シンスプリント

 

シンスプリント

■「シンスプリント」何か、運動をやっていますか?■

運動は、体にはいいものですが…

あなたは、何か運動をやっていますか?
運動をやったら、体にもいいといわれていて、毎日運動をやっている方が増えています。
最近の傾向では、若い時からまだお子様の時から、ハードな運動をする子が多くなっていますが、その理由は、スポーツは早い段階から始めたら、上達するといわれているからです。

しかし、同時に、子供の時からハードなスポーツをすることは、子供の体には大きな負担がかけることにもなります。行き過ぎると「スポーツ障害」になってしまうことがあります。

スポーツ障害はお子様だけではなくて、スポーツをやったら、誰でもがかかってしまうことがある症状です。

特に子供は、まだ体が成長段階ですから、スポーツ障害になると、あとあと響くでしょう。
お子様がスポーツ障害にはならないように、十分に日ごろから、気を配っていかなくてはいけないのです。

■「スポーツ障害」をおこしてしまう人が増えています。■

「スポーツ障害」は身体中の部分でおこしてしまうものですが、その中でもよくおこす部分は足です。
体の部分の中でも、最もスポーツ障害をおこすのは足ですが、それは、どんなスポーツをやっても足が1番使う部分だからです。
トレーニングで走ったり、ダッシュをしたり、ジャンプをしたりしますから、足には1番衝撃がかかってきますので、足のスポーツ障害をおこすことが1番よくあるパターンです。

■足のスポーツ障害の1つが、「シンスプリント」です■

足のスポーツ障害「シンスプリント」は、どんなものなのですか?

そこで気になるのは、足のスポーツ障害にはどんなものがあるのでしょうか。
足のスポーツ障害には、「シンスプリント」があります。
「シンスプリント」は正式名称では、「脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)」と言われていて、足の骨膜に炎症をおこして、そこから激しい痛みがでてくる症状です。

足のスポーツ障害の「シンスプリント」になったら、足のふくらはぎの内側の脛骨下、1/3の部分にかけて、炎症がおこって痛くなってきます。それでも走り続けると、ついには走れなくなります。

「シンスプリント」はジャンプやランニング、ダッシュなどの走る動作に関係したスポーツをやっている人に多いです。無理なトレーニング方法、偏平足やアスファルトの道路でのランニングなどが発症の要因となります。

 

■「シンスプリント」になっているのに、その症状に気がつかないことも…■

足のスポーツ障害の「シンスプリント」の問題が大きいのは、自分が「シンスプリント」になっているのに、その症状に気がつかないことです。
「スポーツをやっていたら、足が痛くなるのは仕方がない!」
と、本人も周辺も思っているのです。

少しの痛みや違和感や異常では、「シンスプリント」に気がつかないで、そのままにスポーツを続けている子も多くいますが、これは、お子様の足や体の健康を考えたら危険なことです。

少しでも、足、特にふくらはぎ周辺に痛みや違和感や異常を感じた時には、「シンスプリント」を考慮しなくてはならないでしょう。

■「シンスプリント」になった時には、どうしたらいいのでしょうか?■

「シンスプリント」になった時には、1番重要なのは、安静・つまりはその患部を動かさないことです。初期は冷却です。

なかには、「シンスプリント」になっているのに、そのまま痛みを我慢しながらスポーツをしている子もいますが、そのような状況では、スポーツ障害のはどんどん悪化していきます。

お子様が「シンスプリント」になった時には、直ちにスポーツを中止して、患部を安静にして休ませてください。

■どのくらいの期間、「シンスプリント」は安静が必要ですか?■

では、どのくらいの期間「シンスプリント」になった時には、安静にして、患部を休ませなくてはならないのでしょうか?

その子の重症度によっても違ってきますが、軽症だったら、3,4日まずは安静にして様子を見ましょう。
3,4日運動を休んだだけでも、足にかかる負担も少なくできますから、「シンスプリント」の痛みも少なくなっていきます。

もしも、3,4日休んでも足の症状がよくならなかったり、痛みが続くようなら、それは重症になっていることも考えられますから、さらに長い期間、安静状態にしなくてはならないです。

1週間以上、スポーツを休んで安静にしても、症状がよくならない時には、重症になっている危険性が高いです。
重症になっていたら、自分で処置をすることは困難ですから、整形外科の専門医にかからなくてはならないでしょう。しかし、それでもなかなか回復しないことがあります。

 

■体のバランスを整え、快適な毎日を送りましょう!■

足は人間の毎日の生活にも運動にもよく使いますし、絶対に欠かせない機能です。
その足が、スポーツ障害の「シンスプリント」になって、正常な状態ではなかったり、痛かったら、あなたの日常生活にも大きな支障がでてきます。

安静が一番ですが、それと合わせて体のゆがみを整えることが回復のポイントです。体のバランスが悪いと、どちらかの足に余分な負担がかかります。それは足を痛める要因になります。

サクシタ療法院では、無痛整体でからだのバランスを調整し、ゆがみを整えたます。その上で患部の痛みを緩和して、回復を促進する施術をおこなっています。おもうように回復しない方は、ぜひサクシタ療法院にお越しください。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/25