逆流性食道炎

 

逆流性食道炎

■「逆流性食道炎」にかかっていませんか?■

胃の痛みや不快感などに悩んでいませんか?

あなたは、胃の痛みや不快感などに悩んでいませんか?
日本人では多くの方が胃が痛い・胃が重いなどの不快感を抱えているのに、
「食べ過ぎている。」「疲れている。」と気にしないことがよくあるのです。
特別な施術や対策ができないで、そのまま胃の痛みや不快感を抱えたままになっている方が目立ちますが、胃の痛みや不快感があった時には、胃には何かの異常や病気が始まっているサインです。

胃の痛みや不快感をそのままにはしないで、「これはおかしい!」と、早くに気がつかなくてはならないでしょう。

■「逆流性食道炎」の危険性が…■

胃の痛みや不快感を感じた時には、様々な病気にかかっている危険性があります。
体の中でも、胃や大腸や食道などの消化器官は大きな病気にかかってしまいやすい部分ですから、胃の痛みや違和感をそのままにはしないでください。
胃や食道の病気の種類は細かく言ったら、20種類以上はありますが、その中でも、近年かかってしまう方が多くなったのは、「逆流性食道炎」です。
「逆流性食道炎」は、以前は日本人ではかかってしまう人が多くはなかった病気ですが、近年かかってしまうお客様が確実に多くなっています。

■「逆流性食道炎」は怖い病気です。■

「逆流性食道炎」は、胃の中の強い胃酸や消化しきれなかった食べ物や胃液などが胃を飛び出して、食道に逆流をしてくるせいで、胃や食道に炎症をおこす病気です。
症状としては、胸焼けが多いです。そして、それは食後や前屈位で増強することが多いです。それ以外にも、胃痛、胃の不快感、嘔気、胸痛、咽頭のイガイガや咳などの症状もあります。

■最近増えています。「逆流性食道炎」■

ゲップがでたら、「逆流性食道炎」かも?

もしも、「逆流性食道炎」にかかったら、初めに感じるのは、胃の痛みや重さや違和感で、「逆流性食道炎」の症状がそのまま進行していったら、「ゲップ」がでてきます。
「ゲップ」は「逆流性食道炎」になった時には、みんなが感じる自覚症状ですから、胃の痛みや違和感に加えて、ゲップがでた時には、「逆流性食道炎」の病気にかかった危険性が高いです。

■気を付ける食べ物■

高脂肪食をはじめ、高蛋白質の食品、アルコール、コーヒー、炭酸飲料、唐辛子や胡椒などの香辛料類、玉ねぎ、酸味の強い食品、酸味の強い柑橘類など。また、チョコレートケーキ、餅やあんこ、饅頭などの甘い物。これらの食事を避けることが重要です。

■「逆流性食道炎」は食べ過ぎにも、要注意です。■

毎日おなか一杯になるほどに、食べ過ぎ&飲みすぎの方はいませんか?

毎日、おなか一杯になるほどに食べ過ぎ&飲みすぎだったら、それもあなたがお肉を食べるのと同じように、「逆流性食道炎」にかかってしまう大きな原因になってしまうでしょう。

■「逆流性食道炎」になってしまったら…■

早く、消化器系の医者に行きましょう!

胃の痛みや違和感またゲップなどがでてきて、「逆流性食道炎」になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
1番いい方法は、早くに「逆流性食道炎」の専門の消化器科の医者にかかることです。
よくいるのは、市販の胃薬を飲みながら、なんとかつらい胃や腸や食道の症状を軽くしている方です。
けれども、そんな小手先のケアーでは、あなたの「逆流性食道炎」の症状はよくならないかもしれません。
根本的な「逆流性食道炎」の施術を消化器科の医者にかかって、すぐにでも始めていかなくてはならないです。

それでもなかなか変化しなかったらサクシタ療法院へ
胃の働きを正常に戻すような施術をします。

 

■病院へ行ってもなかなか変化しないあなたへ■

サクシタ療法院では無痛整体でも身体全体の歪みを整えて、全体から機能を正常に戻して働きを良くしていきます。体の歪みを整えると、胃の位置も正しくなり、食道への負担が軽減します。

一度体験をする価値はあるとおもいますよ。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/21