鵞足炎

鵞足炎

■あなたも膝の痛みを感じていませんか?■

日本人では、膝の痛みを感じる方がたくさんいます。

日本人では、膝の痛みを感じている方がたくさんいまして、患者さんの年代や性別や生活環境など様々な要因によって、どうして膝の痛みを感じるのかの原因は全く違ってきます。
もしも、自分がひざの痛みを感じたら、なんで自分の膝が痛いのか、原因を考えてみたらいいですね。

■膝の「鵞足炎」になったのかもしれません。■

さまざまな膝の痛みや症状や病名がありますが、その中には、「鵞足炎」も考えられます。
「鵞足炎」は、ひざの内側の「鵞足」という部分が痛い膝の不快な症状で、軽症のうちだったら、動いた時や運動をした時に痛みを感じる程度だから、あまり気がつかない方もいますが、症状が進行をして重症になったら、何をしている時にも痛みを感じます。

やがては、「鵞足」の部分が熱くなって熱を持ったり、違和感を感じる症状になります。

さらに、症状がひどくなったら、ただ単に痛かったり熱いだけではなくて、腫れてきたり、膝の形が変形してしまい、こうなったら「鵞足炎」が重症になった証拠ですから、腫れたり熱を持つ前に、自分が「鵞足炎」になったことに気がついて、正しい処置や施術をやっていくことをおすすめします。

■「鵞足炎」になったら、日常生活の些細な動きでも痛みを感じます。■

「鵞足炎」になったら、太もも部分の裏の筋肉の「ハムストリングス」といわれている部分を伸ばしたときに、激しい痛みを感じやすいです。
普通に、歩く時や走った時や階段を上り下りした時にも痛みがでてきますし、そのほかにも、自転車をこいだり、急に止まったり、動いたりという日常生活の中の些細な動きでも、
「膝が痛い!」
「膝がおかしい!」
という症状になってしまうのです。

■膝は、日常の中で酷使されています。■

膝の周辺部分は人間がどんな動きをするときにも使う部分ですから、様々な筋肉や神経が走っています。
その中で、「鵞足」の部分はひざの内側にあって、「ハムストリング」や「内転筋」などの大きな強い筋肉につながる腱や筋肉や神経が集まっている部分で、あなたのどんな動きにも欠かすことができない、「縫工筋(ほうこうきん)」や「薄筋(はくきん)」や「半腱様筋(はんけんようきん)」などがこの鵞足周辺とつながっているのです。

自分の筋肉や骨や腱のことに詳しくなかったら、何気なく活動や運動を行っていますが、膝の部分はあなたの滑らかな動きには欠かすことができない筋肉や腱や神経が集中している非常に重要な部分といえます。

「鵞足」の部分はその形が「がちょう」の足の形に似ていることから、「鵞足」と呼ばれています。

■どんな方が「鵞足炎」になってしまうのでしょうか?■

若い世代に、「鵞足炎」になってしまう方が多くいます。

膝の痛みの症状の1つの「鵞足炎」は、どんな方がなってしまうことが多いのでしょうか?
普通、膝の痛みを感じるのは、50代以降の中高年の方が多いですが、「鵞足炎」になってしまう年齢層は少し違っています。

「鵞足炎」になってしまうのは10代20代の若者が多く、特に「鵞足炎」になってしまう方は、スポーツをして膝を酷使した方がなる傾向です。
ほかの神経痛やリウマチなどの膝の痛みや症状や病気とは違った原因から発症をするので、患者さんの年齢層やなってしまう原因も全く違ってきます。

■幼い時からのスポーツには要注意!■

若い方が幼い年齢の時から、熱心にスポーツをやっていますし、小学生・中学生・高校生のまだ体の筋肉や神経や骨や腱が十分に発育していない段階から、あまりにも体や膝に負担がかかるハードなスポーツをやった時には、身体や膝には考えられない大きな負担がかかってきます。

膝の部分はどんなスポーツのどんな動きをするときにも使いますから、スポーツを早い時期からやったことによって、「鵞足炎」を発症してしまう方が増えています。
早い子になったら、まだ小学生なのに、膝の痛みや腫れや熱感を訴えてきて、「鵞足炎」になっている現状です。
つまりは、今引き起こす方が急増をしている「スポーツ障害」の1つとして、「鵞足炎」は考えられます。

■どんなスポーツをやったら、「鵞足炎」になってしまうのでしょうか?■

どんなスポーツをやったら、スポーツ障害の1つの「鵞足炎」になってしまうことがあるのでしょうか?
どんなスポーツをやっても、膝周辺には圧力がかかりますから、「鵞足炎」を発症する危険性はあるのです。
その中でも、サッカーやラグビーや陸上競技のマラソンやバスケットボールや野球などをやっていたら、膝を走って酷使しますから、膝の痛みを感じて「鵞足炎」になることがよくおこります。

意外なスポーツでは、スイミングも「鵞足炎」になってしまう方がいます。

スイミングも激しく強いキックをしますから、膝には他のサッカーやラグビーや陸上競技やマラソンやバスケットボールや野球などと同じように、強い力がかかっているので、スイミング選手にも、「鵞足炎」になる方はたくさんいます。

