副鼻腔炎

 

副鼻腔炎

■鼻の異常はありませんか?■

初めは、かぜのような症状でサラサラとした鼻水だったのが、だんだんと臭いドロリとした黄色や緑の鼻水になった経験はありませんか?さらにこの鼻水がのどにおちるようになり、痰がからむようになったことはありませんか?それは副鼻腔炎かもしれません。

副鼻腔炎にはどんな症状やタイプがあるのでしょうか?
副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎に分かれてきます。

急性副鼻腔炎は風邪をひいたときに、風邪のウイルス感染のあとに続く細菌感染が原因のことがほとんどです。鼻の中が炎症をおこしてくしゃみや鼻水が出てくる症状です。いわば鼻風邪をひいた状態ですから、たいていの方は過去に1度は急性副鼻腔炎の鼻の症状を経験しています。元々アレルギー性鼻炎の方が風邪をひくと急性副鼻腔炎になることがあります。

もう1つのタイプは症状が急にはよくならない慢性副鼻腔炎です。
近年では、慢性副鼻腔炎の症状に悩む方が増えています。慢性副鼻腔炎はいわゆる蓄膿症です。慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎が慢性化して移行することが多いようです。副鼻腔炎の症状が2~3か月以上続いた場合は慢性副鼻腔炎に注意です。

炎症が長く続くことにより、副鼻腔の粘膜が腫れたり、副鼻腔の空洞に膿がたまります。中には鼻茸(はなたけ=鼻ポリープ)ができることもあります。
蓄膿症はくしゃみが出たり鼻水が出るのと同時に、鼻の中に膿がたまってきまして、膿のせいで、息が苦しくなったり呼吸ができにくくなったりします。
その他にも、鼻の中に年中膿があるので臭いにおいを発するのです。

蓄膿症になったら、自分でも膿の臭いにおいや呼吸ができなくなるので不快なのですが、他人にも膿のせいで、臭いにおいをさせてしまうことも考えられます。
口臭や鼻水やくしゃみに臭いが出てくるのですが、膿が混じったものなのでその悪臭はかなりひどいです。

 

■副鼻腔炎の不快な症状には、どんなものがあるのですか?■

副鼻腔炎の各種の症状になったら、広く知られているのは鼻水・鼻づまりなどですがそのほかにも不快な症状は出てきます。
鼻の奥が炎症をおこして狭くなりますから、息ができなくなったり、鼻の奥が痛くなってくる症状が出るのです。
重症になったら、鼻とはまったく関係ない箇所なのに、頭痛や肩こり顔面の痛みになることも考えられます。
鼻の奥に膿がたまってきますから、口臭や体臭などのにおいの問題にもなります。

副鼻腔炎の方がよく訴える症状は、
「副鼻腔炎になったら、落ち着かなくなって集中力がなくなった!」
という意見です。

年中鼻がつまっていて呼吸も苦しくて、頭が痛くなったり、顔面が痛くなったら、落ち着いて何かをやっていくことはできません。

鼻水が垂れてきたり、鼻がつまっていたら、下を向きにくくもなるので、学校の勉強や家事や育児や仕事をしている時に邪魔になってきます。

また、匂いがわかりずらくなる嗅覚低下や、鼻水がのどに落ちてくる後鼻漏などの症状もあります。

鼻が異常になって副鼻腔炎になった時には、放置しないで治療しましょう。

そのままだったら、鼻の奥の膿や息苦しさが加速していきます。

■耳鼻咽喉科の受診■

まずは耳鼻咽喉科を受診して、あなたの症状にあった治療をうけます。

急性の副鼻腔炎だったら、風邪の症状が治ったら同時に症状も緩和していきます。確実な治療をしなくてはならないのは、慢性副鼻腔炎になった時です。
慢性副鼻腔炎になった時には鼻の奥で何が起こっているのか、まずは検査が必要です。

耳鼻咽喉科でCTやMRIやレントゲンなどを駆使して、あなたの鼻の奥がどんな症状になっているのか確認します。

現在の正確な副鼻腔炎の症状が分かったら、そこから症状にあった正しい治療がはじまります。

■手術療法を行うことも…■

副鼻腔炎で重症の方は、手術療法を受けることもあります。
現在では、内視鏡で手術もできますから、長い手術の時間をかけないでも手術を終えられます。

蓄膿症や鼻茸(鼻ポリープ)などのお客様は手術を行って、鼻の奥にある出来物や膿などを取り除いてしまうのです。

■通常の治療法■

手術療法以外だったら、

ネブライザー療法は、ネブライザーと呼ばれている機械で、炎症が起きている部分に霧状の鼻の炎症を抑える薬を吹き付ける治療の方法。吸入です。耳鼻科にいくとこれをやったことがある人も多いと思います。

ヤミック療法。ヤミックカテーテルを挿入して膿を除いてきれいにしてから、薬を注入するという治療の方法。

プレッツ置換法では、膿が固まった状態だと、簡単には取り除くことができないので、薬を注入して専用の器具を使って膿を取り除きます。

 

これ以外に荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)などの漢方薬を、その人の症に合わせて利用する場合があります。

 

■副鼻腔炎の改善は簡単ではありません。■

残念ながら、副鼻腔炎の方の中には症状が慢性化していて、いま一つ症状がよくならない方もいます。
つらい副鼻腔炎の症状の治療をやってもよくならなかったり、鼻がすっきりしなかったら、日常生活でも不便ですしつらいですよね。

■体の歪みと副鼻腔炎■

サクシタ療法院では、副鼻腔炎も身体の歪みが関わっていると考えます。

特に副鼻腔炎の方は、顔と頭の骨が歪んでいます。この歪みを整えると症状が楽になる場合があります。

身体全体の歪みも整えますので、自律神経が調整され免疫力も高くなるんです

しかし、たった一回やったからと言って、すぐに副鼻腔炎の改善効果が出てくれるものではありません。何回か通って体のゆがみが修正されたら、あなたの副鼻腔炎の症状の軽減の可能性があります。

無痛療法の効果から、鼻がすっきりしてきたら集中力もつきますし、何かをやっていくのにも意欲的になれます。

あなたも早めに施術をうけて、長年つらかった鼻をすっきり快適な状態にしたいものですね。

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/24