肩こりとしこり

肩こりとしこり

■肩こりとしこり■

肩こりは自分がただ肩が痛い、重いと感じるだけでなく見た目からして変化が出てくることもあります。日々の仕事などで肩こりはひどくなりがちですが、しこりができていたら注意が必要です。

■なぜ肩こりからしこりが?■

肩こりがだんだんひどくなってくるとしこりとなってあらわれてくることがあります。まず肩こりというのは、筋肉の部分に乳酸が溜まり筋肉の伸縮性がなくなってきてしまいます。これによって肩こりとなってきます。筋肉の疲労を取り除いていけば肩こりは良くなっていくと言われています。
 しかし、肩こりを改善しようと思ってもこっている部分になんだかコリコリしたものがある、中にできもののように感じるというときは肩こりがかなりひどくなってきている状態と考えていいでしょう。

しこりとなってしまうと今までの肩こりの対処法が効かなくなってくるのでしこりが出来る前に肩こりを改善しておかないといけません。

ここから、肩こりがひどくなっていくとその分しこりとなって現れる可能性も出てくるということになります。肩のしこりができやすい部位としては後頭部の真下、首の付け根であったり、肩甲骨の上側、肩甲骨の内側、肩の付け根と胸の間のくぼみなどがあります。

これらはしこりができやすい部位となっているので、肩こりがひどい人はこのあたりを中心にほぐしていくようにしていかないとしこりになってしまいます。

■しこりの対処法■

肩こりから来るしこり、一体どんな対処法があるのでしょうか?一番大切なのは、しこりの部位をしっかりほぐすことです。しこりに対して上から垂直に押すようにすると、ピンポイントでケアができるでしょう。

痛みがあると続けられないので、痛みを感じない程度に押していくのがポイントです。この方法を試してみるだけでもしこりの部分の血流をよくすることができるのでおすすめです。
また、しこりができているときは揉んだり叩いたりしたくなりますが、極力避けるようにしていきたいです。

そこで、体の歪みも関係していないかという方向から見ていき、歪みケアをしていくことでしこりが少し小さくなったり気にならなくなることもあります。肩こりは体の歪みから来るとも言われます。そこで、歪みを改善していくことで血流も良くなり、肩こりが楽になっていきます。

他には整体で肩こりとしこりの両方に悩んでいると伝えてみるのもいいと思います。自分ではわからないことでも、整体では今までに例がある可能性が高いです。肩こりとしこりの両方を改善できるように施術をおこなってくれるでしょう。

■肩こりから来るしこりと思っていたら病気が隠れていることも■

単純に肩こりからしこりができることもありますが、すべてのしこりがそうだとは限りません。しこりの中には病気の可能性があるものも存在するんです。

・粉瘤
これは良性の腫瘍と言われていて、多くの人が一度は経験するとも言われているよくある腫瘍になります。何が原因でしこりとなるのかは明らかになっていませんが、皮膚の下に袋ができてそこに老廃物が溜まるためしこりとなって分かるようになるんです。しこりが小さいうちは特に痛みは感じません。
その後内部で炎症が起こってくると強い痛みを感じるようになります。そして、内部に溜まっている膿が押し出されると独特の悪臭を放つようにもなります。そのまま放置しておいてもいいと言われていますが、施術をするとなると手術で老廃物の溜まっている袋を除去することになります。

・脂肪腫
肩こりから来るしこりと思っていたけれど実は脂肪腫だったということもあります。皮下脂肪になる予定の脂肪が増殖した結果脂肪腫となり、見た目もしこりとなって出てきます。原因はまだはっきりとわかっていませんが、ストレスや外部からの刺激だという説もあります。
しこりの特徴として柔らかいのが脂肪腫でもあります。そして、痛みはほとんどありません。小さければ経過を見る程度で大丈夫ですが、あまりに大きくなってきて見た目でも目立つようになると手術で除去も可能となっています。

このように、ただのしこりと思っていても病気が潜んでいることもあるんです。気になるしこりができたら医師に相談してみましょう。

■運動で全身の血行を良くしていく■

肩こりからしこりができている場合、肩こりが起きている原因を追求することで改善できます。肩こりがひどいときはその部分の血行が悪くなっていると考えられます。長時間パソコンをしていたり、デスクワークでいつの間にか肩が固まって血行が悪くなっています。
 そこで、全身の血行を良くしていくと肩こりの部分にも血流が良くなっていくのでぜひ運動を取り入れてみましょう。

運動といっても本格的にするほどのものでなくて大丈夫です。意識して時間を決めてウォーキングする程度でも十分です。

おすすめはウォーキングの際も腕をしっかりと動かしながら歩くことです。そうするだけで体もポカポカしてきて、全身の血行が良くなっているのを実感できるでしょう。
肩こりがひどい人は日頃から運動不足になっている可能性が高いです。悪化してしこりになってしまわないように、適度に体を動かすようにしてみましょう。

しこりができると肩こりがひどいというサインでもあります。いつもと変わらない日々の中でも運動を少ししてみる、体をゆっくり伸ばす、整体で肩こりをほぐしてもらうといった変化をつけてみましょう。しこりがひどくなって大きく目立ってきても困るので、肩こりを慢性化させないように過ごしてみましょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22