頭痛 こめかみ・目の奥の痛み

頭痛こめかみ目の痛み

■頭痛からくるこめかみと目の奥の痛み■

頭痛といってもただ頭が痛いだけでは終わらないこともあります。頭痛にも種類があるので、こめかみと目の奥が痛くなるのなら何か病気が隠れている可能性もあります。

頭痛、こめかみ、目の奥が3拍子揃うと何が起きているのでしょうか?

■頭痛、こめかみ、目の奥と3つ揃ったら群発頭痛かも■

 頭痛がする・・・ちょっと横になって休もうという経験はきっとみなさん何度かあるでしょう。疲れなどから頭痛が起きることもあります。では、頭痛と同時にこめかみや目の奥まで痛くなってきたら、それはどんな種類の頭痛になるのでしょうか?
 一番に疑われるのが群発頭痛です。この群発頭痛は他の頭痛と違って激しい痛みがやってきて、しかもそれが長期間続くという特徴があります。

次の日には収まっているというものではないので、群発頭痛とわかったらしばらく付き合っていかないといけなくなります。群発頭痛は一日の中でも痛くなる時間が決まっていて、頭痛と同時に目の奥やこめかみまで痛みを感じるようになります。

特に、群発頭痛を経験した人の多くが、夜中や明け方近くに痛みを感じています。最低2週間~長いと3ヶ月なんてこともあるんです。3ヶ月も続くとなるとこれは仕事にも支障が出てきますよね。

そして、決まった時間に頭痛がやってくると説明しましたが、タバコやアルコールを利用していると決まった時間以外にも痛みはやってきます。なので、群発頭痛が起きている期間は特に、タバコやアルコールには注意しないといけませんね。

■群発頭痛の原因って何?■

 頭痛に目の奥やこめかみの痛みが加わると群発頭痛の可能性があるということですが、原因って何があるのでしょうか?

・タバコやアルコール
・不規則な生活習慣
・動脈の炎症と血管の拡張

 まずは、日頃の生活習慣が大きく関係しています。群発頭痛は特に30代以降の男性を中心に起こりやすい頭痛となっているので、タバコやアルコールが欠かせないという人は群発頭痛になる可能性があります。

今まで普通の頭痛と思っていたのが、実は群発頭痛だったということもあります。自分の頭痛が群発頭痛だったと判明するまでに時間がかかることもあるので、目の奥やこめかみまで痛むようだったら群発頭痛かなと疑ってみるとより早く気づくことができるでしょう。

また、日頃の生活の他には片頭痛と同じように首の奥にある内頚動脈に炎症が起きていたり、血管が拡張していることも考えられます。この時には片頭痛の時に処方される薬を飲むと症状が治まる場合が多いです。

頭痛以外の気になる症状が出てきたら、一度頭痛と向き合う必要がありますね。原因や症状の特徴がわかれば対策もできるので、ひどくなってくるようであったら様子を見ておくことが大事です。

■辛い症状を抑えるためには■

 頭痛から目の奥やこめかみの痛み、いくつも症状が出てくると本当に辛いです。家にいる時ならゆっくりと休めますが、仕事中や乗り物の中、運転しているときなどにいきなりやってきたら焦りますよね。

急に休むことができませんし、周りにも迷惑がかかってしまうと思うと一人で痛みに耐えるしかありません。
そこで、群発頭痛の症状を抑える方法を知っておくと、一時的には少し痛みを和らげることができるのでいいでしょう。まずは、タバコとアルコールを控えるようにします。これは、まず生活の中でもストップすべきことです。

そして、群発頭痛だなと思ったらお風呂に浸かることはやめて、シャワーのみにしましょう。お湯に浸かることで体温が上がり、自律神経のバランスが変わるので群発頭痛を起こしている時には避けるようにしましょう。
あとは、規則正しい生活を送ることも大切ですね。

これは、他の病気にならないためにも大切なことですが、群発頭痛を少しでも早く改善するためにも必要なことです。生活リズムが崩れて、寝る時間などがずれてくると群発頭痛もいつ起きるかわかりませんし、体にさまざまな不調も出てくるようになります。

群発頭痛の辛い症状を抑えるためだけでなく、日頃の健康管理も意識することが重要ですね。

■整体ではどんな施術ができる?■

 頭痛が辛いから病院ではなく整体で改善できないかと考える人もいるでしょう。病院にかかって薬を飲むよりは整体で体の状態を見てもらう方がいいですよね。

整体では頭痛に目の奥とこめかみまで痛くなってくると群発頭痛以外に目の疲れから来ていると考えることもあります。
目の疲れから来ている頭痛であれば、その原因は頭蓋骨の中央にある蝶形骨が歪んでいると考えます。

蝶形骨は目に関する神経や血管がたくさん集中しているところでもあるので、ここがゆがんでいると分かり施術をしていくと気になる症状が緩和されることがあります。
ただし、頭痛や目の奥、こめかみの痛みは人によって原因や症状が違うので、全員にこの施術が合うかどうかはわかりません。その人の症状をしっかりとヒアリングしながら、施術をしていくのが整体でもあります。

 辛い頭痛はその他の症状ももたらし生活に影響を与えるので、過信せずに向き合っていくことが大切です。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22