捻挫の後遺症

捻挫後遺症

■毎日の生活では、思わぬケガをしてしまいます。■

毎日の生活の中では、思いもかけないケガをしてしまうこともあるでしょう。
比較的、よくおきてしまうのは捻挫で、捻挫は歩いている時、走っている時、立った時、踏ん張った時…どんな動作をした時にもおこってしまいます。
捻挫は足首が何かの拍子に異常をきたしてしまう症状で、各種の筋肉や腱や神経の異常の中でも、1番よくおこる症状と言ってもいいかもしれません。

捻挫は自分でもなったことに気がつかない軽症の段階から、痛くて歩けなくなったり立てなくなったりする重症まで症状が大きく違ってきます。
「捻挫したかな?」
と思ったものの、「実は、骨が折れていた!」ということもよくあることです。

日本人は捻挫のことを簡単に考えてしまう方もいますが、捻挫はあなたが思う以上に厄介な症状になる危険もあるので、捻挫しないように注意をしてくださいね。

■捻挫は、みんなが起こしてしまう危険性が…■

捻挫は若いお子様から、主婦、サラリーマン、OLさん、中年、高齢者さまざまな年齢層がおこしますし、男性でも女性でも同じように捻挫しますから、みんなに関係がある危険な症状なのです。
もしかしたら、今までの過去の人生の中で、
「捻挫した経験があります!」

という方は、案外とたくさんいるのではないでしょうか?

■捻挫は、すぐに正しい施術を受けることが大事です!■

捻挫にもしもなってしまったら、すぐに正しい施術を受けることが大事です。
捻挫になった時にすぐに正しい施術を受けたら、あなたの患部は重症にはならないで軽症ですむでしょう。

しかしながら、たいていの方は捻挫したな…。と思っても、そのままにして医者に行かないことが目立ちます。
捻挫した時にすぐに正しい施術をやらなかったら、患部の異常は大きくなっていきます。
患部が腫れたり、熱を持ったり、痛みがひどくなっていきますので、

捻挫の施術で大事なことは、捻挫したな!と思った時には放置しないで、すぐに正しい施術を始めていくことです。

■捻挫も早期発見・早期施術が1番大事です!■

捻挫を正しい時期に正しい施術をやらなかったら、捻挫の後遺症になってしまうのです。
どんな病気でも怪我でもよくしたい!と思う時には1番大事なことは、早期発見・早期施術です。

捻挫した時にも患部を放置しないで、早期発見・早期施術をやっていきましょう。

■捻挫をしたのに、正しい施術をやらなかったら…■

捻挫をしたのに、正しい施術をすぐにやらなかったらどうなるのでしょうか?
捻挫をしたことに気がつかなかったら、どうなってしまうのでしょうか?
捻挫の施術をすぐにやっていかなかったら、患部は悪化してひどくなったら、ねんざの後遺症から亀裂骨折などをおこしてしまうこともあります。

さらに恐ろしいのは、捻挫の後遺症で曲がった状態で骨や筋肉を放置していたら、間違った形で骨や筋肉が固定されてしまいますし、そうなったら、捻挫の後遺症の症状はさらに深刻になってしまうでしょう。
ねんざをした時には、自分が捻挫をしたことに気がついて、正しい施術をやっていかなくてはならないです。

実際には、捻挫をした時に正しい施術をしなくて、捻挫の後遺症を引き起こしてしまう方はたくさんいます。

ひどい方になったら何年間も、またさらにひどくなったら10年間以上も捻挫の患部の痛みや違和感や動きにくさなどと戦っていかなくてはならないハメになってしまうのです。

■捻挫の後遺症が残ってしまったら…■

捻挫の後遺症になって、痛みや腫れや違和感や熱感の症状がおこった時には、どうしたらいいのでしょうか?
その時には、いくつかの施術の方法があります。

1番初めに思いつくのは、病院の整形外科や形成外科に行く方法で、病院の整形外科や形成外科に行く方法では外科的な施術をやってくれます。
捻挫の後遺症になったら、多くの場合には骨がおかしな形でくっついてしまっていますから、それを手術でよくしていくのです。

けれども、残念なのは、例え、病院の整形外科や形成外科に行く方法で手術をしても、患部がきれいになるかどうかは分からないのです。
長年、おかしな形で放置していた骨は1回の手術で元のようにはならないことがあります。
捻挫の後遺症にならないように、初めから骨がおかしな形でくっつかないような処置をしていかなくてはならないでしょう。

また、捻挫の後遺症の手術では、1回の手術では改善できなかったから、何回も手術をしなくてはならないかもしれません。

それに、手術をしても、痛みや腫れや熱感や違和感や動きにくさがとれないかもしれません。
「捻挫の後遺症があっても手術を受けたら、痛みや違和感から解放される!」

と思うのは正しくないのです。

■整体施術に行ってみませんか?■

では、もしもあなたが病院の整形外科や形成外科で捻挫の後遺症の手術をしたのに、症状が改善されなかった時には、どうしたらいいのでしょうか?
手術をしたのに、症状が改善されなかった時には、他の選択肢を考えましょう。
病院の整形外科や形成外科に行く以外の選択肢では、整体施術に行く方法があるのです。

整体施術に行ったら、あなたの体に負担のない優しい方法で、捻挫の後遺症を施術してくれるでしょう。

■「サクシタ療法院」の整体は?■

「捻挫の後遺症が気になるから、整体施術をうけてみたいけれども、どこでどんな方法でやったらいいのですか?」

「サクシタ療法院」では、あなたが捻挫の後遺症のお悩みがあった時にも、丁寧に話を聞きながら、あなたにあった施術を施術させていただきます。捻挫の後遺症も徐々に良くなっていきます。
「捻挫の後遺症に悩んでいて、どうにかしたいのです!」
と悩まれている方がいましたら、身体に負担のない正しい方法で捻挫の後遺症の施術をされるのがおすすめです。

きっと、お悩みだった捻挫の後遺症の症状も軽くすることができるはずです。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22