無痛整体とうつ

 

整体とうつ

■うつの不調に無痛整体で!■

最近はうつ病を発症する人もかなり多いと言われています。それだけ日々の中でのストレスやプレッシャーが大きいということもいえます。うつ病と診断されてしまう人は年々増加する傾向にもあると言われています。そんなうつ病ですが、とにかく体と心をしっかり休めてリラックスすることが大事です。うつ病による体の不調は、無痛整体で歪みを整えることでに楽になるという報告を受けます。

■うつ病の症状とは■

まずは、うつ病の症状についてどのようなものがあるのか紹介していきましょう。うつ病に関しては症状がたった1つに定まらず、人によってどんな症状が現れるのかその時によってわからないと言われています。順番にうつ病の症状を以下に示していきましょう。

・気分が沈む
これは、うつ病の代表的な症状ともいえるでしょう。悲しくなったり落ち込んだり、気分が憂鬱になります。急に泣いてしまうこともあります。それほど、情緒不安定になっているということがわかります。そして、この気分が左右される症状は、主に午前中に多いとされています。よって、午後になると急に気分がすっきりするということもよくある話なんです。

・興味がわいてこない
こちらもうつ病の症状としては有名です。何をしても楽しくない、面白くない、やりがいを感じないという悪循環に陥ってしまいます。よって、何もしたくなくなる、家に引きこもりがちになっていきます。人が変わってしまったように急に興味をなくしてしまうので、うつ病の症状と言われています。

・食欲や体重が大きく変わる
うつ病になると、たいていは食欲が低下します。食欲がわかないことから、体重が一気に落ちてしまうこともあります。何を食べてもおいしくない、お腹がすかないという気持ちになってしまうのです。また、それとは反対に食欲はあるけれど甘いもの限定というケースもあります。よって、スナック菓子やケーキなど甘いものばかりを食べ、結果的に体重が増えてしまうことにもつながります。食欲のコントロールが上手にできなくなってしまうんですね。

・睡眠障害
そして、うつ病になると睡眠の際にも障害が生じてくるようになります。寝ていても急に夜中や朝に目が覚めるようになり、そこからなかなか寝付けないという流れになってしまいます。特に、うつ病の場合は不眠になる人が多いです。不眠によって次の日もすっきり目覚めることができず、気分も体も不調のまま過ごす事になってしまうのです。

・疲れやすくなる
うつ病になると、気力を失ってしまったり疲れることが多くなります。特に何もしていないのにひどく疲れてだるく感じることがあります。手を洗う、服を着るなどといった基本的なことすらやる気が出なくなってしまうんです。

うつ病の症状としては、このようなものがあります。どれも起きて欲しくはない症状ですが、ちょっと思い当たる節があるかもと感じたら、早めに対処していかないといけません。

■無痛整体に行って体が軽くなった!■

うつ病になっても、治療の過程で何かがきっかけで気分が優れたり、快方へ向かうことがあります。そのきっかけの1つに無痛整体があります。うつ病になると体で感じる不調はいろいろと出てきます。首や肩がこるようになったり、冷え性になることもあります。こういった体の不調を無痛整体で施術していくことができます。 無痛整体では、主にゆがみをとり、自律神経の調整をおこなっていきます。

うつ病は重くなると、完全に復帰するまで多くの時間がかかると言われています。そうなると仕事や人間関係においても支障が出てくるものです。重くならないうちに、お医者さんの治療や心理療法等とともに、無痛整体を改善させていくための1つの手段として利用してみるといいでしょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/07/20