股関節の痛みで歩けない

 

股関節の痛みで歩けない

■股関節が原因で歩けなくなる■

こういった場合は病気や骨折から来る「痛み」が関係してくる場合ほとんどで、初期のうちから対処していくことが非常に大切になります。また、痛みがなければ変形(変形性股関節症など)していても、手術などせず経過観察をして普段の生活を送ることもできます。

そうなると変形が直接痛みに直結しているわけではないということになります。なので、痛みを取って歩けるようにする手術のはずですが、変形だけが痛みの原因とは限らないので、股関節周囲の筋肉や日常生活動作などもみていく必要があります。

■股関節痛と言っても非常にたくさんの要因が関わってきます。■

・筋肉にかかる過剰なストレス
・靭帯や関節包の癒着による拘縮
・骨の圧迫や摩擦による骨増生や軟骨の破壊
・靭帯や腱のストレスによる関節の不安定性
・骨棘や炎症による関節包へのストレスで起こる関節水腫
これらの要因を含む疾患として、変形性股関節症。大腿骨頭壊死。難病等の炎症性疾患。大腿骨頭近位部骨折。特発性大腿骨頭壊死症などがあります。

股関節が原因で歩けなくなる人の多くは変形性股関節症により、歳とともに軟骨が変形することと、変形に伴い関節が不適合になり軟骨が変性・炎症を起こす。
日本では2次性のものが多く臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼が関係ことが多いです。

変形性股関節症の進行は、関節の不適合→荷重分散能力の低下→狭い範囲で負担がかかる→軟骨の摩耗と脱落→炎症→関節液の貯留→軟骨下骨の露出→臼蓋・骨頭の嚢胞形成と硬化像→痛みと筋の緊張増加という流れ。

このように変形性股関節症は様々な反応が起こりながら進行していきます。
普段の体の使い方や不良姿勢などから関節の不適合が炎症を起こし、痛みにより不良姿勢が増し不適合を増加させ悪循環となる。

負担や痛みを増加させないためにはまず痛み不良姿勢の改善や炎症を生じさせないよう生活指導を行うことで進行を防いでいく必要がある。

■歩けなくなるかもしれない!?進行の仕方■

1.前期
運動や歩行後に鼠径部、大腿部に痛みが出現するが休息により軽減する。
考えられる要因・関節の軽度の破壊・不安定性による股関節周囲筋の過緊張。
2.進行期
関節拘縮(関節の制限)・痛みの増強や安静時痛が出現する。
考えられる要因・関節の変形や骨棘の形成・炎症。
3.末期
股関節筋力の減少により跛行が出現する。痛みの増強により独歩で歩けなくなるまたは杖の使用が必要となる。

ここまでくると人工関節への手術が強く勧められることが多く、手術となると病院によっても違うが、1週間から多いのが1~2か月、安定するまでリハビリに数か月かかり、人工関節のため日常生活の活動量の制限が出てくる。

人工関節置換術の手術をしてもいろいろなバランスや感覚も変わるので痛みが変わらない別の痛みがでてしまうなんてこともあります

■股関節を痛める歩き方していませんか?■

ドスンドスン、ガツンガツンと足を付けて歩いていませんか?負担のかかる歩き方は股関節を痛めつけているかもしれません。このような歩き方は正しく筋肉が使えていない可能性もあります。
わざわざ体を痛めつける歩き方をしている人はいないと思いますが知らず知らずのうちに負担をかけていませんか?体の悲鳴が聞こえていますか?

股関節は歩いている時や階段を下りている時、体重の数倍~十数倍の負担がかかると言われています。なので、歩いている時や階段ではなめらかな動きが理想となります、そうすることによって足関節や膝関節、股関節が正常に機能し衝撃の吸収が円滑に行われ関節への負担が少なくなります。歩き方の他に、いつも同じ方へ肩掛けカバンを掛けていたり、片手に荷物を持っていたりしているとさらに負担が増します

■筋力トレーニングやウォーキングで予防できるのか。■

ときに筋トレやウオーキングなどをしていると、現時点で正常に機能していない可能性のある筋肉をそのまま鍛えることにより、さらにバランスを崩す可能性があります。それは身体がゆがんでバランスが乱れている証拠です。サクシタ療法院では、無痛整体でからだのバランスを整え、歪みを取った段階での軽めの運動をお勧めしています。

 

股関節痛の予防とストレッチ

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/28