テニス肘

 

テニス肘

■テニスは、人気のスポーツです!■

趣味や健康のために、スポーツのテニスをしています。

今は、みんなが趣味を持って、「楽しく生活をしていきたいな!」と思うでしょう。

あなたも趣味に生きがいにまた健康のために、「何か、スポーツを始めたいな!」と思うかもしれません。

そこで、多くの方が始めているスポーツはテニスです。
昔から、テニスはイメージからも優雅で人気があります。

■さまざまな年代の方にも、テニスは人気!■

テニスは、さまざまな年代に人気になっています。
小中学生や高校生は、部活動でもテニスをするでしょう。
中高年が健康のために、生きがいのために、仲間作りのために、テニスをやっています。
このように、お子様から50代以降の中高年の方までテニス人気は広がっています。

ところが、注意が必要です。中年以降のテニス愛好家に生じやすい肘の障害があります。それはテニス肘と呼ばれています。

■「テニス肘」とは■

あなたは、「テニス肘」という症状を聞いたことがありますか?

ものをつかんで持ち上げる、雑巾ををしぼる、ペットボトルの蓋を開けるなどをすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが走ります。

多くの場合、安静時の痛みはありません。
テニス肘は、一般にテニスでひじを酷使したとき生じやすいことからつけられた呼び名です。正しくは「上腕骨外側上顆炎」といいます。しかし、テニスとは無縁のかたが発症することも少なくありません。重いものを運ぶ仕事をしている人もなります。ひじを酷使していなくてもなるときがあります。

原因は、いろいろ考えられます。まずは、加齢によるもの。
また、本人が意識していないものの、なんらかの作業で手や腕を酷使しているからと言われますが、不明なことが多いです。

テニス肘、からだのゆがみを整えると楽に

このように原因不明のテニス肘ですが、サクシタ療法院ではからだのゆがみが原因と捉えます。まず、からだがゆがむことにより肘の関節がゆがみます。また、ゆがんだままのからだで、偏った肘の使い方をした為に負担が多くなる。これらのことでテニス肘がおきると考えます。ですから肘の部分のみで考えるのではなく、無痛整体で体全体から良い変化をするようにバランスをとります。それと同時に肘の痛みをとる施術も行います。全体と部分。この両方向からのアプローチでテニス肘の改善を目指すのがサクシタ療法院です。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/21