寝つきが悪い(睡眠障害)

寝つきが悪い、睡眠障害

■寝つきが悪くて、悩んでいませんか?■

ぐっする眠ることは、充実した人生には大事なことです。

現代人はさまざまなお悩みを抱えているのですが、その中には、
「寝つきがよくないから、どうしたらいいのですか?」
というお悩みも聞きます。
毎日ぐっすり寝ることは、あなたの長生きや健康や美容を考えても非常に重要なポイントになりますし、毎日若々しく生き生きと生活を送っていくのにも、十分に眠ることは大事なことです。

良い睡眠をしっかりとることは、充実した人生を送っていく時には基本になることです。

■布団の中で、眠れなくてイライラしてしまう…■

「眠れない!」
というお悩みにも種類はたくさんあるのですが、夜布団に入ったもののなかなか睡眠に落ちない方もいます。
体も疲れていて、1瞬でも早く眠りたいのになかなか眠れないので、布団の中で、イライラしながらごろごろしてしまうのです。
あなたもそんなイライラした経験があるのではないでしょうか?

「早く寝たい!」
と思えば思う程に眠れなくて、気がついたら1時や2時になっていたということもよくあることです。

自分が睡眠に苦労をした経験がなかったら、いかに眠れないことがつらいことなのかが分からないかもしれませんけれども、眠れない方は毎晩本当につらい思いをしています。
眠れない!寝つきが悪い!と思ったら、嫌になってしまいますし、毎晩夜になるのが怖くなる「睡眠恐怖症」になってしまうこともあるのです。

■困った!何で、ぐっすり眠れないのでしょうか?■

寝付きの良くない原因を考えてみましょう。

何で、現代人は寝つきが悪くて、十分に眠れないことがあるのでしょうか?
その原因を考えてみましょう。

■1、 寝しなに、食べ物を食べていませんか?■

現代人はみんな夜更かしになっていますから、寝しなに食べ物を食べている方が目立ちますし、たくさんの方が夜食を食べる習慣があるのです。
あなたもおなかがすいていないのに、毎日寝しなに何か食べることが癖になっていませんか?

ラーメンやおにぎり、お弁当、ポテトチップス、アイスクリーム、チョコレート、ビスケット、大福、プリン、肉まん…。
コンビニが24時間やっていますから、食べ物や飲み物は少しでも食べたい!飲みたい!と思ったら簡単にすぐに手に入ってしまいますから、寝しなに何か食べてしまうのです。

夜食を食べる習慣は、あなたの体には悪影響が多大に出てきます。

ただ寝つきが悪くなるだけではなくて、肥満や胃もたれ、下痢、肌荒れ、ニキビ、便秘、虫歯…、やがては、糖尿病やがんになってしまう危険な悪習慣ですから、寝しなに食べ物を食べる夜食の習慣は控えたいですね。

■2、 アルコール・タバコ・コーヒーを飲んでいませんか?■

すぐにいい睡眠に落ちたい時には邪魔になってしまうのは、アルコール・タバコ・コーヒーの害で、アルコール・タバコ・コーヒーを飲むと、あなたの脳が活性化してしまい、目覚めてきます。

逆に
「今は眠くても、寝てはいけない!」
と思う時には、アルコール・タバコ・コーヒーを飲むこともあるのではないでしょうか?

アルコール・タバコ・コーヒーには脳を刺激してしまう「覚醒効果」があって、睡眠とは逆の働きがあるので、
「寝つきが悪いし、よく眠れないです!」
と悩む時には、アルコール・タバコ・コーヒーをやめましょう。
そうしたら、脳が余計な刺激をうけないので、睡眠に落ちやすくなっていきます。

「アルコールを飲んだら、寝つきがよくなる。」
と思い込んでいる方もいますが、これは勝手な思い込みで、一瞬は眠くなっても質のいい睡眠をとるのにアルコールは邪魔になりますから、「寝酒」「ナイト・キャップ」という概念は正しくない習慣です。

