スポーツ障害

スポーツ障害

■スポーツ障害■

スポーツ障害は、運動をすることで起こる障害や外傷などの総称です。
同じスポーツを長い間続けることによって、体の一部だけに負担がかかって起こります。
使いすぎが原因で、大人だけではなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。

■疲労骨折(ひろうこっせつ)■

「骨折」と聞くと、「高いところから落ちた」・「交通事故にあった」等を想像すると思います。これは、一度に大きな力が加わったことによって起こる骨折ですが、疲労骨折は違います。一度では骨折しない程度の力が何度も同じ個所に繰り返し加わることによって起こる骨折なのです。
例をひとつ。針金を同じ場所で曲げて伸ばしてを繰り返していると、プチンッとちぎれてしまいます。これは「金属疲労」と呼ばれ、頑丈な金属でも折れてしまいます。
金属と違って、骨は自分の力で元に戻ろうとする力があります。ですが、治る前に別の力が加わってしまえば、結果的に小さな力が原因で頑丈な骨は折れてしまいます。

■腱鞘炎(けんしょうえん)■

腱(けん)とは、骨と筋肉をつなぎ、筋肉の力を伝えるものです。ちなみに、骨と骨をつないでいるのは靭帯(じんたい)と呼ばれています。
腱は、腱鞘(けんしょう)と呼ばれるトンネルの中を通っています。
この場所に起きた炎症を腱鞘炎と言います。
有名なのは、手首の腱鞘炎。手首を曲げる時に、腱は手首にある腱鞘を滑るように通り、伸ばすと引っ張られます。この部分が腫れて炎症を起こしている。
つまり、腫れているということは膨れている。この場合、滑らずに擦れてしまいます。滑らずに無理やり通っているので痛い。もっと酷くなると、曲がらない、伸びないという状態になってしまいます。これはスポーツ選手だけでなく、漫画家や作家など、何かを書く仕事をしている人、パソコンを使っている人でも起こります。

■野球肘・リトルリーグ肘■

野球肘(やきゅうひじ)は、投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みのことです。正式な医学的名称は上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)
別名、リトルリーグ肘。名前の通り、野球の投手に多く見られる症状です。
球を投げる時、指から離す瞬間のことをリリースといいます。
このリリースの瞬間、肘に激しい痛みが走ります。その為に、ボールが投げられなくなるのです。だからといって、一球投げただけで野球肘になることはありません。長い間に渡る悪いフォームでの投球や、過度の投球によって起こります。
他にも、肘の内側にある成長軟骨という部分に損傷を起こす離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)というのもあります。そのままの状態で投球動作を続けていると、剥離骨折を起こす場合もあり、早期に発見・施術すればきちんと治りますが、そのまま放置しておけば、その後の骨の成長に影響を及ぼすこともあります。
こちらの原因も、主に投球動作を積み重ねること。
※剥離骨折:骨ではなく、筋・腱・靭帯などの牽引力によって、その付着部の骨が引き裂かれて生じた骨折のことです。

長い間に渡る悪いフォームでの投球

フォームの欠点は人それぞれです。ですが、ピッチャーの投球フォームを見ていると、ほとんどの人がリリースの時に、体が正面を向いています。
私も、鏡を見ながら投げるフォームを行ってみました。体はまっすぐに正面を向いている為、肘が体から遠くを通っていて、負担が大きくなるのがわかります。

過度の投球

野球では、投手が投げる球の数が制限されています。投げ過ぎることによって肘の負担が増え、野球肘になる可能性があるからです。

■テニス肘■

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)、または上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)と言い、肘の関節の骨が突き出している部分に炎症が起こる症状です。肘の関節を曲げたり伸ばしたりを繰り返すと起こり、テニスをやっている人に多い障害なので、「テニス肘」と呼ばれています。
ラケットを持ってボールを打つ時、真っ直ぐに振り下ろすのではなく、腕をひねりながら振り下ろす方が力を入れやすくなります。
この肘をひねる動作を繰り返すことによって、肘まら前腕にかけて痛みが走ります。また、タオルを絞る等の肘をひねる動作も、テニスと同じような動きです。テニスプレイヤーだけでなく、日常の家事で同じよう症状を起こすこともあります。

足底筋膜炎(そくていきんまくえん

足の裏にも筋肉はあります。
足の甲の骨は、弓のような状態で体重をささえています。弓の弦のように、「足底筋膜」と呼ばれる膜のように薄く幅広い腱が支えています。
歩いたりランニング、ジャンプをするなど、使いすぎによってその腱に炎症が起こり、小さい断裂を起こして痛みが出ます。
長距離走者等のスポーツだけでもなく、長時間の立ち仕事をする人、使いすぎでなくとも、偏平足や、厚底の靴を履いている場合でも起こることがあります。自分に合った靴を履くことが大事です。

無理をしない

凄いスポーツ選手になりたいからと言って、無茶な練習は体を壊すだけです。野球でも、投手がローテーションを組んでいるのは、投げ過ぎを防止するためです。
♪思いこんだら試練の道を、行くが男のど根性。ではなく、
♪慌てない、慌てない。一休み、一休み。です。適度に休みながら行うのが大事です。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22