シンスプリント

シンスプリント

■「シンスプリント」何か、運動をやっていますか?■

運動は、体にはいいものですが…

あなたは、何か運動をやっていますか?
運動をやったら、体にもいいといわれていて、毎日運動をやっている方が増えています。
最近の傾向では、若い時からまだお子様の時から、ハードな運動をする子が多くなっていますが、その理由は、スポーツは早い段階から始めたら、上達するといわれているからです。
若いお子様の時からスポーツをすることは、子供の体には大きな負担がかかってしまいます。
若い時からスポーツをしたことによって、「スポーツ障害」になってしまう子がたくさんいます。

スポーツ障害はお子様だけではなくて、スポーツをやったら、誰でもがかかってしまうことがある症状ですが、お子様は体も小さいし、まだ体が成長段階ですから、スポーツ障害になったら、子供の体のことを考えたら特によくありません。
お子様がスポーツ障害にはならないように、十分に日ごろから、気を配っていかなくてはいけないのです。

■「スポーツ障害」をおこしてしまう人が増えています。■

「スポーツ障害」は身体中の部分でおこしてしまうものですが、その中でもよくおこす部分は足です。
体の部分の中でも、最もスポーツ障害をおこすのは足ですが、それは、どんなスポーツをやっても足が1番使う部分だからです。
トレーニングで走ったり、ダッシュをしたり、ジャンプをしたりしますから、足には1番衝撃がかかってきますので、足のスポーツ障害をおこすことが1番よくあるパターンです。

■足のスポーツ障害の1つが、「シンスプリント」です■

足のスポーツ障害「シンスプリント」は、どんなものなのですか?

そこで気になるのは、足のスポーツ障害にはどんなものがあるのでしょうか。
足のスポーツ障害には、「シンスプリント」があります。
「シンスプリント」は正式名称では、「脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)」と言われていて、足の骨膜に炎症をおこして、そこから激しい痛みがでてくる症状です。

足のスポーツ障害の「シンスプリント」になったら、足のふくらはぎの内側の脛骨下、1/3の部分にかけて、炎症がおこって痛くなってきます。

「シンスプリント」はジャンプやラン二ング、ダッシュなどの走る動作に関係したスポーツからをやって、足に大きな衝撃がかかったことから発症してきますので、運動をしていたら、ほとんどの方が、「シンスプリント」をひきおこしてしまう危険性が高いスポーツ障害です

■若いお子様は特に、「シンスプリント」には気をつけて!■

若い成長をしていない体のお子様は、足のスポーツ障害の、「シンスプリント」をひきおこしてしまう危険性が高いですから、本人だけではなくて周辺の大人や親や指導者や先生は注意をしなくてはならないといえます。

■「シンスプリント」になっているのに、その症状に気がつかないことも…■

足のスポーツ障害の「シンスプリント」の問題が大きいのは、自分が「シンスプリント」になっているのに、その症状に気がつかないことです。
「スポーツをやっていたら、足が痛くなるのは仕方がない!」
と、本人も周辺も思っているのです。

少しの痛みや違和感や異常では、「シンスプリント」に気がつかないで、そのままにスポーツを続けている子も多くいますが、これは、お子様の足や体の健康を考えたら危険なことです。

少しでも、足特にふくらはぎ周辺に痛みや違和感や異常を感じた時には、「シンスプリント」にかかった危険性を考慮しなくてはならないでしょう。

■「シンスプリント」になった時には、どうしたらいいのでしょうか?■

足のスポーツ障害の「シンスプリント」になったら、安静が1番です!

もしも、お子様がスポーツ障害の「シンスプリント」になった時には、どうしたらいいのでしょうか?
「シンスプリント」になった時には、1番重要なのは、安静・つまりはその患部を動かさないことです。
すぐに、スポーツをやるのを中止しなくてはならないでしょう。

なかには、「シンスプリント」になっているのに、そのまま痛みを我慢しながらスポーツをしている子もいますが、そのような状況では、スポーツ障害の「シンスプリント」はどんどん悪化していきます。

「いつの間にか、スポーツ障害の「シンスプリント」が消えてなくなった!」
ということはないのです。
お子様が「シンスプリント」になった時には、直ちにスポーツを中止して、患部を安静にして休ませてください。

■どのくらいの期間、「シンスプリント」は安静が必要ですか?■

では、どのくらいの期間「シンスプリント」になった時には、安静にして、患部を休ませなくてはならないのでしょうか?
その子の重症度によっても違ってきますが、軽症だったら、3,4日まずは安静にして様子を見ましょう。
3,4日運動を休んだだけでも、足にかかる負担も少なくできますから、「シンスプリント」の痛みも少なくなっていきます。

もしも、3,4日休んでも足のスポーツ障害の「シンスプリント」の症状がよくならなかったり、痛みが続くようなら、それは重症の「シンスプリント」になっていることも考えられますから、さらに長い期間、安静状態にしなくてはならないです。

1週間以上、スポーツを休んで安静にしても、「シンスプリント」の症状がよくならない時には、重症になっている危険性が高いです。
重症になっていたら、自分で施術や処置をすることは困難ですから、整形外科や形成外科の専門医にかからなくてはならないでしょう。

■「シンスプリント」は重症になったら、疲労骨折の危機です!■

足のふくらはぎ周辺の痛みが続いているのに、また運動を始めたら、「シンスプリント」は症状が重症化していきます。
やがては、「シンスプリント」が悪化して、痛くて歩くことができなくなったり、立つことができなくなることもあります。
また、お子様が「シンスプリント」になっていたら、骨や筋肉の健全な成長を妨げてしまうこともありますから、余計に注意をしなくてはならないのです。

「シンスプリント」になっているのに、そのままにスポーツをつづけた時には、疲労骨折してしまう危険性も高まるのです。

まずは安静にして、それでもよくならなかった時には、整形外科や形成外科に早めにかかって、施術を始めていくことにしましょう。

■「シンスプリント」の正しいケアーで、快適な毎日を送りましょう!■

足は人間の毎日の生活にも運動にもよく使いますし、絶対に欠かせない機能です。
その足が、スポーツ障害の「シンスプリント」になって、正常な状態ではなかったり、痛かったら、あなたの日常生活にも大きな支障がでてきます。

スポーツ障害の「シンスプリント」にはならないように、日ごろから足のケアーも考えながら、楽しくスポーツをやっていきましょう!
少しでも足やふくらはぎが痛かったら、「シンスプリント」を疑ってみてください。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22