仮に、アルコールで少し眠れてもすぐに目覚めてしまうので、夜中目が冷めてまた眠れなくなってきますから、アルコールも質のいい睡眠を希望するときにはやめたいですね。

■3、 残念ながら加齢現象から、睡眠が…。■

若かったときには、睡眠や寝つきには全く何も問題がなかったのに、年齢を重ねてきたら、
「なかなか眠れないです。」
「早く目が覚めてしまいます。」
と、睡眠のお悩みを抱えている方は多くなっていきます。
布団の中に入ったのに、眠れなくて困った!そわそわ・イライラ!という方は増えていきます。
50代にもなったら、みんな睡眠には不満があって、もう少し寝たいと思うものでしょう。

人間がぐっすり十分に寝るということは体力が必要なので、50代になって体力が落ちてきたら、眠れなくなってしまうのは体のメカニズムにも関係してきます。
そのいい証拠に、赤ちゃんやお子様は年中寝ていますが、これは体力が有り余っていて元気な証拠です。

50代以降になると、加齢現象・老化現象から、自然と寝つきが悪くなったり睡眠の質が低下してきますが、イライラしないで、
「私も年を取ったから、寝つきが悪くなってなかなか寝られないな!」
と、少し鷹揚に構えてみたらいかもしれません。

■4、インターネットやパソコンやスマートフォンや携帯電話には要注意!■

現代社会はネット社会ですから、インターネットのパソコンやスマートフォンや携帯電話が欠かせませんから、あなたも通信機器を1日中いじっていませんか?
日中には仕事でインターネットやパソコンを使って、夜間になったら、趣味やチャットやラインや様々なことをするために、インターネットを活用しています。
インターネットやパソコンやスマートフォンや携帯電話は便利でなくてはならないものですが、その反面では様々な問題も引き起こしています。

例えば、ネット依存症や今回のテーマの不眠症や入眠障害や睡眠障害の原因になってしまうのです。
インターネットやパソコンやスマートフォンや携帯電話を1日中いじっていたら、その刺激が脳に伝わってきます。
そうなったら、脳が興奮してしまうので、睡眠がとれなくなったり、眠れなくなったりといった問題になってしまうことが分かっています。

なかなか寝つけないというお悩みがあった時には、寝る前の2、3時間はインターネットやパソコンやスマートフォンや携帯電話をいじるのを禁止するべきで、脳に余計な刺激が届かないので十分に眠ることが可能になるのです。

■5、体の病気からも入眠障害に…。■

「あなたの体は健康ですか?」
何かの病気になった時には、体の調子がよくないので、寝つきが悪くなるので、自分の寝つきがよくないと気がついたときには、病気になった危険性も考えてみましょう。

貧血や呼吸器・肺の病気、脳の病気、心臓の病気、その他にも各種の病気にかかった時には睡眠障害になって、寝つきが悪くなったり夜中に目が覚めたりしますので、健康問題が気になる方は健康診断を受診する方法をおすすめします。

■6、体に痛い部分、気になる部分はありませんか?■

あなたの体に、痛い部分や気になる部分はないですか?
例えば、頭が痛いとか膝が痛いとか肩が凝っているとか腰が痛いとか…、その他にも、歯が痛いとか、各種の異常がおこることもあるでしょう。

体に痛みがあったら、その痛みが気になるので睡眠障害になって、十分に寝られなくなってしまいますから、当然、寝つきも悪くなりますので、痛い部分・気になる部分があったら、早めになくしていかなくてはならないでしょう。

■7、気になる‥眠れない…。心配事は、ありませんか?■

睡眠・寝つきの問題を考えた時には、忘れてはいけないのは精神的な問題です。
あなたが気になることがあったら、寝つきも悪くなって眠れなくなるのですから、お悩みや心配事は早めに解消をしましょう。
いいことでもドキドキ・ワクワクして眠れなくなりますが、それは子供の時の遠足や運動会の前夜のような気持になるからです。

