頭痛 低気圧の時に痛む

頭痛で低気圧

■低気圧の時になる頭痛とは■

頭痛はただ自分の体調がすぐれない時に起きるものではありません。周りの環境も大きく関係しています。天候によって頭痛を起こす人がいる分、気圧の関係で頭痛を感じる人もいます。

そこで、今回は低気圧の時に起きる頭痛について解説していきます。

■低気圧のときになる頭痛の症状■

 低気圧になると調子が悪くなる、頭痛がするということを感じる人はいませんか?気分が優れないだけでなく頭痛まで感じるようになったら、それは低気圧のとき特有の頭痛かもしれません。

この頭痛は主に片頭痛持ちの女性に多く発症しやすいと言われています。低気圧によって頭蓋骨の中の圧力や血圧が変化することから頭痛となって現れることがあります。メカニズムは片頭痛とも呼ばれています。よって、感じる頭痛のレベルも片頭痛と似ていると言います。

低気圧の時になって片頭痛並みの頭痛がやってくるということですね。頭痛が治まるまでの時間も個人差がありますし、強い低気圧の時にしか感じないという人もいます。

■なぜ低気圧の時に頭痛が起きるの?■

 では、なぜ低気圧の時に頭痛を感じることがあるのでしょうか?これは先にも少し触れましたが、頭蓋骨の中で異常が起きているからです。頭蓋骨内の血圧や圧力に変化が起きるため頭痛となって出てくるんです。頭蓋骨に圧力がかかった状態になると、脳内の血管は収縮されます。

この収縮された血管に血液が流れようとするため、周りの三叉神経が刺激され、それが頭痛となって生じてきます。
この低気圧時の脳内の状況にプラスして、低気圧のときというのは血圧も下がりやすくなっています。血圧が下がると体内を巡る血液の循環が少し悪くなるということでもあるので、ここから肩こりや首にも症状を感じる場合があります。

もちろん、脳にも血液が流れにくくなるということなので、血管が拡張しようとし、周りの神経が刺激され頭痛が起きると言われています。

つまりは、低気圧のときの頭痛は気圧の関係で脳内が刺激されているということが言えますね。

■低気圧の時に頭痛になったら対処法は?■

 低気圧を事前に起こさないことは無理なので、低気圧の時に頭痛になった時にしっかりと対処できるようにしておくと何もしないよりはいいでしょう。

そこで、低気圧のときの頭痛の対処法としては、脳内の血管の働きを安定させることを念頭においてみましょう。
この脳内の血管を安定させるためにできることとしては・・・
・頭を冷やす
・静かな暗い部屋でじっとしている
・あったかい飲み物を飲む
・生活リズムを整える
この4点を意識してみましょう。

頭を冷やすのは定番の行為でもありますが、頭痛が起きた時にしばらく冷やしておくと徐々に痛みが引いてきます。頭を冷やすことで血管が拡張しているのを抑えることが出来るのでおすすめです。
また、光や音が脳に影響を与えると言われているので、低気圧のために頭痛が起きているのならそれを少しでも早く抑えるために暗くて静かな部屋でゆっくり休みましょう。そうしていると、徐々に頭痛がましになっていきます。

また、コーヒーは意外かもしれませんが、血管を収縮させる作用があるので低気圧のために拡張している血管を収縮してくれます。

最後に生活リズムについてはその他の健康にも関係してくることですが、特にストレスが良くないと言われているので日々の生活の中でストレスを溜めないように過ごすことが大事です。これら、4点を低気圧の時に頭痛を感じたら試してみましょう。今までじっと耐えていた痛みが早く改善されるかもしれません。

■整体では頭蓋骨の状態をチェックしていく■

 低気圧のときに起きる頭痛がひどいので整体で良くならないかなと思い訪れる人はいます。頭痛持ちの人は整体をよく利用されるでしょう。施術を受けると苦しかった頭痛がスーっと楽になるということもあるので、施術を受けてみる価値は十分にあります。
 整体では低気圧から来ている頭痛であっても、まずは頭蓋骨が歪んでしまっていないか、ちゃんと正しい状態になっているかを確認していきます。

この頭蓋骨の歪みを施術していくだけでも症状が緩和されるケースはあるんです。また、首と頭はつながっているので深い関係があるわけですが、首の筋肉が緊張している状態になっていないかというチェックも行います。

このように、頭と首といった頭痛が起きている部位の周りをまずは確認していき、その後全身の歪みも調べていきます。歪みが起きていることで、私たちの体にはさまざまな症状があらわれます。といってもすべての人が歪みもない体というわけではないので、整体を利用して元の正しい位置に戻していくことが体調を維持するポイントでもあるんです。

低気圧のときにのみ起きる頭痛だからと放っておきがちになるかもしれませんが、一度起きるとしばらく休んでおかないといけないので、そうなる前にできる対策はしておくと今後頭痛がやってきたときにも落ち着いて対処できるでしょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22