むち打ち後遺症・頭痛

 

むち打ち頭痛

■むち打ちの後遺症の1つである頭痛について■

むち打ちといえば、交通事故の場合に起きやすい症状となっています。
車同士が当たった衝撃というのは、シートベルトをしていても首や肩に直接の影響があります。さらに、頭にも近いことから、頭痛という後遺症が残るケースもあります。

■気になる頭痛の正体とは?■

むち打ちによる頭痛については、ほとんどが緊張型頭痛と言われています。むち打ちというのは一瞬のものですが、結構な力がその瞬間にかかることになります。
交通事故の衝撃により、脊椎がずれたり、血液の循環が悪くなります。さらに、疲労も溜まっていくことになるので、より筋肉も緊張し、それが神経系を圧迫、その結果頭痛という症状が出てくると考えられます。

■頭痛は精神的にも辛い症状■

頭痛は頭がただズキズキと痛むだけのように感じますが、決してそれだけではありません。頭が痛むということが精神的にもストレスになってしまっていることが多いんです。行動を起こそうとしたときや、何かしている時に頭痛が急にやってくることがあります。
そして、しばらく頭がズキズキと痛みます。これを繰り返していては、生活や仕事にも支障が出てきますよね。
そこで、このように頭痛は身体面だけではなく精神的にも大きなダメージを与えているということを覚えておきましょう。

たかが頭痛と放置していては、ずっと苦しむことになってしまいます。事故が起きてしばらくしてからやってきた頭痛なら、事故の後遺症かもと疑ってみることは大事です。早めに対処することで、辛い頭痛から開放されるようになります。

■むち打ちの後遺症は頭痛以外にどんなものがあるの?■

むち打ちの後遺症の中でも頭痛に焦点を当てて解説をしていますが、頭痛以外にもむちうちの後遺症と言われている症状はあるのでしょうか?人それぞれどんな症状が出てくるかは個人差がありますが、以下に示すような症状があると報告されています。
・吐き気
・不眠、疲労感
・決まった時間帯に体の不調を感じるようになる

一部を紹介すると、このような感じになっています。

調子が良くても天気などに左右されて体の調子が悪くなるといったようにいきなりむちうちの後遺症はやってくるんです。
大したことのない事故で怪我がなかっただけよかったと思っていても、後からこのように後遺症となって出てくることもあるので、頭痛以外の症状にも注意しておきましょう。
頭痛だけも辛いですが、他の症状と一緒に出てきてもさらに辛くなってしまいます。

■後遺症である頭痛に無痛整体■

むちうちの後遺症の1つである頭痛、なんとかして改善していきたいと思っている人も多いでしょう。しかし、病院ではレントゲン検査などをしても、なかなかその原因を発見することが難しいと言われています。そして、なんとなく治療に通いながら、むちうちの後遺症に悩み続けるかたも多いようです。そこで、サクシタ療法院では、むち打ちをからだのゆがみと捉えて、その視点からの対応をしています。むち打ちの方は、とくに首、肩、肩甲骨まわりのゆがみが強いようです。それに対して、無痛整体で関連する筋肉のバランスを調整して、ゆがみを整えることにより、頚椎やそれに付随する神経、血管の圧迫が解放され、もとの形にもどっていくのです。結果、頭痛にも良い変化をもたらします。

むちうちの後遺症は1つに留まりません。ひどい人はいくつも症状を感じる場合があります。その中の1つである頭痛も無いにこしたことはありません。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/21