肋間神経痛

肋間神経痛

■「肋間神経痛」の症状を知っていますか?■

「肋間神経痛」は、激しい痛みがおこってきます!

体の中に痛みがおこったら、毎日の快適な生活ができなくなってきますが、特に、中高年世代で発症する方が多くなっているのは、「肋間神経痛」です。
肋間神経痛は中高年になったら、全体の約5%くらいの方が、何らかの症状に悩むといわれていますので、比較的よくおこる症状です。

では、肋間神経痛になったら、どんな症状がでてくるのでしょうか?
肋間神経痛になったら、体の片側が痛むので、背中周辺に今までは感じたことがない痛みを感じた時には、肋間神経痛にかかったことが考えられます。
肋間神経痛にかかったら、激痛を伴い、「ハリで刺されたような」「ピリピリする」と、感じ方は患者さんによってまちまちですが、「痛くてたまらない!」
という方がほとんどです。

■まだ、「これだ」!という「肋間神経痛」の施術法はありません…■

厄介なことに、肋間神経痛にかかったら、「肋間神経痛の施術法は、これだ!!」
という効果が高い施術法がまだないのが現状です。
患者さんの中には、痛いのに、痛みが軽減できないままの方もいて、ひどい方になったら、何年間も何十年間も肋間神経痛になって、痛いから悩む方もたくさんいます。

現在、行われている「肋間神経痛」の施術法はいくつかありますから、あなたも、「もしかしたら、肋間神経痛かな?」
と思った時には、医者に行くといいでしょう。

整形外科や形成外科にいったら、肋間神経痛の症状にあった施術をやってくれます。

■整形外科や形成外科では「肋間神経痛」のどんな施術が受けられるのでしょうか?■

「肋間神経痛」の施術では、温熱療法が効果的です。

「肋間神経痛」を疑って、整形外科や形成外科に行ったら、どんな施術が受けられるのでしょうか?
主なものは、「温熱療法」で、肋間神経痛の温熱療法は体を温めるのです。
肋間神経痛で痛みがあった時には、体を温めたらその痛みの症状が軽くなっていきますから、整形外科や形成外科に行き、温熱療法をやって、体を温めることが有効な「肋間神経痛」の痛みの軽減方法です。

■「神経ブロック注射療法」もあります。■

形成外科や整形外科で温熱療法をやっても、痛みがよくならなかったり、症状が悪化してしまう方もいますが、そんな患者さんは「神経ブロック注射」を受けることも必要です。
神経ブロック注射を受けたら、あなたのはげしい痛みを軽くする効果があるのですが、神経ブロック注射の中には、麻酔成分やステロイド成分が入っていることもあるので、「あまり、神経ブロック注射をうけたくないな」
と考える患者さんもいます。

自分が肋間神経痛で痛みがあった時に、神経ブロック注射の施術を行う時には、医師と、神経ブロック注射の回数や濃度や頻度なども相談しながら、体のことも考えた、痛みのケアーをやっていきたいものです。

■漢方薬が、「肋間神経痛」の施術で注目をされています!■

肋間神経痛の痛みのケアーで効果が高いと注目されているのは、漢方薬です。
漢方薬は肋間神経痛で痛みがあった時だけではなくて、そのほかの急性・慢性の痛みのケアーには、おおむね効果が高いと昔から使われてきました。
最近になって、漢方薬は副作用も少なく、体にも優しいことから、また効果が高いと見なおされてきたので、肋間神経痛で痛みがあった時にも、施術や痛みのケアーには積極的に使われています。
肋間神経痛で漢方薬の施術を行う時にも、整形外科や形成外科の医者とよく相談しながら、正しい効果的な漢方薬を選んでください。

■どうして、「肋間神経痛」にかかってしまうのですか?■

その方によって、「肋間神経痛」にかかってしまう原因は異なっています。

どうして、「肋間神経痛」にかかってしまうのでしょうか?
自分がかかりたくないから、肋間神経痛になってしまう原因が気がかりです。
医学や医療がすすんで、様々なことが明らかになってきましたが、どうして、肋間神経痛になってしまうのか、まだ100%解明されていません。
患者さん1人1人によって、どうして「肋間神経痛」になってしまうのか、原因が違ってきますから、よけいに確かなことが分からなくなっています。
あなたが肋間神経痛になった時には、自分がどうしてかかったのかの原因究明から始めていきたいのです。

