斜頸

斜頸

■「斜頸」という症状を知っていますか?■

首が左右に傾いてしまう症状がでます。

体が健康だったら、自分の意志のままにどこでも自由に動かせるものと思うでしょうが、病気にかかったら、自分の思い通りには動かないこともあります。
そんな筋肉の病気の1つが、「斜頸」です。
「斜頸」は頸部(首)が自分の意志とは関係なく、左右どちらかに傾いてしまいます。
斜頸になったら、首が動かしにくくなったり、回しにくかったり、場合によっては、痛みが伴うこともあります。

その患者さんによって、どの程度に首の傾きが斜頸でおこるのかは違ってきまして、他人からは分からない程度の首の傾きの患者さんもいますが、
「明らかに、首が傾いていておかしいです!」
というくらいに、異常に首が傾いている方もいるのです。

当然、首の傾きが大きかったら、その分日常の生活にも不自由を生じますから、日常生活が正常に送れない方もいますし、運動や仕事や学校にも支障が出ます。
斜頸になった患者さんは自分が困るだけではなくて、他人から見ても異常になるので、他人の目が怖くなるということもよくおこることです。
斜頸の患者さんは不自由な自分の体と、他人の目と両方と戦っていかなかったらいけないのです。

■斜頸にも、さまざまなタイプがあるのです。■

生まれた時から!先天性筋性斜頸

首が意志に反して傾いてしまう「斜頸」にも、様々なタイプがありますが、1番多いのは、先天的に生まれた時から、斜頸になっている「先天性筋性斜頸」の症状です。

「先天性筋性斜頸」はすべての赤ちゃんのおよそ0・08〜1・9%におこる症状で、逆子や早産や難産のケースでは、先天性筋性斜頸になりやすいです。

先天性筋性斜頸になっていても、成長とともに症状がよくなることもあります。

先天性筋性斜頸の患者さんの9割は1歳になるころには、ほとんど目立たなくなるくらいに首の傾きも回復してきますから、自分のお子様が先天性筋性斜頸になっていても、あわてないで成長を見守っていくことも大事です。

■後天性の斜頸もあります。■

斜頸は生まれながらにならないで、後天的になってしまうこともありまして、眼性(がんせい)斜頸、炎症性斜頸、痙性(けいせい)斜頸などの症状です。
眼性(がんせい)斜頸、炎症性斜頸、痙性(けいせい)斜頸は大人になってから、何らかの原因によって、後天的に発症してきます。

眼性(がんせい)斜頸、炎症性斜頸、痙性(けいせい)斜頸などは、大きな病気にかかったら、その症状の1つでおこるのです。
中枢神経や末梢神経の病気になった患者さんが、眼性(がんせい)斜頸、炎症性斜頸、痙性(けいせい)斜頸をおこすことが報告されていますので、大人になってから斜頸になった時には、神経や筋肉などの大きな病気にかかった危険性もあるので、専門的な医者にかかり早めの正しい精密検査をうけたらいいでしょう。

■1つの斜頸の大きな要因です!ストレス!■

大きな病気にはかかっていなくても、成人してから後天的な斜頸になってしまうこともありますが、それは、現代的な原因からおこるストレスや精神的な問題です。
筋肉や神経も過度なストレスをうけた時には、首が傾く斜頸の症状が現れてきますから、後天的な斜頸にストレスが大きくかかわってくるのです。
人間関係や仕事や勉強などで体にストレスがかかって斜頸になって、首が動きにくくなったり傾いたりするケースはよくあります。

患者さんの中には、首が傾くなどの異常になったから、病院でレントゲンや血液検査などの精密検査を受けたのに、全く原因が見つけられない方もいます。
長年にわたって、首の傾きの斜頸の症状が改善しないから、困っているのですが、そんなケースでは、精神的なストレス説が有力な原因に考えられます。

ストレスは簡単に考えてしまう方もいますが、体にストレスがかかったら問題は大きいのです。
斜頸もストレスが引き金になって、比較的頻繁に発症をしますし、斜頸にストレスが原因でなってしまう世代は、お子様から主婦、サラリーマン、また中高年の方まで幅広い世代です。

