坐骨神経痛と太ももの痛み

坐骨神経痛、太ももの痛み、しびれ

■坐骨神経痛 太ももにしびれや痛み■

太ももにトラブルが起きると動くことすら苦痛に感じてしまうので非常に厄介です。特に年齢を重ねていく中でみなさんが発症しやすいのが、坐骨神経痛です。

太ももに症状が出てくる人が多いので、どんなことが起きるのか解説していきます。

■坐骨神経痛について■

まずは、坐骨神経痛について少し説明しておきましょう。坐骨神経とは腰から足にかけて伸びている神経のことを指しています。ここの神経が圧迫されたり刺激されることで、下半身に症状を感じるようになります。

年齢が若いのに坐骨神経痛だということであれば、腰椎椎間板ヘルニアが関係していると考えられます。また、加齢とともに坐骨神経痛を発症したということであれば、それは腰部脊柱管狭窄が原因と言われる場合が多いです。

どちらにしても腰椎にまず異常が起きて、その後坐骨神経が圧迫され、下半身に支障が出るという流れになっています。

下半身には痛みやしびれを起こすようになるので、早めに解決していかないと長く坐骨神経痛と向き合うことになってしまいます。

■太ももの痛みやしびれについて■

坐骨神経痛を発症すると症状もいくつか出てくるようになります。おしりが痛くなったり、からだをかがめる動作が辛い、腰も痛みが出てくる・・・などありますが、中でも太ももの痛みとしびれを感じる人が多いようです。

太ももにいきなり痛みとしびれが出てくると仕事をしている最中や家事の際にも今までどおり動きにくくなってしまうので注意が必要です。
この太ももに痛みやしびれが生じるのは、坐骨神経痛になって割と早い段階で感じる場合が多いです。

そこで、この症状を見逃さないようにして改善していくようにしましょう。そのまま放置していては太ももだけでなく、足先にまでしびれや痛みが生じるようになります。太ももで症状を感じたらそれ以上悪化させないというのもポイントになってくるでしょう。

また、太もものしびれについては希に坐骨神経痛でない場合もあるので注意しましょう。もしかしたら怖い病気が隠れているかもしれません。違和感を感じた時点で早めの受診がカギとなってきます。

■太ももの痛みやしびれを改善していくには■

太ももにしびれと痛みが出てくると歩くのも今までどおりにできなくなりますし、そうなるとすべての行動において時間もかかってきます。今まで簡単にできていたことが難しくなり、体も心もストレスを溜めていってしまうことでしょう。そこで、太もものしびれや痛みを少しでも改善していく方法はあるのでしょうか?

・筋肉をほぐしていく
坐骨神経痛で太ももにのみ症状が出ていても実はその周りも影響を感じていることが多いです。そして、筋肉が緊張してしまっているのがしびれや痛みの要因になっているかもしれないので、筋肉をほぐしていけたらいいでしょう。固まったままの体よりは坐骨神経痛で症状が辛くてもできる範囲で筋肉をほぐしていけると症状が緩和されることもあるんです。
筋肉をほぐすのは自分では難しいと思うので、そんなときはぜひ整体を利用してみてください。その時には病院で坐骨神経痛と診断されたということを伝えると、より的確に施術をしてくれます。

・からだを動かしていこう
ついつい運動不足になっているという人多くありませんか?この運動不足が坐骨神経痛を招くということも考えられます。いきなり慣れない運動をすると体には大きな負担がかかります。それが日頃から少しウォーキングをする、ジムでトレーニングをしているというだけでも違うんです。
無理なことをして坐骨神経痛になるというよりは筋肉が固まってしまってそれが悲鳴を上げているという考え方もできます。デスクワークばかりで体を動かす機会がない、移動も車だから歩くこともあまりないという人は積極的に運動を取り入れていった方がいいでしょう。
体を動かすと気分もスッキリするので、心の中についつい溜めがちなストレスも発散できるでしょう。ストレスが少しでも減ると睡眠もしっかり取れるようになり、食事もおいしく感じます。つまり、健康的な体になっていくということになりますね。

 

・不規則な生活も改善していこう
坐骨神経痛の場合はどんなことが関係して発症するか、人それぞれとなっています。しかし、その中でもやはり不規則な生活は体によくありません。坐骨神経痛以外の恐ろしい病気の引き金にもなってしまう可能性があります。
そこで、食事を栄養バランスを考えてしっかりと食べる、睡眠の質を良いものにしていく、適度な運動を入れるようにするなどの生活全体を見直していきましょう。少し意識するだけでも体は健康的になっていきます。そうすれば辛い坐骨神経痛も徐々に改善されていくことでしょう。

坐骨神経痛は太ももにしびれや痛みを引き起こすので一度なるとしっかりと対処していかないといけません。少しでも太ももにしびれや痛みを感じたら無理のないように医師に診察をしてもらったり、生活を見直していきましょう。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22