頸肩腕症候群

頸肩腕症候群

■肩こりや頭や腕の痛みに悩んでいませんか?■

内臓や脳の大きな病気の前兆かもしれません。

現代人は肩こりや頭や腕などの痛みを訴える方が多くいますが、効果が高いいい施術を受けられていないから、肩や頭や腕が痛かったり異常があっても、そのままに放置されているケースが目立ちます。
ひどい方になったら何年も場合によっては何十年もの間、痛みや違和感を感じながらも何も施術ができない状態になっています。

肩や頭や腕が痛いときには、病気やけがをしていて痛いことがあります。
内臓の病気のガンなどにかかっても、全く関係ない部分の肩や腕や頭や腰が痛むことはあるからです。
脳梗塞や脳内出血などの脳の大きな病気の異常の前兆で、頭が激しく痛むこともありますから、長年肩や頭や腰が痛い方は内臓や脳の病気にかかった危険性も考えて、専門的な病院で検査をうけてもいいかもしれません。

■「頸肩腕症候群」にかかってしまったかも…■

頭や肩や腕の痛みを訴える患者さんの中には、内臓や脳の検査をしても全く異常がない方もいます。
内科の検査をしても、血液検査をしてもどこにも異常がないのです。
原因がはっきりしないのに、肩や頭や腕が痛い異常があった時には、「頸肩腕症候群」になっていることが考えられます。

「頸肩腕症候群」はいくつかの症状の総称ですから、これから施術や対策を始めていくためには、自分がどの症状なのかはっきり見極めなくてはならないのです。

「頸肩腕症候群」になってしまう時には、変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)(「変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)」)、頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア、頸椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこつかしょう)(「頸椎後縦靱帯骨化症」)、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)(「胸郭出口症候群」)などのいくつかの症状が考えられます。

これらの症状は1人1人の患者さんによって、どこの部分がどの程度痛いのかなどの症状が全く違ってきますから、自分がどこの部分がおかしいのかを考えながら、「頸肩腕症候群」の症状の診断をつけたいですね。

■「頸肩腕症候群」は、どんな症状がでるのですか?■

変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)(「変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)」)、頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア、頸椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこつかしょう)(「頸椎後縦靱帯骨化症」)、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)(「胸郭出口症候群」)などの「頸肩腕症候群」になってしまう時には、どんな症状がでてくるのでしょうか?

その患者さんによってどんな異常を感じるのかは違ってきますが、初めから痛みがおこる方はまれで、
「初めは、おかしいな?」
と思うくらいの軽い違和感です。
頭や肩や腕が動きにくかったり、使いにくい症状がでますし、やがて症状が進行したら、痛みが出てきます。
痛みを放置していたらさらにしびれやだるさ、倦怠感、力が抜ける感じ、脱力感になったりしますし、患部が熱くなったり冷たく感じる「熱感や冷感」をおこすこともあります

どんどん「頸肩腕症候群」の症状が進行したら、患部の正常な感覚がなくなったり、筋肉が使えなくなったり、物がつかめなくなったりといった、日常生活にも重大な悪影響が出てきますので、「頸肩腕症候群」も軽く考えないで、自分の症状と向き合っていかなかったらならないです。

■どうして、「頸肩腕症候群」になってしまうのですか?■

打撲による外傷やむち打ち症の後遺症などのけがはないですか?

どうして「頸肩腕症候群」になってしまうのでしょうか?
「頸肩腕症候群」はいくつかの症状の総称ですから、その患者さんによって、どうして「頸肩腕症候群」になったのかの原因も多方面にわたっています。
背骨や頸椎椎間板の異常や頭や首や肩や腕の周辺筋肉の疲労状態が主な原因で考えられます。
打撲による外傷やむち打ち症の後遺症などのけがからも、「頸肩腕症候群」になるのです。
「頸肩腕症候群」にかかった原因に気がついて正しい施術をやったら、「頸肩腕症候群」の症状も軽減していきます。

■けがをしていないのに「頸肩腕症候群」になってしまうことも…■

特別に大きなけがをしていないのに、「頸肩腕症候群」になってしまう方がいますが、これは主に長い時間同じ姿勢で同じ作業をしたことからおこります。
デスクワークを1日中している方が、「頸肩腕症候群」になってしまうことがよくあるのです。

最近では、デスクワークではパソコンや携帯電話を使いますから、1日中座ったままで、パソコンを使ったら、肩や頭や腕や腰…には大きな負担がかかってきます。

デスクワークを原因にして「頸肩腕症候群」になってしまう患者さんが全体の患者さんの半数以上はいます。

■たまには、ストレッチをして体をほぐしましょう!■

毎日同じ姿勢でデスクワークをしていたら、意識的に体を動かしたりほぐしたりしたらいいでしょう。
1時間に1回は立ち上がって、頭や肩や腕を伸ばしたり、軽く歩いたりしましょう。
ストレッチ運動を行うことも「頸肩腕症候群」の予防や対策には効果が高いいい方法ですから、同じ姿勢のままで、同じ筋肉や神経を酷使していることは、体には最悪のことになってしまいます。

■「肋間神経痛」の1番の原因は、老化現象です。■

肋間神経痛にかかってしまう方の原因で1番多いのは老化現象で、肋間神経痛は若い方でも患者さんはいますが、多くの患者さんは50代以降の中高年です
年齢がすすんでいったら、すすんだ分だけ、かかってしまう患者さんも増えていきます。

1番の肋間神経痛の原因は加齢現象になりますから、あなたも自分が50代以降になった時には、肋間神経痛になることがよくありますから、身体には注意が必要です。

■「頸肩腕症候群」になった時には、どんな施術がいいのでしょうか?■

「頸肩腕症候群」の根本的な原因の施術が1番大事です!

「頸肩腕症候群」になった時には、どんな施術を行ったらいいのでしょうか?
変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)(「変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)」)、頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア、頸椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこつかしょう)(「頸椎後縦靱帯骨化症」)、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)(「胸郭出口症候群」)などの原因がはっきりしている時には、まずはその症状やけがの施術をやることが1番大事なことです。

■生活習慣を見直してみましょう!■

その他の原因から「頸肩腕症候群」になったら、生活習慣を見直してみましょう。
「頸肩腕症候群」の患者さんは多くの場合には運動不足になっていますので、軽い運動を生活の中でやっていくと、「頸肩腕症候群」の予防や解消には効果が高いです。

ハードな運動ではなくて、ウォーキングやスイミングやサイクリングやダンス…などの日常生活の中でも楽しみながらできる軽い運動がいいですね。
ウォーキングやスイミングやサイクリングやダンスは有酸素運動ですから、お金や時間をかけなくてもやる気になったら今からでもできます。
生活の中で、ウォーキングやスイミングやサイクリングやダンスを「頸肩腕症候群」の予防や施術として始めていきましょう!

■病院の整形外科や形成外科で、本気で「頸肩腕症候群」の施術をしましょう。■

『本気で「頸肩腕症候群」の施術をしよう!』
と思ったら、病院の整形外科や形成外科にかかる方法もあります。
「頸肩腕症候群」で病院の整形外科や形成外科にかかると、専門的な医者が外科的な観点から、「頸肩腕症候群」の施術をやってくれます。
痛みがひどかったり、しびれてきたり、手や肩や腕が使いにくくなったりといった日常生活にも悪影響が出た時には、病院の整形外科や形成外科にかかることをおすすめします

なかなか痛みが変化しなかったら無痛整体をお試しを!

サクシタ療法院では体の歪みから「頸肩腕症候群」の施術をしていきます。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22