子育て中の腰痛

 

子育て中の腰痛

 

■子育てには、腰痛を引き起こす可能性がたくさん■

妊娠中は、大きくなったお腹を支える為に背中を反らしがちです。これによって背筋に負担がかかり、緊張状態となる為、腰痛が起こりやすくなります。

さらに子育て中の腰痛の原因も考えていくと、さまざまです。一番取りざたされるのが、出産で骨盤がゆがんだままもどらないことですね。通常は、出産で大きく広がった骨盤が半年ぐらいかけて元に戻ろうとします。しかし、元に戻るまでの間に無理な体の使い方など、骨盤が開いた状態で固まり、本来の位置に戻らなくなってしまうことがあります。昔は産後はお嫁さんは三か月くらいは、座敷でねたまま上げ膳据え膳で、すべてお姑さんがやってくれたのでした。それを産後すぐに授乳やオムツ替えなどでかがみ、前傾の姿勢をとることが多いと骨盤が後ろに傾いてしまい、広がったままの状態になりやすくなります。また、抱っこやおんぶなどで腰に一層の負担がかかるなどの育児は、緩んだ骨盤、腰に大きな負担がかかるので、腰痛がとても起こりやすくなってきます。
「母親は体力がないと駄目なのよ」はまさにその通りですが、休む暇もなく働いていれば、体が悲鳴を上げます。骨盤が元に戻っていないので、腰痛が引き起こされるのです。また、緩んだ骨盤をそのままにしておくことは、腰痛だけではなく、産後太りの原因にもなるそうです。

ほかにも、赤ちゃんのお世話や夜泣きでぐっすり寝れないなど、いろいろと不安やストレスが溜まりやすいですよね。

 

■腰痛を予防するには■

①姿勢を良くする
腰痛を予防するには、姿勢を良くすることから始まります。背筋を伸ばして、肩が前に出ないように気を付けましょう。椅子に座る時も、浅く腰掛けるのではなく、深く腰掛け、背もたれに背中から腰までしっかりとくっ付くようにすることで、腰の負担を軽く出来ます。
②荷物を持ち上げる時は、中腰はNG、床に置いてある荷物を持ち上げる時、気付かないうちに中腰になって持ち上げようとしていませんか?その体勢から重い物を持ち上げるのは、腰に負担をかけます。膝を曲げて屈み、荷物を出来るだけ体に引きつけて持つようにすると、負担を減らすことが出来ます。
③運動=腰に悪いではありません

体を動かすことで、腰痛の原因になる腰の負担を更に作ってしまう。だから、運動はしないでじっとしている。そういう考えもあるかもしれません。ですが、「運動=激しい動き」というわけではありません。
腰は、背骨という一本の柱を、腹筋と背筋という支えで固定しているようなものです。腹筋と背筋が弱くなってしまうと、背骨という柱がグラついてしまい、結果的に腰に負担を与えてしまいます。軽く動くだけでも、体には良いのです。毎日近所を散歩するなど、毎日の積み重ねが大事です。

④からだのゆがみを直す

一度固まってしまった骨盤のゆがみは自力で修正するのは難しいです。そんな時は、サクシタ療法院の無痛療法を受けてください。全身のゆがみが修正され、骨盤もその人の本来の形に戻っていきます。さらにこちらで指導する体操を行うことで、再度ゆがまないように維持していきます。これを繰り返すと子育てにともなう腰痛から解放されていきます。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2018/06/29