デートや結婚式、また楽しみにしていた旅行やイベントの前にも、一時的に睡眠できなくなることがおこります。
いいことだったら問題ありませんが、嫌なことは早めに心のケアーをしていかなくてはならないのです。
そうではなかったら、睡眠障害・入眠障害から、うつ病や心の病にかかってしまうことも考えられるからです。

うつ病などの心の病にかかった方に、
「初めは、どんな自覚症状がありましたか?」
と聞いたときには
「寝られなくなった。」
「寝つきがよくなくなった。」
と答える方が大勢います。

うつ病や各種の心の病にかかってしまう方も増えていますから、心の問題や入眠障害・睡眠障害のことも考えていきましょう。

■8、毎日、入浴していますか?■

毎日、入浴をしないで簡単にシャワーですませてしまう方が増えていますから、あなたも面倒とか時間がかかると思うので、簡単にシャワーですませていませんか?
質のいい睡眠をとりたなと思う時には、シャワーで簡単にはすませないで、十分な睡眠をとることをおすすめします。

毎日、寝る前には入浴をして、体を芯から温めたいです。
そうしたら、体の新陳代謝機能も高まりますから、寝付きやすく質のいい睡眠時間を確保することができるようになります。

毎日の入浴は体を清潔にするだけではなくて、睡眠を初めそのほかの健康効果や美容効果を高めていくためには欠かせないことですから、日本人が昔から時間をかけて大事にしてきた入浴という文化を見直してください。

■9、無理なダイエットをしていませんか?■

「寝つきが悪い、十分な睡眠時間が取れない!」
と思う時には、問題になってしまうケースで最近増えているのは、ダイエットをやっている方です。
ダイエットと睡眠や寝つきには、深い関係があるので、ダイエットをやっていて十分な栄養成分が体の中に入っていかなかったら、睡眠障害や入眠障害になってしまうことも考えられます。

ぐっすり眠るためには、カルシウムやたんぱく質や脂肪やある程度のカロリーが必要になってきます。
それが、ダイエットで体の中に入ってこなくなってしまうのですから、体が栄養不足から十分に寝られなくなるのです。

おそらく、過去にハードなダイエットをやった経験があったら、寝つきがよくなくなったり、
「なかなか寝られないな!」
という経験をどなたもしているでしょう。
睡眠や体のメカニズムは複雑に絡んでいるものですから、注意をしてくださいね。

■10、日中は、活動的に過ごしましょう。■

夜間十分な睡眠をとるためには、日中には活動的に体を動かしていかなくてはならないのです。
昼間、活動的ではなかったら、夜間も体がだるく、眠れない悪循環になってしまいます。

1日中デスクワークの方や家にいる方、引きこもりの方は、
「なかなか、寝付けないです。」
というお悩みを抱えることがよくあるのです。

あなたもできたら日中には活動を盛んにやって、夜には体も程よい疲れを感じながら、すぐに眠りにおちたいですね。

■11、睡眠にあった、寝具を使っていますか?■

「寝付きをよくして、快適に寝よう!

と思う時には、布団やシーツや寝間着やパジャマなどの寝る時の寝具や服装にはこだわってみたいです。
体に合わないものやきついものの寝間着やパジャマを着ていたら、快適には眠れなくなってしまいます。
女性は補正下着やブラジャーをしたまま寝てしまう方もいますが、このような体を締め付けてしまうものも着るのはよくありませんから、寝るときには、体が窮屈ではない楽な服装をしましょう。

その時の季節や環境にあった、心地よい快適な寝具も選びたいです。

夏なら、さわやかで涼しくて暑くないもの、また汗を吸収してくれるものもいいですし、寒い冬になったら、温かな寝心地のいい寝具を選んで、寒く感じてしまい、寝付きが悪くならないように工夫をしましょう。

