逆流性食道炎

逆流性食道炎

■「逆流性食道炎」にかかっていませんか?■

胃の痛みや不快感などに悩んでいませんか?

あなたは、胃の痛みや不快感などに悩んでいませんか?
日本人では多くの方が胃が痛い・胃が重いなどの不快感を抱えているのに、
「食べ過ぎている。」「疲れている。」と気にしないことがよくあるのです。
特別な施術や対策ができないで、そのまま胃の痛みや不快感を抱えたままになっている方が目立ちますが、胃の痛みや不快感があった時には、胃には何かの異常や病気が始まっているサインです。

胃の痛みや不快感をそのままにはしないで、「これはおかしい!」と、早くに気がつかなくてはならないでしょう。

■「逆流性食道炎」の危険性が…■

胃の痛みや不快感を感じた時には、様々な病気にかかっている危険性があります。
体の中でも、胃や大腸や食道などの消化器官は大きな病気にかかってしまいやすい部分ですから、胃の痛みや違和感をそのままにはしないでください。
胃や食道の病気の種類は細かく言ったら、20種類以上はありますが、その中でも、近年かかってしまう方が多くなったのは、「逆流性食道炎」です。 p>
「逆流性食道炎」は、以前は日本人ではかかってしまう人が多くはなかった病気ですが、近年かかってしまう患者さんが確実に多くなっています。

■「逆流性食道炎」は怖い病気です。■

「逆流性食道炎」は、胃の中の強い胃酸や消化しきれなかった食べ物や胃液などが胃を飛び出して、食道に逆流をしてくるせいで、胃や食道に炎症をおこす病気です。
また、「逆流性食道炎」が重症になったら、出血してしまうこともありますから、あなたの胃の痛みや違和感が、「逆流性食道炎」のせいでおこっているのかもしれません。
そのままに、「逆流性食道炎」を放置していたら、やがては胃や食道から出血することもあるでしょう。

「逆流性食道炎」になった時には、今すぐに正しい効果的な胃や食道の施術を始めて

■最近増えています。「逆流性食道炎」■

ゲップがでたら、「逆流性食道炎」かも?

もしも、「逆流性食道炎」にかかったら、初めに感じるのは、胃の痛みや重さや違和感で、「逆流性食道炎」の症状がそのまま進行していったら、「ゲップ」がでてきます。
「ゲップ」は「逆流性食道炎」になった時には、みんなが感じる自覚症状ですから、胃の痛みや違和感に加えて、ゲップがでた時には、「逆流性食道炎」の病気にかかった危険性が高いです。

■どうして、「逆流性食道炎」は増えているのですか?■

では、どうして以前は少なかったのに、近年では、「逆流性食道炎」にかかってしまう方がたくさんいるのでしょうか?
その大きな原因は、やはり食生活の変化といわれています。
以前は、日本人はご飯やお魚や野菜や海藻…などの和食を食べていましたから、「逆流性食道炎」にかかってしまう方が少なかったのです。
けれども、近年では、和食以上にお肉や脂っこいものを食べていて、日々の食生活が肉食になっている方が急激に増えています。

『お肉をたくさん食べていたら、「逆流性食道炎」にかかってしまうリスクは格段に高まります。』というデーターもあります。
昔から、お肉をよく食べているアメリカやヨーロッパの人は、日本人に比べても、「逆流性食道炎」の患者数がかなり多いです。
日本人でも肉食の方が多くなったから、「逆流性食道炎」にかかる患者数も急激に増えています。

■お肉を食べていたら、「逆流性食道炎」に!■

お肉の中には、脂肪や繊維がたくさん含まれていますので、様々な食べ物の中でも、消化や分解や吸収には時間がかかる食べ物です。
お肉は長い時間、胃や腸にとどまっていますから、年中お肉を食べていたら、あなたの胃や腸はお肉を消化・分解・吸収するのに、かなりのパワーを使わなくてはなりません。
つまりは、たくさんお肉を食べていたらその分だけ、体の胃や腸や食道には大きな負担がかかってしまうのです。