昔では考えられなかったのですが、小さな小学生のお子様もストレスから斜頸になってしまうこともあります。
小学生のお子様でも日常の中で過度なストレスをうけたら、首が傾いたり痛くなりますから、親や先生や周りの大人たちがお子様の斜頸の症状を見逃さないように注意をしなくてはならないのです。

■斜頸の施術を始めていきましょう!■

あなたの症状にあった、斜頸の施術をしましょう。

もしも、大きな病気にかかって斜頸になったら、まずはその病気の施術を始めていくことが肝心です。
神経などの病気にかかっていたら、病気の施術をやったら、斜頸の症状も改善していきます。

■後天性のストレス性の斜頸になってしまったら…■

患者さんが神経の病気から斜頸になったのではなくて、ストレスから斜頸になったらまったく施術方針も変わってきます。
内科で、ストレス性の斜頸の施術をやっていくことはできませんので、ストレス関係の斜頸の施術ができる機関に行って、ストレス性の斜頸の施術をやっていくことが肝心なのです

どこにいったら、後天性のストレス性の斜頸の施術をやっていくことができるのでしょうか?

病院だったら、神経内科や精神科にかかって、まずはどうしてストレスを感じて、その結果ストレス性の斜頸になってしまったのか、原因究明から始めていかなかったらいけませんから、内科では施術はできません。
ストレス性の斜頸にかかった時には行かなくてはならない科は、精神科や神経内科などです。

精神科や神経内科では専門の医師やカウンセラーの施術をうけて、後天性のストレス性の斜頸の施術を行っていきます。
異常な症状は首に出ていますが、ストレスの原因を突き止めて、自分の心の問題から解決していかなかったらいけないからです。

■医者には行きにくいから…。整体施術をうけてみませんか?■

「自分がストレス性の後天性の斜頸になっていても、医者には行きにくいな!」
と思うこともあるのではないでしょうか?
特に、精神科や心療内科に行くのは敷居が高いものですから、行くといい施術の場所があるのでご紹介をします。
それは、整体施術です。
整体は後天的なストレス性の斜頸に悩んでいる時には施術効果が高い方法で、整体は東洋医学ですから、あなたの体を穏やかに施術してくれます。

整体にいったら、どんなストレス性の斜頸の施術を受けられるのでしょうか?
どこの整体に通うのかによっても、うけられる施術は違っていますが、整体ではマッサージをやって、体の歪みを改善してくれる体に優しい施術を受けられます。
マッサージ以外にも、電気療法や温熱療法などの方法で、たまったストレスを癒してくれるのです。
各種の東洋医学に基づいた施術を整体でうけるのは、ストレス性の斜頸には効果が高いといわれています。

マッサージや電気療法や温熱療法や鍼灸施術などのどの施術の方法を整体でうけても、あなたの体は気持ちよくリラックス効果が高められます。
斜頸の施術に整体施術を選択したら、体の中から気分がよくなりながら、改善効果が得られるのも大きな特徴になっています。 /p>

■積極的に、斜頸の施術をやっていきましょう!■

あなたも、首が傾いてしまう斜頸の症状に悩んでいませんか?
ストレス性の後天性の斜頸に悩んでいるのなら、1人で悩んでいないで、積極的に施術をうけに行きましょう。
ストレス性の斜頸に悩んでいる方は症状があるのに、積極的な施術をやらないで、病気に悩んでいることも考えられます。

「過去に、ストレス性の斜頸の施術を受けたのに、改善効果がなかったから、どうせどんな施術をうけても効果がないでしょう!」
と、思いこんでいる方もいますが、整体で東洋医学の斜頸の施術を受けたら、つらい症状も改善していくものです。

■サクシタ療法院に行ってみませんか?■

「東洋医学がいいと思うので、整体で斜頸の施術をうけます!」
という時には、行くといいのはサクシタ療法院です。
サクシタ療法院は、ストレス性の斜頸にも効果が高い東洋医学を使った整体施術を行ってくれますから、他の機関での斜頸の施術に効果が感じられなかった方もサクシタ療法院にいったら、施術効果が感じられるのです。
体も心も気持ちよくリラックスしながら、サクシタ療法院で整体施術をうけましょう!

サクシタ療法院では、先生やスタッフみんなが笑顔で、あなたのつらい斜頸の症状の施術にあたってくれます。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22