妊娠中と産後の坐骨神経痛について


妊娠と坐骨神経痛の関係

赤ちゃんの成長と共にお腹が少しずつ大きくなり、それによって、背骨や骨盤が圧迫され、坐骨神経痛の症状が出やすくなります。そして、出産が近くなると、その準備段階として、赤ちゃんが通る産道を確保する為に、本来はまったく動かない“恥骨結合”(ちこつけつごう)・”仙腸関節”(せんちょうかんせつ)という骨盤が緩みます。

“骨盤が緩む”ということは、”動く”ということです。この時、骨盤が動いたことで坐骨神経が圧迫され、腰痛・脚の痺れなどの坐骨神経痛の症状が出ます。それだけでなく、骨盤が動いたことで体全体のバランスが崩れ、下半身の痛みや痺れだけでなく、肩や首のコリなど、上半身にも異常が起こります。

また、お腹が大きくなることで重心が下がり、坐骨が圧迫され、それによって坐骨神経痛を発症することもあります。

薬に頼るのは厳禁です

妊婦さんの坐骨神経痛に対して、「痛みが酷いから」と、痛み止めなどの薬を飲むのはあまりお勧め出来ません。

何故かというと、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性も否定出来ないからです。その為にも、妊婦さんは常日頃、坐骨神経痛のような症状にならないよう、心掛けておく必要があります。

坐骨神経痛にならないための予防法

坐骨神経痛を引き起こさない予防法として、腰から太ももの筋肉の緊張を解き、強くする方法があります。もちろん、発症してからでも、筋肉を鍛えることによって、痛みを改善することは可能です。

産後の坐骨神経痛

出産が近くなると、産道確保の為に骨盤が緩み、骨盤の間を赤ちゃんが通ることによって、更に強く大きな負荷がかかります。

通常、骨盤の緩みは出産後数ヶ月を経て元に戻りますが、その間に激しく動いたり、重たい物を持ち上げたりすると、緩いままになってしまう人がいるのです。

骨盤が歪んだ状態で固定されてしまうと、腰痛だけでなく、肩こりや頭痛など、身体全体に異変が起こります。そうなる前に、早い対応をお勧めします。自分も元気に生活することが、元気な赤ちゃんを育てる為に大事なことなのです。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/29