股関節痛とストレッチ

股関節の痛みとストレッチ

股関節 ストレッチによる効果

足の付け根ストレッチによって、股関節につながる筋肉を柔軟にします。
筋肉が柔軟になることで、股関節の可動範囲が広くなります。

とくに股関節は歩く動作の要ともいえるものです。若い人でも運動不足だと、股関節が硬くなる場合があります。
股関節が硬いと、動作に柔軟性や俊敏さがなくなります。そのため、ちょっとした段差でつまずくこともあります。

長時間の歩行や運動後にお尻、太もも、膝、足の付け根に痛みを感じたら、ストレッチをおこなってみましょう。ストレッチによって股関節まわりの筋肉の緊張をほぐすと、転倒防止や腰痛、膝痛の改善や予防にもなります。
そして、股関節痛の予防になり、股関節を守ることになります。

ストレッチすると、どうして効果が現れるのでしょうか?

筋肉は動かさないと、硬くなってしまう性質があります。そして硬くなってしまうと、元に戻るのは難しいのです。さらに、ある筋肉が硬くなると、その筋肉に関係する関節の動きが硬くなって、歪んでしまうのです。すると、可動域が低くなるのです。

人間の体の中心に位置する仙骨周辺の筋肉は、運動不足などによって、いちばん最初に硬くなります。仙骨周辺の筋肉が硬くなると、股関節、膝、肩甲骨、肩、首などが影響を受け、痛みやつらさを引き起こします。

足の付け根が硬くなって、骨盤が歪んでいると、からだ全体に影響を与えます。
人間の身体の動作は、全身が連動してはたらく仕組みになっています。だから一つが硬直するると、自然と他の動きに影響を与えます。

とくに骨盤は脊椎にもつながっており、内臓や自律神経へも影響があります。

「骨盤の歪み」は身体にとって、全身が歪んで動いていることになります。
この骨盤と関係の深い部分が、股関節です。
ゆがみを整えることで、骨盤の歪みも整っていきます。

「股関節 ストレッチ」によって、硬くなった筋肉がゆるみ、股関節の歪みが整えられると、骨盤の歪みが改善でき、からだ全体に影響を及ぼします。

柔軟になる以外のストレッチ効果

ストレッチすると、体が柔軟になるだけでなく新陳代謝がよくなる効果があるのです。

ストレッチによって、足の付け根周辺のリンパ腺や血管が刺激されます。刺激によって、血流やリンパの流れがスムースになります。
滞った血液が流れることで、全身に新鮮な血が行き渡るようになります。すると、からだ全体に活力を与え心もスッキリしてきます。

腰痛や肩こりにも効果があります。また、下半身のむくみも改善にも効果があり、冷え性の改善にもなります。
便秘の解消や下半身のシェイプアップにもなります。

ストレッチを行うときの基本

左右の筋肉をバランスよく伸ばします。左をストレッチしたら、右。右の次には左と、同じようにおこないます。

大切なことは、息を止めてストレッチしないことです。息を止めておこなうと、筋肉は緩みません。

鼻で息を吸って、口でながーく息を吐きます。吐く息とともに、筋肉を伸ばすのです。
ぐーっと伸ばしている部分をよく意識すると効果的です。

痛さ、硬さ、こわばり、とどこおりなどに内側から意識を向けてみましょう。痛みを味わうような感じです。
こわばった筋肉に意識を向けることで、筋肉は緩んできます。

少し痛みを感じる程度まで静かに息を吐きながら伸ばし、伸ばした状態を30秒くらい持続させることで、さらに効果が高まります。

さらに息をながーく吐くと、副交感神経と自律神経がはたらいて、からだ全体のリラックスにもつながります。

股関節ストレッチで気をつけること

痛みを我慢してはいけません。
無理に行ってはいけません。
力を入れてはいけません。

痛いと感じる手前で止めます。やりすぎは逆効果になります。痛いのに無理をしてストレッチをすると、筋を伸ばして逆に痛めてしまうこともあります。

ゆっくり、ゆったり、ゆるやかに、時間をかけて徐々に伸ばします。けっして急いでやってはいけません。
いきなり最初から筋肉に強い負荷はかけないようにします。勢いや反動もつけません。

また、股関節の痛みが強い場合は、ストレッチを無理に行わないにしましょう。
そういう場合には、整体サクシタ療法院の指導に従った正しいストレッチを行うことが大切です。
まずは当院にご相談ください。

効果的な股関節ストレッチ

体を温めてから行うと効果的です。体が冷えているときは、やらないようにします。
お風呂上りなどは、最適です。からだ全体が温まってリラックスしており、筋肉も柔らかくになって伸びやすいからです。

大切なのは、常日ごろ行うことです。テレビを見ながら、ごろごろしながら、ちょっとした時間を見つけて、楽しみながら行いましょう。毎日ちょっとだけでもいいから動すことで、少しずつほぐれていきます。

少しずつ、少しずつでいいのです。確実に柔軟になるご自分の体が実感されると思います。すると、楽しくなりますので、ゆっくりとマイペースで行いましょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/29