首ヘルニアの症状

 

首ヘルニアの症状

■首のヘルニア 症状は一体どんなもの?■

ヘルニアはできる部位もそれぞれで出てくる症状にも個人差がありますが、ひどくなると辛い日が続きます。では、ヘルニアの中でも首の場合、どのような症状が出てくるのでしょうか?

■首のヘルニア 症状とは?■

首のヘルニアはつまりは正式名称でいうと、頚椎椎間板ヘルニアになります。首の骨や軟骨に異常が出てくるものになります。首のヘルニアといっても首のあたりにのみ症状が出てくるわけではありません。首以外の部位にも症状が出てくることがあるのです。
首や肩部分での症状としては、首痛、背中の痛みなどが挙げられます。

これは頚椎の後ろ側にある椎間関節の動きが鈍くなったり変形してしまっているために、起きてくると言われています。また、腕や手にも症状が及ぶケースもあります。7つある頚椎の中の4番目以下の神経根に障害が起きると手や腕にしびれや痛み、むくみといった症状があらわれてきます。
その他にも頭部や顔にも症状は出てきます。

めまいがしたり耳鳴り、頭痛、目の疲れ、めまいなどを感じるようになります。また、下半身としては足が突っ張ったようになったり、尿に関するトラブルが起きることもあります。

このように、首のヘルニアといっても症状は全身に及ぶんですね。人それぞれどんな症状がどこに出てくるかは異なってきますが、早めに首のヘルニアと分かれば治療しましょう。悪化すると生活がままならなくなってしまいます。

■首のヘルニア、原因は何?■

全身にまで症状が起きうる首のヘルニアですが、原因って一体何なのでしょうか?首には7つの頚椎がつながって出来上がっています。その頚椎をつないでいる間には椎間板というものが挟まっていて、これが頚椎にかかる負担を減らすクッション的な存在になっています。
首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)になると、椎間板が傷んでしまっていることでなります。

ヘルニアという言葉の意味もよく聞いたり言うだけであまり知られていないかもしれませんが、これは元ある場所から抜け出てくるという意味です。つまり、首のヘルニアについては椎間板が傷んだために飛び出てきているということになります。飛び出てきた椎間板は神経にもぶつかってしまいます。ここで神経が圧迫されたり刺激を受けることで、全身のいろんなところに不調を感じるようになるんです。

椎間板が傷むのは老化現象によると言われてます。 頚椎と頚椎との間にある椎間板はクッションの役割をしています。ということは常に圧力負荷がかかっています。ですから体の組織の中でも最も早く老化するとされます。

そのため、古いゴムタイヤのように劣化が進んで外側が亀裂を起こし、中にある髄核が飛び出でて(これをヘルニアという)神経を圧迫して、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。

このように椎間板という部分がカギになってくることがわかりますね。首のヘルニアは首や肩に症状が出る以外に、他の部位にも痛みやしびれ、筋力の低下をもたらすので早めの対策が重要になってきます。

■首のヘルニア、どのように対処していけばいい?■

首のヘルニアの原因や症状がわかったところで、実際にはどのように対処していけばいいのでしょうか?

まずは、病院で薬をもらってすぐに治るというものではないことを理解しておきましょう。病院ではレントゲンを撮ったり、症状を聞いたりして医師に診察をしてもらいます。そこではじめて、首のヘルニアであるということが明らかになるケースが多いです。

その後、どんな流れで対処していくのかというと、上肢への痛みがおもなものでは、いわゆる保存的療法と呼ばれる治療法を行うことを原則です。内容は頚椎牽引療法、頚部カラー固定、頚部のマッサージなどといくつかの理学療法になります。それが効果がなく悪化すると手術になります。その時に症状からみてどの方法が一番いいか決めていきます。

これに対してサクシタ療法院では、頚椎ヘルニアはからだのゆがみがひどくなったからだと考えます。患部の椎間板のみに問題があるのではなく、体全体のゆがみの負荷が椎間板に影響したのです。

とくに首、肩、肩甲骨まわりのゆがみが一段と強いようです。それに対して、関連する筋肉のバランスを調整して、ゆがみを整えることにより、頚椎やそれに付随する神経、血管の圧迫が解放されます。その結果、ヘルニアの症状が緩和します。

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/28