坐骨神経痛おしりの痛み

坐骨神経痛おしりの痛み

■坐骨神経痛とおしりの痛み■

人は加齢とともにいろんな部位に支障が出てくるようになります。筋肉が痛かったり、神経部分が痛かったりと思わぬ行動から痛みを感じるようになることも多々あります。

そこで、神経痛の中でも坐骨神経痛について解説しましょう。

■坐骨神経痛とは■

坐骨神経痛ってよく聞く症状ですが、詳しく知っていますか?まずは、坐骨神経とはどこのことかというと、腰から足にかけて伸びている神経になります。腰や足というと上半身をしっかり支えるためにいつも働いてくれていますが、腰や足に負担がかかることで坐骨神経が圧迫されるようになります。

そして、症状としては痛みやしびれが出てくるようになるんです。
坐骨神経痛の原因としては加齢とともに腰椎に異常が出てきて坐骨神経が圧迫されるために、症状が出てくると考えられています。

よって、発症する年齢については中高年に多くなっています。若い頃に坐骨神経痛になるというケースは少ないです。ゼロではありませんが、やはり老化現象の1つとして考えられているので、中高年に多い症状となっているんですね。

人によって坐骨神経痛で出てくる症状は違いますが、お尻の痛みや太もも、ふくらはぎ、すねと下半身全体にしびれや痛みが出てくるようになります。また、ふくらはぎが張ることもありますし、締めつけ感を感じる場合もあります。

■おしりの痛みにはどう向き合っていけばいい?■

 坐骨神経痛の症状の中でも多くなっているのが、おしりの痛みです。おしりが痛いと何をするのも不快に感じてしまうので、できるだけ改善できるようにしていかないといけません。おしりが痛くなるケースは多くなっており、座るのも困難になってきます。

そして、おしりの中でも尻エクボと言われる部位を押した時にびっくりするような痛みが走ったら、これは坐骨神経痛の症状がかなり進行しているということにもなるでしょう。
このおしりの痛みは座ったり立ったりの動作さえ辛くなってしまうのでどうにかしたいと思うでしょう。

そこで、マッサージをやってみようと考える方が多いと思いますが実はおおもとの原因は骨盤の歪みなので骨盤を整えることに意識を持っていきましょう。

また、坐骨神経痛についてはおしり全体ではなく、片側だけ痛くなるというケースもあります。両側が痛いという場合は実は少なく、ほとんどの人が片側だけ痛みを感じるようになると言います。

■坐骨神経痛を改善していくには?■

この坐骨神経痛は日々の生活も送るのが難しくなってくるので、なんとかして早く解消していくようにしたいです。そこで、どんなふうに改善していくことができるのか、方法を紹介しましょう。
 
・薬物療法
 坐骨神経痛についてはとにかく痛みが辛いという場合が多いので、その痛みを和らげるために薬物療法を用いることが多いです。そこで、痛み止めとして非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を処方されることが多くなっています。また、痛みというよりはしびれの方が強いというときには神経障害性疼痛施術薬や筋緊張弛緩剤を服用して、経過を見る場合もあります。
 坐骨神経痛の中でもどの症状で辛いのかということを医師に伝えると、それに合った薬を処方してもらえるでしょう。痛みがひどくなる前に見てもらうようにするといいでしょう。

・日頃の生活習慣も見直してみること
坐骨神経痛については日頃の生活習慣も関係しているので、何もしないよりは何か改善できることをしていかないといけません。座っている時の姿勢を意識してみたり、体を冷やさないようにする、肥満を防ぐために適度な運動もしていく、筋肉をほぐす動作もマッサージなどを利用して実践してみるといった変化をつけることが大事です。
生活を意識するだけでも、坐骨神経痛の症状を徐々に緩和させることができるとも言われています。いつのまにかくせになっていることが、加齢とともに坐骨神経痛となって発症するというパターンもあるので、今のうちから生活の中で気をつけていくことができれば坐骨神経痛にもならずに済むでしょう。

小見出し:坐骨神経痛と整体
整体にも坐骨神経痛で辛いですと訪れる方は多いです。みなさん抱えている症状は違うので、それによって施術の内容も変えていかないと意味がありません。そこで、まずは坐骨神経痛の中でもどこの部位に症状が出ているのか、その症状の種類としては痛いのかしびれなのかといったヒアリングをしながら、実際に下半身の状態をチェックしていきます。
基本的にはあまり痛みを感じる施術は少なく、それでも施術を加えた後と前とでは坐骨神経痛の症状が大きく違うのを実感していただけるでしょう。整体ではあまり痛みを感じないよう、負担にならないように慎重に進めていきます。なので、気になることがあったら何でも相談してもらうといいでしょう。

坐骨神経痛は今は多くの人が抱えている症状でもあります。少しでも症状を改善させて活発に行動できるように、しっかりと向き合っていくことが大切です。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22