■12、「光」には、注意をしてください。■

「寝つきが悪いな!」
という時には、注意をしなくてはならないのは光で、光はあなたの寝つきや睡眠には影響が大きくあるのです。
寝しなに強い光を浴びたら、
「脳が今は昼間、明るいです!」
と誤った認識をしますので、寝付きも悪くなって、十分に寝られなくなってしまうのです。

明るい光のあるコンビニや書店などに寝しなにいったら、そのせいで寝つきが悪くなることも考えられますし、自宅でも、強い光やインテリアには気をつけましょう。
大画面テレビやパソコンや携帯電話やスマートフォンの放つ光も、あなたの脳を刺激して、入眠障害になってしまうことが分かっています。

もしかしたら、
「光が脳には強い覚醒の刺激を与えてしまうので、寝つきにはよくないです!」
ということには気がついていないかもしれませんが、医学や睡眠の研究からも、光の問題が大きくクローズアップされていますので、お部屋の光の具合には気を配ってみましょう。

寝る前には、繁華街や書店やコンビニなどの強い光がある場所には行かない方が無難です。

■13、焦ったら、余計に寝つきが悪くなります。■

眠れなかったり、寝付きがよくなかったら、
「早く、寝なくてはならない!」
と、焦りに思ってしまいますから、イライラしたり、そわそわしてきて、時計を見てしまうでしょう。
実は、睡眠に1番よくないのはこの気の持ち方で、どんなに眠れていないと思っていても、2、3時間は眠れています。

「眠れない!」とか「寝つきが悪い!」とか、神経質に考えてしまうことはよくありません。
「眠れないで、死んだ人はいない。」
とか、少しのんびり考えて、睡眠のお悩みも少なくしたいものです。

そうではなかったら、精神的に考えすぎて、どんどん寝付きの悪さは加速してしまうので、お悩みはひどくなっていくことも考えられるからです。

■睡眠障害は、どうしておこってしまうのでしょうか?■

体のメカニズムが知りたいです!

何で、なかなか眠れない睡眠障害になってしまうのでしょうか?
その体のメカニズムは、どうなっているのでしょうか?

睡眠は「自律神経」の働きによってコントロールされていて、自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っています。
交感神経が強く働くのは日中ですから、日中には活動的になって、夜になったら、副交感神経が働いて体を休めて睡眠に入っていきます。
この交感神経と副交感神経の切り替えが上手にできたら、日中は眠くなくて元気に活動をできて、夜間には眠くなってぐっすり眠れるのです。

交感神経と副交感神経の働きを司っているのは、自律神経ですが、自律神経は少しのことで乱れやすくて、繊細な神経の働きがありますから、あなたがいやなことがあったり、逆に興奮した時には寝付きが悪くなります。

自律神経の働きが乱れている方が現代人では増えていますので、交感神経と副交感神経が正常にスムースに機能ができなくなっています。
そのせいで、日中に眠くてボーっとしていたり、疲れやすかったり、だるかったり覇気がありませんが、反対に、夕方から夜間になったら目が冴えてきて、なかなか寝付くこともできないで、布団の中でイライラしてしまいます。

あなたが寝付けない・寝られないというお悩みがあった時には、交感神経と副交感神経の働きを整えておくことも大事な心がけになってくるのです。

■「睡眠障害」にかかったら、どうしたらいいのでしょうか?■

先ほどの13個のチェックポイントを見直してみましょう!

なかなか寝られない、寝付けない時にはどうしたらいいのでしょうか?
なかなか寝られない、寝付けないと思う時には、先ほどご紹介をした13個の気をつけていかなくてはならないポイントを見直してみましょう!

