の過伸展」の特徴です。

■「膝の過伸展」は診断がつきにくい症状です。■

「膝の過伸展」は、まだ日本人にはなじみがない病名・症状かもしれませんから、「膝の過伸展」になっていても気がつかないことがよくあります。
ひざ周辺や別の部分が痛くても、筋肉痛や神経痛と混同をしてしまう方もいます。
お子様が、
「ひざの裏が痛い!」

と訴えた時には「成長痛」と勘違いしてしまいがちで、正しい診断が「膝の過伸展」ではつきにくいです。

■「膝の過伸展」には、どうしてなってしまうのでしょうか?■

「膝の過伸展」の原因は、何ですか?

■1、 歩き方の癖はありませんか?■

どうして、「膝の過伸展」になってしまうのでしょうか?
これには、様々な原因が考えられますが、その中の1つは歩き方の癖です。
人間はみんな歩き方には癖がありますが、「膝の過伸展」になってしまう時には、足の指を上にあげながら歩く癖のある方が多いです。
歩き方は自分で意識してなってしまうのではなくて、いつの間にかなってしまうものです。

■2、あなたの履き物にもご用心。■

「膝の過伸展」になる原因で増えているのは、足やひざや腰に負担がかかる履き物を履くことです。
ハイヒールやサンダル、重いブーツ、ミュール…。
このような履き物を履いていたら、足には大きく負担がかかってきて「膝の過伸展」の原因になります。

若い女性は履き物は足の機能のことを考えないで、おしゃれや見た目で選んでしまうのですが、それは非常に危険なことです。
足に合わない靴を履いていたら、「膝の過伸展」になってしまうことが出てきます。

■3、 スポーツ障害から、「膝の過伸展」に…。■

「膝の過伸展」になる原因で忘れてはいけないのは、スポーツをしたことでなる方々です。
スポーツは、どんなスポーツでも足やひざを使いますし、若いお子様の時期から足やひざを酷使したら、スポーツ障害から「膝の過伸展」がおこります。
スポーツをするときには、準備運動やクールダウンを毎回念入りにやって、あなたのひざや足やそのほかの部分に負担をかけないようにしたいですね。

■4、 身体が歪んでいるのかも!■

4つ目の「膝の過伸展」の原因では、体の歪みが考えられます。
足や股関節や腰や肩や頭…が歪んでいるのです。
現代人は体の歪みから、体が異常になってしまう方が増えています。
「膝の過伸展」のほかにも、肩こりやめまい、頭痛、腰痛、冷え症、のぼせ…不妊症まで、体の歪みが原因でおこってきますので、「膝の過伸展」になった時には、足やひざや骨盤の歪みの矯正を行うと改善効果が出てきます。

■「膝の過伸展」では、どんな施術をやったらいいのですか?■

さらしや包帯でひざを固定します。

「膝の過伸展」になった時には、どんな施術法をやったらいいのでしょうか?
「膝の過伸展」の施術では、ひざを正しい位置に固定します。
「膝の過伸展」の患者さんは必要以上にひざが反っていますから、反りすぎないように、ひざを約45度曲げた状態で固定しまして、ひざ周辺に包帯やさらしを巻いて約3週間くらい様子を見ます。
3週間でひざが反った症状が改善されてきたら、包帯やさらしを外すのですが、この固定によって、「膝の過伸展」の症状や痛みがよくなったらいいのですが、また元に戻ってしまう方も多いです。
そうなったら、さらに期間を延長して長い期間、包帯やさらしを巻くことが必要です。
どの程度の期間、包帯やさらしを巻いてひざを固定させるのかはその患者さんの「膝の過伸展」の重症度によっても違ってきます。

■日常生活の改善も大事です。■

「膝の過伸展」の施術では、日常生活の中でも工夫をして改善していかなくてはならないこともでてきます。
「歩き方」も改善しなくてはならないポイントですし、毎日履く履き物も足やひざに良くないものはやめて、平らで歩きやすいものを履きましょう。
「膝の過伸展」ではスニーカーやローヒールに変えて、しばらくはハイヒールやサンダルやブーツは履かない方がいいでしょう。

■ひざを曲げて、行動をしてみましょう。■

「膝の過伸展」の改善方法でオススメは、ひざを曲げて行動をすることです。
ひざが伸びきった状態ですと、「膝の過伸展」の患者さんは足やひざに負担がかかるので、少しひざを曲げてクッションの働きをさせましょう。
歩き方や履き物や立ち方などは毎日のことですから、特別なケアーをやっていく以上に、「膝の過伸展」の改善効果が高められます。

■根本的な体の歪みの改善をやってみませんか?■

整体施術に行ってみましょう!

根本的に「膝の過伸展」の改善を行いたい時には、体の歪みをとる方法もおすすめです。
骨盤やあごや肩やひざや足の歪みを改善したら、あなたの「膝の過伸展」の症状もよくできます。

行くといいのは整体施術で、整体施術は体や骨盤のゆがみが気になった時には行くと歪みの矯正をやってくれますので、あなたの「膝の過伸展」の症状も改善していきます。
股関節や骨盤やひざや足首の歪みの改善をやったら、「膝の過伸展」がよくなる効果も高いです。

■「サクシタ療法院」に行ってみましょう。■

整体施術に行ってみようかなと興味がある方は、「サクシタ療法院」に行ってみましょう。
「サクシタ療法院」では、元気な先生やスタッフが体の歪みの矯正もやって、「膝の過伸展」の症状も楽にしてくれますし、そのほかにも、腰痛や肩こりなどの改善効果もあるのです。

サクシタ先生につらいひざの症状のことを話しをして、快適に歪みをとってもらいましょう。
そうしたら、「膝の過伸展」の改善にも、その他のつらい体の症状の改善にも整体が効いて、効果が高い施術を受けられます。

体の骨盤やひざや足が歪んでいたら「膝の過伸展」や他の症状がおこりやすくなってしまいます。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22