首ヘルニア・枕

 

首のヘルニア枕にも注意

■首のヘルニアは枕にも注意しよう■

首のヘルニア、発症した時点で適切な対処をしていかないと長引くこともあるので注意が必要です。特に、枕には注意したいところです。枕はとても大事と言われますが、首のヘルニアの場合には特に枕にはこだわっていきましょう。

■なぜ枕に注意しないといけないの?■

首のヘルニアの場合、枕には気をつけようと言いますがなぜ注意しないといけないのでしょうか?それは、首のヘルニアが重症化した場合、眠っているときでさえ痛みを感じるようになるからです。これで、枕が合わないとなるとさらなる痛みがやってきてしっかりと眠ることができなくなってしまいます。そうなると、疲れも取ることができませんよね。

ただ、枕に注意しないといけないのは確かですが、首のヘルニアについては出てくる症状にも個人差があるため一概にこういった枕がおすすめですとは言い切ることができません。次の項目で、枕について詳しく説明していきましょう。

■どんな枕がいいかは個人差がある■

首のヘルニアを悪化させずにしっかり睡眠を取れるような枕はこれ!というものは存在しません。これは、症状にも個人差があるからなんです。実際には柔らかい枕の方が楽だという人もいれば、硬い方がいいという人もいます。

正反対のようですが、その人には合っている枕ということになるんです。
また、枕の高さについては仰向けで寝ていると楽だけれど、横向きになった瞬間痛みが走るというケースもあります。同じ枕でも体勢によって全然違うということになりますね。

いつも快適に眠れていても、急に枕が合わなくなったり、疲れが取れにくくなったりということも考えられます。合うと思って使っている枕が急に合わなくなり、首のヘルニアがひどくなるということもありうるんです。

ここから見ると、首のヘルニアにいい枕が欲しいと思っても個人差があるので一概にこの枕がいいですよと言うことができないんです。

■枕そのものよりもタオルを活用してみよう■

枕は種類もブランドも豊富に存在しますが、一度購入したらその高さはそれ以上調整はできないと思います。使い込んでちょっとくたびれてくるくらいでしょう。そこで、首のヘルニアで枕が合うのが見つからないというときには、タオルを枕として活用してみましょう。

フェイスタオルのサイズがあれば自分でくるくると巻いて枕のようにできます。これで高さを調節してみましょう。タオルであればいつでも洗濯ができますし、便利ですよね。眠っている間の汗も毎日タオルを洗うことでスッキリするでしょう。

また、バスタオル1枚を使って自分が楽だと思う高さに合わせてみるのもいいでしょう。枕用のバスタオルを用意しておくと、臨機応変に使いまわすことができるでしょう。

■薄いクッションも便利■

バスタオルで枕を作る方法も家にあるものでできるので便利ですが、ホームセンターなどで1000円以内で売っている薄いクッションもおすすめです。1つが薄ければ自分の楽な状態にまで重ねて利用できます。沈みすぎず、硬すぎずといったちょうどよい質のクッションを選んでみましょう。クッションもカバーをつけておけば洗いたいときに洗濯ができるので、いつでも清潔な状態で布団に置くことができるでしょう。
ただし、購入して家に持って帰って使ってみないことにはそのクッションが合うかどうかわからないので、もしも合わなかった場合はタオルで調整したりもできると思います。それでも合わない場合は別の使い道もあると思うので、買ってみて無駄はないでしょう。

 

■首のゆがみを整えましょう■

しかし、あらゆる手をつくしても枕が合わないときがあります。それは、からだのバランスが崩れ、首のゆがみがより一層ひどくなっているのです。そのときはサクシタ療法院の無痛療法です。からだのバランスを整えます。そして、首のゆがみがを修正されます。すると枕が合うようになります。それが良質な睡眠に繋がります。もとの健康な生活に向かいます。安心してください。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/30