サッカー障害

サッカー障害股関節の痛み

■あなたもサッカーを楽しんでいますか?■

みんなに大人気だね!サッカー

子供から大人まで大人気で、子供でも将来はなりたいスポーツ選手でランキングされてくるのはサッカーです。
サッカーは野球と同じように、人気のスポーツになっていますから、お子様から学生まで、また趣味で社会人や中高年もサッカーを始めています。

以前は、サッカーは男性のスポーツだったのですが、今は女性も楽しむようになって、「なでしこジャパン」の大活躍を見てから、澤選手や川澄選手にあこがれる女性も多くなっています。

■サッカーは、ハードなスポーツです。■

サッカーは他のスポーツ以上に、ハードなスポーツですから、試合中は、ずっと走らなくてはならないでしょう。
ほかの選手と競ったり、足を引っ掛けられたりして、ひどかったら、転んでしまい、接触も多いスポーツですから、サッカーは楽しくていいスポーツですが、その分体には大きな負担がかかってきます。

世界中の有名なサッカー選手が足の故障から、本来のプレーができなくなったり、体の調子がおかしくなってしまうことはよくあって、重傷になり引退を余儀なくされた選手もいます。

■サッカー障害・スポーツ障害には気をつけましょう。■

サッカー障害・スポーツ障害になってしまうかも?

サッカーをしていたら、特に足の故障には悩まされるのですが、これが、サッカー障害・スポーツ障害といわれる症状です。
サッカー障害・スポーツ障害で、障害がでてしまう部分は足の股関節なので、足の股関節を痛めて、本来のプレーができなくなる選手はたくさんいます。

ただ、プレーに支障が出るだけではなくて、サッカー障害・スポーツ障害になったら、日常の生活でも大きな問題がおこることもよくあって、サッカー障害・スポーツ障害は、あなたが思う以上に深刻な症状です。

■股関節・足の付け根のサッカー障害は、グロインペイン(ソケイ部痛症候群)?■

股関節・足の付け根のサッカー障害・スポーツ障害は、「グロインペイン」(ソケイ部痛症候群)といわれています。
「グロインペイン」と診断された選手の約7割がサッカー選手というデーターも存在していて、グロインペインはサッカー選手にはおこりやすい障害です。

自分がグロインペインになっているのに、すぐには発見されないことがあるのですが、これは、「グロインペイン」という症状のことは、聞き慣れない方がたくさんいるからです。
グロインペインにかかっているに、自分でも気がつかないから、発見できないままになってしまうことはよくおこってきます

サッカーをやって足の股関節が痛いから、整形外科などにかかるのに、グロインペインになっていても、レントゲンには映らないこともあります。

■グロインペイン(そけい部痛症候群)に詳しい医者に診せましょう!■

スポーツやサッカー障害に詳しい医者でなかったら、グロインペインのことを知らない医者も多いです。
サッカーをやっていて股関節が痛かったときには、まずはグロインペインの疑いを持ったらいいでしょう。
そして、サッカーやスポーツ障害を専門に扱っている、スポーツ障害に詳しい医者にかかることをおすすめします。
スポーツ障害に詳しい医者ではなかったら、あなたの股関節の痛みやグロインペインのことが何もわからないから、正しい診察ができないかもしれません。
最近では、スポーツ障害やサッカー障害のことを、専門に診察してくれる整形外科や形成外科や整体なども出ていますから、より専門に近い医者に、早めに股関節の異常を見せたら安心できます。

■サッカー障害には、かかりたくないですね。■

サッカー障害の股関節痛になってしまったら…

サッカー障害の股関節痛になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
サッカー障害の股関節痛になってしまったら、1番大事なことは安静に患部を保つことです。
そうはいっても、股関節は立つときにも歩くときにも走るときにも使う部分だから、厳密に、股関節を安静に保つのなら、1日中寝たきりでいなくてはなりません。
現実的に考えて、それはできない生活ですから、あなたがサッカー障害の股関節痛になってしまったら、できる範囲で安静になる生活が大事です。

今までのように、サッカーを続けていくことは少し休まなくてはならないでしょうし、そのほかの足や股関節に負担がかかるスポーツもできないかもしれません。
スポーツやサッカーが好きな方だったら、サッカー障害の股関節痛になっても、そのまま我慢しながらサッカーを楽しみたいかもしれません。
そのままサッカーのプレーを続けていくと、あなたの股関節痛の症状はどんどん悪化していき、サッカーのプレーを続けていったら、歩けなくなったり、立てなくなってしまうでしょう。
足の痛みも、さらにひどくなっていきますから、サッカーをやっていて、少しでも足の痛みを感じた時には、まずはサッカーやそのほかのスポーツもやることを中止してくださいね。

■もしもサッカー障害の股関節痛がひどくなった時には■

サッカーが好きだから、足の股関節が痛いのにそのまま無理をしてサッカーをやった時には、症状や痛みはどんどん悪化していきます。
そうなったら、日常生活も使いにくさや痛みから、快適には過ごせなくなってしまう危険性が高まりますから、あまりにもサッカー障害の股関節痛がひどくなった時には、何か施術や対策が必要になってしまいます。

スポーツ障害のサッカー障害にかかった方の施術では、1番根本的に行われるのは手術療法です。
プロのサッカー選手でもサッカー障害や股関節痛になった時には、手術をうけなくてはならない選手もよくいますが、最近では、内視鏡などを使って、足や体には大きな負担がかかりにくい、股関節痛の手術療法も登場をしています。

■足や股関節をいたわって、楽しくサッカーをしましょう。■

体に、どんな痛みや動きにくさや使いにくさがあっても嫌なものなので、あなたもサッカーをしたことから、スポーツ障害や股関節痛は引き起こしたくないですね。
スポーツ障害や股関節痛はおこってしまったら、施術や対策を始めていっても100%痛みの軽減ができないといわれているので、大事なことは、体に異常がおこる前に痛みを感じる前に、体が痛まないように気を配っていくことです。
サッカー障害やスポーツ障害をおこさないように、身体のケアーやメンテナンスをしながら、サッカーを楽しんでいきませんか?

■なかなか変化しなかったら整体へ■

痛みが変化しなかったら、あきらめないで無痛整体サクシタ療法院へ。

おおもとの体の歪みから考えていきますのでゆがみを整えたら楽になりますよ。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22