梨状筋症候群・臀部の痛みやしびれ

 

腰痛臀部の痛みしびれ

■臀部に痛みやしびれが■

腰痛といっても様々です。ときに臀部から足に向かってまで痛みやしびれが出てくることがあります。

よく坐骨神経痛などと呼ばれています。

そこで、臀部と坐骨神経痛の関係について考えていきましょう。

■なぜ臀部におきるのか?■

坐骨神経は、骨盤からでて足先へ向う長い神経です。骨盤から出るところは、梨状筋はという臀部の深い所にある筋肉の下を通ります。梨状筋は骨盤の中央にある仙骨という逆三角形の骨から、太ももの骨である大腿骨に付着しています。股関節を支えている筋肉です。梨状筋はふだんは柔軟です。しかし、何らかの負担がかかって硬く緊張すると、坐骨神経を圧迫して臀部から足にかけて痛みを起こしたり、しびれがでます。このような症状を梨状筋症候群と呼んでます。そして、これが坐骨神経痛を引き起こす要因のひとつとして知られています。梨状筋が硬くなる原因としては、日常生活やスポーツなどで過度な負担がかかる。股関節の異常による。加齢によるなど様々です。しかし、はっきりとした原因がわからないことも多々あります。

神経痛の中でもよく知られている坐骨神経痛ですが、発症すると生活を送る中でも不便に感じることが増えてきます。足が思うように動かなかったり、腰が痛くてものを持ち上げたり、重いものを持つのが困難になってくるなどの支障が出てきます。

そして、坐骨神経痛は一度なるとしばらく付き合っていかないといけない症状でもあります。
坐骨神経痛の可能性が出てきたらこんなことに注意してみましょう。

・冷えを予防する
冷えは本当に体によくありません。冷えを取り去るだけでも体の不調は改善される場合が多いです。臀部の痛みが出てきたら腰や下半身が冷えているということになるので、この部分を中心に冷えを取っていくようにしましょう。靴下を履くようにしたり、湯船に浸かる習慣を心がけてみましょう。

・正しい姿勢を心がける
姿勢はとても大事ですが、臀部が痛む時にも正しい姿勢を保つようにしないといけません。特に坐骨神経痛の可能性が出てくると正しい姿勢をしたおかないと腰に負担がかかってくるので悪化させてしまいます。

正座が一番いいとされていますが、長時間おこなうのも辛いという人はいると思うので、あぐらをかくなどもおすすめです。

 

■無痛療法では臀部の筋肉のバランスをとる■

自分ではどうしようもなくしびれや痛みがある。すると、どうにか楽にしてほしいという気持ちも出てきます。無痛療法ではからだ全体のゆがみ、なかでも骨盤のゆがみが、梨状筋などの臀部の筋肉の過緊張を起こすと考えます。厄介なのは、それが坐骨神経痛をおこすと痛みから逃げるため、偏ったゆがんだ姿勢をとります。それがさらに骨盤のゆがみを増長させ悪循環となるのです。、

サクシタ療法院の無痛療法では、とくにこの筋肉のバランスをとるように施術します。とくに筋肉の反射を利用して、固く緊張している部分を緩めていきます。これは施術前後におこなう、足をつかった検査でその効果がはっきりとわかります。そして、痛い部分には一切触らないのが、この無痛療法の特徴です。痛いところを押されて、余計悪くなったという話も聞きますが、無痛療法ではそういうことが無いので安心、安全です。

ただし、無痛療法で施術をしてもらっても、たった1回では改善されません。長年積み重ねてできたゆがみは、それなりに時間がかかります。何事も継続が大事です。
また、生活の中でも今まで特に気にしていなかった点を意識するようにしてみましょう。

テレビを見たり本を読んでいる時にどんな姿勢になっているか、パソコンと向き合っている時についつい悪い姿勢になってしまっていないかといったことを注意してみましょう。自分なりに生活を気をつけるだけでもからだのゆがみの改善に繋がります。

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/30