テニス肘

テニス肘

■テニスは、人気のスポーツです!■

趣味や健康のために、スポーツのテニスをしています。

今は、みんなが趣味を持って、「楽しく生活をしていきたいな!」と思うでしょう。

趣味の1つとして、多くの方に親しまれているのはスポーツです。

スポーツは体にもいいし、健康のためにも高い効果があると言われています。
また、仲間を作ったり、気分転換をしたり、仕事や家事や学校だけでは味わうことができない快感も味わうことができます。
今、スポーツを始めている方が多くなっています。

あなたも趣味に生きがいにまた健康のために、「何か、スポーツを始めたいな!」と思うかもしれません。

そこで、多くの方が始めているスポーツはテニスです。
昔から、テニスはイメージからも優雅で人気があります。
皇族の方も軽井沢などでテニスをします。

最近では、日本人の伊達公子さんや錦織圭選手も大活躍をしています。
松岡修造さんもテニスの元選手でした。
テニスは、幅広い年代からも親しまれています。
「優雅に、自分もテニスができたらいいな!」
と思う方がたくさんいます。

■さまざまな年代の方にも、テニスは人気!■

テニスは、さまざまな年代に人気になっています。
お子様も幼児教育で、テニスをやります。
小中学生や高校生は、部活動でもテニスをするでしょう。
大学生は、サークルやコンパでテニスができるのは定番になっています。

また、テニスをプレーする方で多くなっているのは中高年です。
中高年が健康のために、生きがいのために、仲間作りのために、テニスをやっています。
このように、お子様から50代以降の中高年の方までテニス人気は広がっています。

■テニスは、見た目以上にハードなスポーツです!■

確かに、傍から見ていたらテニスは楽しそうで、優雅でかっこいいスポーツです。
だから、自分でもテニスをプレーできたら楽しそうに思うでしょう。

テニスは自分がプレーしてみたらわかるのですが、実際には自分がやったらハードなスポーツです。
そして、今大きく問題になっていることがありますから、ご紹介をしなくてはならないでしょう。

■「テニス肘」は、スポーツ障害の1つです!■

テニスをしたことから、「テニス肘」に!

それは、スポーツのテニスをやったことから、「テニス肘」になってしまう方が目立って多くなっているのです。
あなたは、「テニス肘」という症状を聞いたことがありますか?
テニス肘はテニスをしたことから、ラケットを持っていた手が障害をおこしたりけがをしてしまう症状です。

テニス肘は、「スポーツ障害」の1つに認定されています。
スポーツ障害のテニス肘にかかってしまう方が目立つようになりました。

スポーツは、イメージでは体にいいもののように思います。
自分がやっていたら、体中には今まではかかったこともないような大きな負担がかかってきます。
その中の1つが、テニス肘です。

テニスをやったことがない方がいきなり始めたら、肘の筋肉や腱や神経には今までではかかったこともない力がかかってきます。
その強くかかる力のせいで、肘が炎症をおこしてしまうのです。

そして、その炎症がどんどんと大きくなっていきます。

やがては、スポーツ障害のテニス肘にかかってしまうメカニズムです。

多くの方が、テニス肘には悩まされています。

テニスや医療の知識に詳しい専門家の話では、テニスをやっている方の約3割もが、何らかの痛みや違和感をテニスをやっている時には感じるのです。
約3割もの方が、テニス肘やその兆候があるというわけです。
約3割もの方がテニス肘に悩んでいるのは、多い数字だと思いませんか?

あなたもテニスをするときには、スポーツ障害の1つのテニス肘にはかからないようにしなくてはならないでしょう。

有名なプロテニスプレーヤーでも、スポーツ障害のテニス肘にかかったことから、引退を余儀なくされてしまった選手も多いです。
プロではなくても、一般人のテニス愛好家も、テニス肘になったことから、テニスが続けていかれなくなってしまうことはよくおこってしまいます。

このように、テニス肘になったら、プロでもテニス愛好家でもテニスを楽しくプレーできなくなってしまうでしょう。

あなたにもテニス肘の危険が!

テニス肘にかかったら、どうしたらいいのでしょうか?

どなたでもなってしまう危険性が高いテニス肘ですが、あなたがスポーツ障害のテニス肘にかかってしまったらどうしたらいいのでしょうか?
テニス肘になったら、1番重要なことは痛い患部を安静に保つことです。
しばらくは、やりたくてもテニスはできないかもしれません。

自分がテニス肘になったのに、そのままテニスをプレーしていたら、どんどんテニス肘の症状は重症になってしまいます。
自分がテニスをしていて、
「肘が痛いな!おかしいな!」
と思うときには、すぐにテニスのプレーは中止をしてくださいね。

スポーツ障害のテニス肘になっているのに、テニスが好きだからやめられない方もいます。

これは、テニス肘のことを考えたら、1番よくない危険なことといえます。

■テニス肘では、さらなる施術が必要なことも…■

もしも、あなたのスポーツ障害のテニス肘が悪化してしまったら、さらなる施術をしていかなかったらいけないのです。
テニス肘も軽症だったら、特別な施術をしなくても痛む患部を安静にしていたら、2,3週間でテニス肘の症状も軽くなっていきます。

けれども、テニス肘の症状が悪化したら、さらに積極的な施術が必要になります。
1番重症になったら、テニス肘のせいで、肘の手術をしなくてはならないでしょう。
そのほかにも、テニス肘の痛み止めの注射を打たなくてはならない事態も考えられます。
実際に、テニス肘が悪化したことから、日常生活に支障が出てしまう方もいます。

「たかがテニス肘」と簡単に考えて、テニスをプレーすることは危険なことです。
今のままプレーを続けていたら、手術施術や注射施術をしなくてはならないかもしれません。

これからも、快適に気持ちよくテニスをプレーしていきたいですね。
スポーツ障害の1つのテニス肘にはならないように、今から十分に気を配りながら、気持ちよくテニスをプレーしていきましょう!

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22