肩こりと姿勢

肩こりと姿勢

■肩こりと姿勢は深く関係している!■

肩こりは一度感じるようになるとなかなかすっきりとはなってくれないもの。何が原因なのだろうと考え始めるとキリがありませんが、日頃の生活が関係していることは確かでしょう。

特に、普段あまり意識しない姿勢が肩こりとは深く関係しています。

■姿勢の中でも特に猫背が良くない■

姿勢は人それぞれクセもありますし、気づかないうちに定着しているものです。その姿勢の中でも特に現代人に多いと言われているのが猫背です。私たちの生活ではスマホやタブレット、パソコンの存在が欠かせません。

これらの画面を見る時間が多くなればなるほど猫背になる確率も高くなっていきます。画面を見ようとだんだん背中が丸まってしまっているんですね。
猫背は一度定着するとそれが普段の姿勢となってしまいます。よって、スマホなどの画面を見ているときだけでなく、テレビを見ているとき、本を読んでいるとき、仕事をしているとき・・・などとあらゆるシーンで猫背になっていると考えられます。

この猫背は肩こりの要因にもなってきます。猫背の状態を続けていると背中がこりますし、脊椎の両側や肩の部分の血行が悪くなっていきます。

また、正しい姿勢でないために体には力が入っています。この力が入っているということは筋肉が緊張している証拠でもあります。ここから筋肉も疲労していき、結果肩こりへとなってしまうわけです。猫背は自分ではなかなか気づくことができません。ついクセになっている姿勢が肩こりを悪化させているんですね。

■猫背にならないように意識してみよう■

猫背は肩こりをひどくさせる可能性もありますし、良いことはありません。そこで、普段から猫背にならないように自分で意識して改善していくことが大事です。そのためには、まず正しい座り方と立ち方をマスターしましょう。

・正しい座り方・・・椅子に座るときは深く腰掛けましょう。腹筋とおしりの穴を引き締めるように背筋を伸ばして座るとより良いです。浅めに座って作業をしてしまうこともありますが、できる限り深めに座るのがポイントです。

そして、椅子とセットになってくるのが机ですが、机も高すぎるものや低すぎるものはよくありません。ひじをついてちょうどいいくらいの高さがいいでしょう。正しい姿勢で座った時にちょうど良くなる高さが一番いいということですね。

・正しい立ち方・・・続いて正しい立ち方について。立ち方を普段考える機会はあまりないかもしれませんが、座るのと同様立ち方も大切です。腹筋とおしりの穴を引き締めてあごを少し引くのがポイントです。ちゃんとできているか不安なときは壁にもたれかけるとよくわかります。

もたれた時に後頭部と背中とおしりが少し壁につくようになっていれば正しい立ち方と言えるでしょう。
胸を張りすぎてもよくありませんし、背中を丸めた姿勢も猫背がそのまま定着してしまっていることになります。立ち方も気をつけると猫背改善につながりますよ。

・歩き方・・・座り方と立ち方は基本の動作ですが、それと同じくらい欠かせない動作が歩くことです。歩いている時の姿勢も一人ひとり違うと言います。正しい歩き方をすると運動にもなるので日頃の運動不足だって解消できます。

そこで、まずは正しい立ち方をマスターしてそれをキープしながら歩くようにしてみましょう。手は大きく振って歩幅はしっかりと広めにして歩くテンポも早くするとよりいいでしょう。また、肩こりで悩んでいる人は猫背だけでなく、日頃の持ち物も大きく関係していると言われています。

何か荷物を持って歩くときは、できたら片側の肩にだけ負担になるショルダーバッグは控えて、均等に持てるリュックサックを持つようにしてみると違うでしょう。バッグの種類によっても肩こりを招いてしまうことを覚えておきましょう。

■体を動かす時間を作ることも大事■

猫背はいつしか固まってくせになってしまうことも多いです。つまりは、ずっと同じ体勢で何か作業をしていたりすると、より猫背を悪化させてしまうとも言います。そこで、猫背が定着しないように、普段から体を動かす時間をつくるようにしてみましょう。

散歩をするだけでもいいですし、ジムに通ってみてもいいです。何か自分が続けられそうな運動を見つけてやってみることをおすすめします。

体を動かすと気分も爽快になります。ずっと座りっぱなしで作業をしているだけでなく、たまには気分転換も兼ねて外で体を動かすようにしてみましょう。運動が好きになって続けられると健康面も維持できるのでメリットがたくさんあります。

また、たまにはストレッチをしたり、整体で体をほぐすというのもいいでしょう。自分での判断だけでなく、第三者に見てもらうことで、より姿勢を意識できると思います。猫背は健康面でも見た目においても本当に良くない姿勢なので、ひどくならないようにしていかないと肩こりも慢性化してきます。

肩こりがかなりひどくなると頭痛などの症状に苦しむ場合もあるので、早めの対策が重要と言えますね。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22