日本人が近年たくさんのお肉を食べるようになったから、「逆流性食道炎」にかかってしまう方が増えていると医者も考えています。

■お魚や海藻や野菜やフルーツなどをいただきましょう!■

あなたも毎日焼き肉やすき焼き、しゃぶしゃぶ、から揚げ…などのお肉をたくさん食べていませんか?
もしも、好きなようにお肉を食べていたら、胃や腸や食道には多大な負担がかかっていますので、「逆流性食道炎」になってしまうかもしれません。
身体のことも考えながら、少しはお肉を食べることを控えて、お魚や海藻や野菜やフルーツなどの、胃や腸や体にも優しい食べ物をいただく食生活に改善していくことが、「逆流性食道炎」にならないためには重要なことです。

■「逆流性食道炎」は食べ過ぎにも、要注意です。■

また、お肉を食べなくても、毎日おなか一杯になるほどに、食べ過ぎ&飲みすぎの方はいませんか?

毎日、おなか一杯になるほどに食べ過ぎ&飲みすぎだったら、それもあなたがお肉を食べるのと同じように、「逆流性食道炎」にかかってしまう大きな原因になってしまうでしょう。

■「逆流性食道炎」になってしまったら…■

早く、消化器系の医者に行きましょう!

胃の痛みや違和感またゲップなどがでてきて、「逆流性食道炎」になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
1番いい方法は、早くに「逆流性食道炎」の専門の消化器科の医者にかかることです。
よくいるのは、市販の胃薬を飲みながら、なんとかつらい胃や腸や食道の症状を軽くしている方です。
けれども、そんな小手先のケアーでは、あなたの「逆流性食道炎」の症状はよくならないかもしれません。
根本的な「逆流性食道炎」の施術を消化器科の医者にかかって、すぐにでも始めていかなくてはならないです。

それでもなかなか変化しなかったらサクシタ療法院へ
胃の働きを正常に戻すような施術をします。

■「逆流性食道炎」に、効果が高い施術薬があります。■

最近では、「逆流性食道炎」に効果が高い施術方法が続々出ていますし、「逆流性食道炎」に効き目が高いことが報告されているいい薬も登場しています。
例えば、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などです。
ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)はどちらの薬も、この10年間ぐらいで一般的になってきた、「逆流性食道炎」には強い効果があるいい施術薬です。
ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などは、効き目が大きいのに目立った副作用も報告されていませんから、あなたが毎日「逆流性食道炎」の施術に飲む際にも安心できます。

■自分の「逆流性食道炎」の症状にあったお薬を選びましょう!■

お薬を飲む時に注意をしなくてはならないのは、自分の「逆流性食道炎」の症状や年齢や性別また生活習慣やお仕事などによって、どのヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を飲んだらいいのかが1人1人全く違っている点です。

そのために、自分の「逆流性食道炎」に効果が高いお薬を選ぶときには、消化器科の医者の正しい診察を受けることが欠かせません。

■「逆流性食道炎」は、どなたにもおこってしまうリスクが…■

このように、近年日本人でもかかってしまう方が多くなっている、「逆流性食道炎」は、あなたもかかってしまうリスクがある病気です。
だから、「他人事!」「自分には関係ない!」とは考えないで、自分の胃や腸や食道の状況にはいつも気を配ってください。
そうしたら、「逆流性食道炎」にかかる危険性を減らして、あなたも健康的な生活を送ることができます。

■病院へ行ってもなかなか変化しないあなたへ■

西洋医学でなかなk変化しない方は東洋医学関係の民間療法はそうでしょうか?

無痛整体サクシタ療法院では胃の反射を利用して働きを良くしたり、身体全体の歪みを整えて全体から機能を正常に戻して働きを良くしていくとかいろいろな方法で考えていきます。

一度体験をする価値はあるとおもいますよ。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22