突き指

突き指

■「突き指」になってしまう方がよくいます。■

人間の体の中でも、最もよく使う部分は指や手ですから、指や手も様々な病気やケガをしたり、症状がでてきます。
もしも、指や手に病気やケガや何かの症状がでた時には、あなたの日常生活も送りにくくなってしまうのですから、けがや病気をしないように注意をしなくてはならないでしょう。
手や指の病気やけがの症状でも、おこしてしまう方がたくさんいるのは、「突き指」です。
日本人でも、過去に突き指をした経験がある方は多く見かけますから、あなたもいつ突き指をおこしてしまうのかが分からないから用心をしましょう。

■「逆流性食道炎」の危険性が…■

胃の痛みや不快感を感じた時には、様々な病気にかかっている危険性があります。
体の中でも、胃や大腸や食道などの消化器官は大きな病気にかかってしまいやすい部分ですから、胃の痛みや違和感をそのままにはしないでください。
胃や食道の病気の種類は細かく言ったら、20種類以上はありますが、その中でも、近年かかってしまう方が多くなったのは、「逆流性食道炎」です。 p>
「逆流性食道炎」は、以前は日本人ではかかってしまう人が多くはなかった病気ですが、近年かかってしまう患者さんが確実に多くなっています。

■どうして、突き指になってしまうのでしょうか?■

突き指になってしまうのは、さまざまな原因からおこしてしまいますが、どうして突き指になったのかが分からないで、気がついたときには突き指になっているケースも見かけます。
突き指はけがをしたときに、すぐに症状がでることもあるのですが、しばらく時間がたってから、ケガの症状がでてくるケースもあります。
こうなった時には、患者さんはどうして自分が突き指になったのか分からないものです。
ほんの些細な衝撃でも、場合によっては、突き指になってしまうこともありますから、注意をしなくてはならないでしょう。

■スポーツ障害から、突き指に!■

突き指になってしまうケースで1番多いのは、スポーツをしたときに発症するケースです。
どんなスポーツをしても、手や指は使うものです。
走るスポーツで、スポーツをやっている時には手や指は全く使うことがなくても、転んだり手をついたり、なんらかの事故をおこしたときには、手や指をついて体をかばいますから、手や指は使います。
どんなスポーツをやっていても突き指はおこしやすいケガで、「スポーツ障害」から突き指になってしまうことがよくあるのです。

バスケットボールやバレーボールやソフトボール、野球、ハンドボールなどの球技はもちろんのこと、体操や水泳、また直接手や指は使わない、サッカーや陸上競技、また柔道や剣道などの日本古来のスポーツでも、スポーツ障害の1種の突き指になってしまう方がたくさんいます。

■日常生活の何気ない動作からも、突き指に‥■

さらには、日常生活の中でも何気ない動作から、突き指になってしまうものです。
家事や育児、仕事、ボーリングなどの遊び、またパソコンや携帯電話やスマートフォンをやっていた時にさえ、突き指になってしまうことも見かけます。
スポーツをやっている時だけではなくて、あなたの日常生活には、突き指になってしまう危険性があふれているといってもいいでしょう。

■最近、特に増えている突き指の原因とは?■

高齢者の方に、突き指が増えています!

突き指は、ほんの少しの衝撃でもなってしまうことがありますが、どうしてなのでしょうか?
それは、元々の骨が弱くなっているからです。
かなりの勢いで増えているのは、高齢者の方が突き指になってしまうことですが、高齢者の方は元々骨がもろくなっていて、骨密度が下がっていて、指の骨もスカスカの状態になっています。
指や手には少しの力しかかかっていないのに、高齢者の方は突き指になってしまいます。

目立って多くなっているのは、「骨粗鬆症」から突き指になってしまう方です。
「骨粗鬆症」は、女性には増えている骨がもろくなってスカスカになってしまう症状です。
「骨粗鬆症」になったら、あなたの骨ももろくなってスカスカになってしまうから、ほんの少しの衝撃でも突き指になります。
骨粗鬆症にはなりたくないし、なった方は突き指をしないように、骨を守らなくてはならないでしょう。

まだ、骨の発育が十分ではない、幼いお子様や十分な栄養成分がとれていないダイエット中の方もほんの少しのことでも突き指をしてしまいますから、気をつけたいものです。

このように突き指は、その方の年齢や生活環境や健康状態から、おこしてしまうケガといえます。

■突き指をしないようにするためには、どうしたらいいのですか?■

スポーツをするときには、十分にウォーミングアップしましょう!

では、突き指をしないようにするのには、どうしたらいいのでしょうか?
突き指をしないようにするためには、スポーツをするときには、十分にウォーミングアップをやってから始めたらいいのです。
いきなり、スポーツをやった時には、あなたの指は突き指をおこしてしまいますから、十分にウォーミングアップをしてから、スポーツを楽しんでください。ウォーミングアップを十分にやって、関節の骨や筋肉周辺を十分に温めてからスポーツを始めたら、突き指もおこしにくくなっていきます。

■毎日の食生活にも、気を配っていきましょう!■

毎日の食生活に気を配って、普段から強い骨や筋肉の状況にしておくことも突き指にならないようにするためには、重要なことです。
最近では、食生活が乱れていたり、ダイエットをやっていることから、骨や筋肉の状況が弱くなってしまう方もいます。
あなたは、毎日食生活から十分な骨や筋肉にいい栄養成分を補給していますか?
おそらく、食生活が乱れていて、体の骨の健康を考えた食生活になっていないことも考えられます。
これからは、毎日の食事から、たんぱく質やカルシウム、ビタミン、ミネラル…鉄分、亜鉛などの骨や筋肉の健やかな成長には欠かすことができないものを補給していきましょう。

たんぱく質やカルシウムビタミン、ミネラル、鉄分、亜鉛などの骨や筋肉の健康にいいものを意識しながら食べていたら、骨は強くできますから、少しの衝撃から突き指をしてしまう危険性も少なくできます。

突き指の予防に効果が高い方法は、新鮮な緑黄色野菜やフルーツ、また海藻や小魚などの、体の骨や筋肉にいい栄養成分を積極的に補給することです。
そして、骨の健康にはあまりよくない、脂分やお肉、ファーストフード、お菓子、ジャンクフード…などは食べるのを控えたいものです。

■食生活の改善は、骨の健康維持には重要です。■

毎日自分が食べる食生活の重要性をおろそかにしている方が目立ちますが、突き指やそのほかのけがや病気をしないための予防にも、毎日の食生活をいいものにしていくことは、非常に重要なことといえます。
あなたも意識的に食生活の改善を行って、突き指をしないために、新鮮な緑黄色野菜やフルーツ、また海藻や小魚などをいただきたいですね。
そうしたら、同じスポーツをやっていても、突き指の症状をおこしてしまう危険性も少なくできますし、日常生活の中で、いつの間にか突き指をおこしていた!
ということもなくせます。

仕事でも勉強でも家事でも育児でも遊びでも、またもちろん楽しいスポーツでも、何をするときにも、指や手は必ず使う大事な部分ですから、突き指をして手や指が不自由にならないように気をつけたいです。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22