自分が気がつかなかったり、ついついやってしまうことがあったら、悪習慣は改めたいですね。

■「睡眠障害」は、簡単にはよくなりません。■

1度睡眠の問題がおきたら、簡単には改善できないことが考えられますから、睡眠の問題がおこった時には、積極的に施術を行っていくことをおすすめします。

ここに、睡眠障害に効果が高い施術方法があるので参考にしてみましょう。

■「睡眠外来」に行く。■

近年では、睡眠の問題に悩む方が増えていますから、「睡眠外来」という専門的な施術を受けることが可能です。
「睡眠外来」は大きな大学病院などの中にも続々新設されていますし、個人的に専門的な医師を集めて開業をする病院もでてきています。
あなたのお住まいの身近な場所にも、睡眠障害や入眠障害を専門的に扱っている病院はあるので、敷居が高いとか行きにくいとか思わないで、お近くの病院で、専門的な睡眠の施術を受けると寝つきが悪いお悩みの改善もできます。
1人で悩んでいてもますます寝つきが悪くなるでしょうから、早めに専門の「睡眠外来」の医者にかかりましょう。

■整体施術をうけてみませんか?■

体に優しい整体施術がいいみたい。

大学病院や専門的な睡眠障害の医者に行くのは、
「何となく行きにくいな。」
と思うこともあるのではないでしょうか?
本格的な医者に行きにくいなと思う時には、整体施術に行ってみることをおすすめします。
整体施術は、寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、すぐに目が覚めてしまう、寝ても体の疲れが取れないなどの睡眠の各種のお悩みに効果が得られるいい施術機関です。

先ほどもお話ししましたが、あなたが十分に寝られないとか、睡眠のお悩みがあるときには、交感神経と副交感神経の切り替えが上手にはできないで、自律神経の働きが乱れていることが考えられます。
この自律神経の働きを整えてくれる効果が高いのは、整体施術なのです。

整体施術は東洋医学の1種で、ハリやマッサージや温熱療法や電気療法やツボの刺激、骨格矯正、骨盤矯正…、このような施術法を行いながら、あなたの自律神経の働きを整えてくれます。

東洋医学の整体施術で、ハリやマッサージ、温熱療法、電気療法、ツボの刺激を骨格矯正、骨盤矯正をやると、あなたの体の中側からの施術ができるのです。

整体施術は体に優しい施術方法ですから、ハリやマッサージ、温熱療法、電気療法、ツボの刺激や骨格矯正、骨盤矯正をやったことで、体の調子がおかしくなったりといった副作用も出にくいですから、安心して、整体施術をうけてください。

寝付きがよくないから整体施術に行ったら、そのうれしい効果から他の部分の体の調子も良くなることもあるのです。
睡眠の寝つきの問題以外にも、長年良くできなかった肩こりや腰痛や便秘や頭痛また歯の痛み、冷え症などの各種の不快な症状にも、整体施術は高い効果が出ることが分かっています。

整体施術には寝付きがよくないからきたのに、その効果からよく眠れるようになって、さらにうれしい事に身体全体が元気に回復できる方が増えていますから、体の各部分のケアーに大注目されているのは整体施術です。

■「サクシタ療法院」がいい整体院です。■

「体のことも考えて、寝付きがよくないから、整体施術に行ってみようかな?」
と思う時には、どこの整体施術に行ったらいいのでしょうか?
おすすめは、「サクシタ療法院」で、「サクシタ療法院」は入眠障害や睡眠障害の施術や改善に効果が高い整体院になっています。
体の自律神経の働きを整えて、交感神経と副交感神経が働くような施術を行ってくれますから、「サクシタ療法院」に行き、睡眠障害のお悩みの解消をやってみませんか?

「サクシタ療法院」では、ほかの肩こりや腰痛や便秘や頭痛また歯の痛み、冷え症などの各種の不快な症状も楽になっていく効果が得られます。
「体に負担をかけないで、気持ちよくぐっすり眠りたいです!」
と思う方は、「サクシタ療法院」に行くことがべストの選択肢です。

寝付きがよくなって、毎日ぐっすり6、7時間眠れるようになったら、身体も楽になれますから、日中には体力ややる気も回復できて、仕事も勉強も家事も育児も趣味も様々なことに、充実した毎日の生活を送れるようになっていくはずです。
「サクシタ療法院」で、体の働きを整えて、元気な生活を取り戻したいですね。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22