■自転車に乗るときにも気をつけて!■

スポーツではないのですが、毎日長い時間自転車に乗っている子供も「鵞足炎」になる危険度が高いです。

毎日の通学などで、長い時間自転車に乗っている子は「鵞足炎」になりやすいので、注意をしなくてはならないです。

■「鵞足炎」になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?■

もしも、あなたが「鵞足炎」になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
あなただけではなくて、あなたのお子様や周辺の生徒さんなども「鵞足炎」になってしまうことがあるのですから、あなただけではなくて周りの子供たちも「鵞足炎」にはならないように、膝の痛みや腫れや違和感や熱感を見ていかなくてはならないでしょう

■「鵞足」周辺を安静にしましょう。■

「鵞足炎」の施術を考えたら、1番初めにやるべきことは、
「安静に、膝の鵞足周辺をする!」
ということです。
できたら、自分がやっている野球やラグビーやサッカーなどのスポーツは一時的に中断をしなくてはならないでしょう。
そのまま、野球やラグビーやサッカーなどのスポーツをあなたがやっていたら、膝の症状はさらに悪化してしまうからです。

膝が痛くなったり熱くなったり腫れたりして「鵞足炎」になったら、野球やラグビーやサッカーなどのスポーツをするのはしばらく症状がよくなるまでは、中断しましょう。
もちろん、お子様の部活動も見学などにしてくださいね。

「鵞足炎」になっても、早い軽症の段階で膝を安静にしていたら、症状も軽くなってきて、痛みや熱感や動きにくさも徐々におさまっていくものです。

■安静にしても「鵞足炎」の症状がよくならなかったら…■

正しい「鵞足炎」の施術をやっていかなくてはいけません。

1,2週間激しい運動をやらないで、患部の膝や「鵞足」周辺を動かさないで安静にしていても、「鵞足炎」の症状がよくならないこともあるのです。
このような場合には、どうしたらいいのでしょうか?
もしも、あなたが安静にして患部を動かさないようにしても、まだ痛かったり症状が治まらない時には、「鵞足炎」が重症になった危険性が考えられます。

そんな時には、そのまま放置していても症状はよくならないかもしれませんから、「鵞足炎」の正しい施術をやっていかなかったらならないでしょう。

■どこで、どんな方法で、「鵞足炎」の施術をやったらいいのでしょうか?■

そこで、知りたい情報は、安静にしても症状がよくならなかった時には、どこでどんな方法で、「鵞足炎」の施術をやったらいいのでしょうか?
病院の整形外科などでも、「鵞足炎」の施術はできますが、病院は行くのに時間がかかってしまいますし混んでいます。

もう少し身近な機関で、「鵞足炎」の施術をやっていきたいですね。

■整体で、「鵞足炎」の施術をうけてみませんか?■

膝が痛くて、
「鵞足炎になってしまったのかな?」
と思った時には、行ったらいいのは整体の施術です。

整体はあなたがお住まいの場所にもあるでしょうから、毎回施術に行くのに時間もかからないし、朝から夕方場合によって、夜間もやっています。
「病院の整形外科に行くのには、時間がかかって困ったな!」
「病院の整形外科には、忙しくて行かれない!」
と悩んだ時にも整体にいったら、「鵞足炎」の効果的な施術をできます。

■整体に行ったら、どんな「鵞足炎」の施術をやってくれるのですか?■

「鵞足炎」の施術で整体に行ったら、マッサージやストレッチやハリ施術や電気療法、温熱療法…などの施術方法で、あなたの膝の「鵞足炎」の症状を軽くしてくれます。

「膝が痛くて、鵞足炎になってしまったけれども、どうしたらいいかな?」
と困った時には、お近くの整体施術をうけてみましょう

そうしたら、身近な整体という施術の機関で、膝のつらい「鵞足炎」の症状を楽にしてくれるでしょう。

■「サクシタ療法院」に行ってみませんか?■

あなたがどこの整体に行ったらいいのかな?と分からない時には、「サクシタ療法院」に行ってみませんか?
「サクシタ療法院」では、明るくて元気いっぱいのスタッフが膝の施術を快適にやってくれます。
明るくて元気な先生やスタッフの元で、「鵞足炎」の膝の施術に通うのには、「サクシタ療法院」に行くことがいい方法の1つです。

「サクシタ療法院」では、患者さんが悩んでいる膝の「鵞足炎」の施術にくることをスタッフ1同で待っています。
自分の膝が痛かったら、何をするときにもどこに行く時にも、日常のどんな生活でも困ってしまうで、くよくよと1人で悩んでいないで、早めに「鵞足炎」の施術に「サクシタ療法院」に行くことをおすすめします。

「サクシタ療法院」の整体施術をうけて、膝が快適に楽になったら、またやっていた楽しいスポーツも再開できますし、もう気にかかる膝の痛みや腫れや熱感や違和感がなくなるので、うれしく安心した日々の生活を送れるようになれるのです。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22