■「肋間神経痛」の1番の原因は、老化現象です。■

肋間神経痛にかかってしまう方の原因で1番多いのは老化現象で、肋間神経痛は若い方でも患者さんはいますが、多くの患者さんは50代以降の中高年です。
年齢がすすんでいったら、すすんだ分だけ、かかってしまう患者さんも増えていきます。

1番の肋間神経痛の原因は加齢現象になりますから、あなたも自分が50代以降になった時には、肋間神経痛になることがよくありますから、身体には注意が必要です。

■「肋間神経痛」と思っていたら、内臓の病気かもしれません!■

さらに、気をつけなくてはならないのは、肋間神経痛だと思っていたのに、実は、内臓が病気になっていて、その痛みが肋間神経痛のように思われていたケースです。
このような、肋間神経痛の見間違い・診察の誤診も増えています。
肋間神経痛で、背中や体の側面が痛くなった時には、実は神経痛ではなくて、内臓の大きな病気にかかるケースがあるのです。
どんな内臓の病気になっても、痛みがでてきたときには、肋間神経痛の痛みのように感じてしまいます。

肺の病気、胃や膵臓、脾臓、肝臓、胆のう…などの消化器官の痛み、また大腸の病気にかかった時にも、痛みがでたら肋間神経痛の痛みに似ています。
女性だったら、子宮や卵巣や卵管などの女性特有の内臓の器官の病気になっても、痛みは肋間神経痛と同じようなものです。
あなたも肋間神経痛のような痛みの症状を感じた時には、ただ肋間神経痛と思いこむのではなくて、内臓や女性臓器の病気にかかった危険性も考えてみましょう。

肋間神経痛のような痛みがでてきたときには、現在かかっている病気がかなり重症になった危険性もあるのです。
すぐに、専門の医者にかかって、正しい病気の施術をしていかなくてはならないのです。
肋間神経痛と内臓の大きな病気を間違えないように、誤診して手遅れにならないようにしたいですね。

■毎日のストレスから、「肋間神経痛」にかかってしまうことも…■

患者さんの中には肋間神経痛になったから、体中の検査をして、どこも異常がないのに、まだまだ痛みがあって、「つらくて、毎日が快適に送れない!」
と悩む方もいますが、このような方で目立っているのは、強いストレスから、肋間神経痛になった方です。

肋間神経痛はどうしてなってしまうのかが、100%は分かっていないですが、その中には、ストレスから、肋間神経痛を発症してしまう方がいます。
それも、ストレスから肋間神経痛になる方はかなりの勢いで増えています。
特徴的なのは、他の肋間神経痛の原因は50代以降の中高年の方が多いのに、ストレスから肋間神経痛になってしまうのは、様々な幅広い世代にわたっていることです。

早い方になったら、まだ若い10代から、肋間神経痛になってしまうのです。
お子様でも肋間神経痛になって、激しい痛みを感じてしまうこともあり、ストレスから肋間神経痛になったら、どんな施術方法をやっても、効果が大きくないことが考えられます。
長年にわたって、たまったストレスから、肋間神経痛に悩まされることになってしまうのです。

■あなたも「肋間神経痛」のケアをやっていきましょう!■

このように、これだけ医学や医療が進歩した現代でも、肋間神経痛は分からない部分も多く、「これだ!」
という、確かな施術法も少ないのが現状です。

あなたも少しでも体や背中の痛みや違和感があった時には、早く医者にかかり、肋間神経痛が悪化しないように、正しい施術を始めていくことをおすすめします。
肋間神経痛のはげしい痛みを放置していても、つらいばかりで、よくはならないのです。

「肋間神経痛」について正しい知識を持って、身体が楽になるようにケアーや適切ないい施術を見つけて、始めていきましょう!

それでも症状が楽にならなければ整体を受けるという選択肢があります。

東洋的に考えて身体全体の歪みを整えたら楽になる場合もあるのでぜひ一度整体術ををお勧めします。

※掲載している内容は個人差がありますので効果を保証するものではありません。

最終更新日:2016/12/22