むち打ち・首の痛み

 

むち打ち首の痛み

 

■なぜ、むちうち事故で首が痛くなるの?■

むち打ちは、追突事故などで首がムチのしなるような動きをすることによって起こる症状の一般的な呼び方です。正式な病名としては、頸椎捻挫や外傷性頸部症候群などと言います。

まずは、根本的な仕組みから。なぜ、むちうち事故で首が痛くなるのでしょうか?衝突事故でむち打ちになる場合が多いですが、この衝突にも大小があります。ちょっとした軽い衝撃もあれば、大きな衝撃の場合もあります。しかし、ちょっとした軽い衝撃であっても受ける負担は大きいく、むち打ちになることがあります。なぜなら、不意をつかれての衝撃になるからです。予期していない時に急にやってくると、何にしてもびっくりしますよね。むちうちの場合は車同士がぶつかるパターンが多いので、その分体に響くダメージもあるということになるんです。

また、シートベルトは運転中に義務づけられていることですが、このシートベルトによって首は大きく負担を受けることになります。シートベルトで体はしっかり固定されていても、首から頭は固定されていません。この時にむちうちになると首と頭だけが前後に衝撃を受けることになるんです。

無痛療法の視点では、これらの強い衝撃でからだが大きくゆがむとみます。とくに首、肩、肩甲骨まわりのゆがみはひどいものです。
このゆがみから、首の靭帯や筋肉、頚椎がダメージをうけ、血管や神経などに異常な圧迫がおこると考えます。ここから、首に痛みを感じるようになると捉えています。

■首の痛みは放置せずに■

事故により生じる首の痛みはこれぐらいなら。。。と放置していると、悪化させてしまうだけです。レントゲンをとっても異常はない、病院でみてもらっても特に何も言われない、痛み止めの薬を出してもらうだけという場合もあります。それでも、何年も良くならないというケースも多いんです。それを放置したままにしても改善しません。

 

■首の痛みと無痛療法■

むちうちを体験した人の約8割が後に悩まされると言われている首の痛みですが、無痛療法の施術を受けに来る方は多いです。
事故からくるむち打ち症は、体験した人にしかわからない苦痛があります。その苦痛を和らげるために、サクシタ療法院では無痛療法により、からだ全体のゆがみを整えます。これにより頚椎のゆがみも修正されます。そして、自律神経のバランスが調整されます。つぎに特殊な施術で首の痛みを緩和していきます。まずは、サクシタ療法院で、自分の抱えているむち打ちの悩みをお話しください。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/29