肩こりとしこり

 

肩こりとしこり

■肩こりとしこり■

肩こりは自分がただ肩が痛い、重いと感じるだけでなく見た目からして変化が出てくることもあります。日々の仕事などで肩こりはひどくなりがちですが、しこりができていたら注意が必要です。

■なぜ肩こりからしこりが?■

肩こりがだんだんひどくなってくるとしこりとなってあらわれてくることがあります。まず肩こりというのは、筋肉の部分に乳酸が溜まり筋肉の伸縮性がなくなってきてしまいます。これによって肩こりとなってきます。筋肉の疲労を取り除いていけば肩こりは良くなっていくと言われています。
しかし、肩こりを改善しようと思ってもこっている部分になんだかコリコリしたものがある、中にできもののように感じるというときは肩こりがかなりひどくなってきている状態と考えていいでしょう。

肩のしこりができやすい部位としては後頭部の真下、首の付け根であったり、肩甲骨の上側、肩甲骨の内側、肩の付け根と胸の間のくぼみなどがあります。

 

■しこりの対処法■

肩こりから来るしこり、一体どんな対処法があるのでしょうか?サクシタ療法院の無痛療法でからだのゆがみを整えていくことで、しこりが小さくなったり気にならなくなることがあります。肩こりはからだのゆがみが影響することが多いです。そこで、ゆがみを改善していくことで血流が良くなり、肩こりが楽になっていきます。

 

 

■運動で全身の血行を良くしていく■

肩こりからしこりができている場合、肩こりが起きている原因を追求することで改善できます。肩こりがひどいときはその部分の血行が悪くなっていると考えられます。長時間パソコンをしていたり、デスクワークでいつの間にか肩が固まって血行が悪くなっています。
そこで、全身の血行を良くしていくと肩こりの部分にも血流が良くなっていくのでぜひ運動を取り入れてみましょう。

運動といっても本格的にするほどのものでなくて大丈夫です。意識して時間を決めてウォーキングする程度でも十分です。

おすすめはウォーキングの際も腕をしっかりと動かしながら歩くことです。そうするだけで体もポカポカしてきて、全身の血行が良くなっているのを実感できるでしょう。
肩こりがひどい人は日頃から運動不足になっている可能性が高いです。悪化してしこりになってしまわないように、適度に体を動かすようにしてみましょう。

 

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/03