背骨のゆがみと症状の症例


背骨のゆがみからくる症状

人の身体を支える背骨は、緩やかなS字カーブをしていることで、外部からの衝撃や体重負担を和らげています。

ゆがんでいない身体とは、正面から見ると左右対称になっている状態のことです。左右アンバランスで背骨が体の中心にないことを、背骨がゆがんでいるということになります。

背骨がゆがむのには、いろいろな原因があります。いつも重たい鞄を片方の肩にかけて持つ。同じ姿勢で居続ける。椅子に座って足を組む。机に頬杖をつく。様々です。では、背骨がゆがむことで、どのような症状が出てくるのでしょうか?

背骨のゆがみ 踵痛い症状を整体でチェックしましょう

足首・足の甲・かかとの痛み

背骨がゆがんでしまうと、左右のバランスが崩れます。それによって、人の身体を支える足の関節に負担をかけ、関節のある足首、衝撃を一番受けるかかとに痛みを引き起こします。

反対に、足の痛みから背骨がゆがむこともあります。体重を支える足に合わない靴を履いている場合、外反母趾になる可能性が出てきます。症状が進行すれば痛みも感じるようになります。

また、体重が足の甲の一部に集中してしまい、歩くたびに痛みを感じ事があります。痛い足を庇い、もう片方の足に負担がかかります。それに合わせて不安定になった身体を支える為に、背骨も歪んでバランスを取ろうとするので、結果的に背骨が歪んでしまうのです。

首痛・肩痛

人の頭は、5kg程の重さがあります。結構な重さです。正しい姿勢であれば、正面から見ても、横から見ても、重たい頭は首・肩の上にあり、しっかりと支えられている状態になります。では、背骨がゆがんでしまうとどうなってしまうでしょうか?

背骨がゆがんでしまうと、頭を支える背骨という柱が崩れます。それによって頭の位置が本来の場所から移動し、重心がそちらにずれていきます。

そのまま放っておくと倒れてしまうので、頭を支える首や肩に力が入ります。正しい姿勢ではない状態で支えているため、負担がかかり、首や肩がつらく痛むのです。

背骨のゆがみ 腰痛症状で歩行困難になる可能性も

腰痛と歩行困難

並んでいる背中の骨ひとつひとつをつないでいる「椎間板」が、本来いるべき位置から飛び出してしまうことで、それによって腰痛が起こります。腰痛だけでしたら、安静にしていれば改善されますが、重たい荷物を持つ等、腰に負担をかけることで再び痛みだすことがあります。

もうひとつ、「椎間板」が飛び出したことで、神経を圧迫してしまうことがあります。

歩くとき、片足を上げて前で踏み出すことで人は進みます。この動作が出来ない、もしくはし辛いというのは、脳から発信される「足を上げろ」「前へ踏み出せ」という命令が、神経を通ってうまく足まで伝わっていないということです。

背骨がゆがむことで、命令伝達を行う神経が通る道である「脊髄」が圧迫されます。これによって、脳からの命令がうまく伝わらず、「歩く」という動作に支障が出てきます。

背骨のゆがみ しびれ症状がでる時があります

腰痛と足のしびれ

「脊柱狭窄症」は、背骨にある「脊柱管」という穴が狭くなり、中を通る神経が圧迫されることです。背骨のゆがみによって腰痛が起こるだけでなく、「脊柱管」の中にある神経を圧迫することによって、その先にある足指にしびれが発生する原因になります。

背骨のゆがみが大きければ大きいほど、腰椎や骨盤がズレ、神経を更に圧迫し、しびれる範囲が広くなります。神経の通りが悪い部分は血行も悪くなる為、しびれるだけでなく血行も悪くなり、足の冷えを伴うことが多くなります。

背骨のゆがみ 背中痛い症状をチェック

脇腹の痛み・腰痛・背中の痛み

背骨である胸椎の間から肋骨の間を通り、胸の中央まで、「肋間神経」が流れています。背骨がゆがむことで肋骨のゆがみが生まれ、間にある肋間神経を圧迫した時に、胸や脇腹の痛みを伴う「肋間神経痛」という症状があります。

同じ姿勢を長時間保ち、尚且つその姿勢が悪ければ、背中の痛みが出てきます。それと同じように、背骨のゆがみによって正しい姿勢が崩れることで、悪い姿勢になります。その姿勢がずっと続くので、筋肉の緊張やコリによって、背中の痛みが発生します。

背骨のゆがみ 足のしびれ症状は整体でチェック

腰痛・足のしびれ症状が改善

*背骨の歪みを整形外科で

*背骨のゆがみチェックをしよう

最終更新日:2016/12/22